日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 宙に浮く亀田三兄弟の行方──「史郎のコピー」三男・和毅が新たな火種に!?

宙に浮く亀田三兄弟の行方──「史郎のコピー」三男・和毅が新たな火種に!?

tomokihp.jpg亀田和毅オフィシャルサイトより

 暴言騒動を起こした亀田史郎氏らがボクシング界から永久追放されることが、ほぼ確実視されるなか、三兄弟の行く末について関係者の間に懸念の声が出ている。というのも、今回の騒動で「現場で騒ぎを煽っていた」といわれる三男の和毅(ともき)が、なぜか処分の対象とならなかったからだ。

 亀田ジムに除名などの厳しい処分が出た場合、三兄弟が日本のリングで活動を続けるためには「移籍するしかない」のだが、三男の性格だけは「オヤジをそのまま小さくした感じで、どうしようもない」と評判で、たとえ、どこかのジムが引き受けても「必ずまた問題を起こすだろう」と、早くも恐れられているのだ。

 3月27日に長男の興毅がポンサクレックに王座を奪われた直後に起こった史郎氏の暴言騒動。判定に不服を唱えた史郎氏は、控え室でJBC(日本ボクシングコミッション)の安河内剛事務局長らを「クビとったるぞ、コラ!」などと恫喝した。

 その現場にいた関係者が、こう証言する。

「そのとき、一緒にいた亀田ジムの五十嵐会長は、史郎氏を止めるどころか、自分も抗議に加担したとして、今回、厳しい処分を受けることになった。あのとき、三男の和毅も父親を煽るように騒いでいた」

 和毅もライセンスを受けたプロボクサーである。本来ならば、何らかの処分を受けてもおかしくないはずだ。

 ところが、東日本ボクシング協会やWBCに提出されたJBC作成の報告書には、「和毅に関する記述はなかった。なので、6日の協会の緊急理事会で三男について話は出なかった」(協会幹部)という。

 7日のJBCの倫理委員会でも、和毅が騒動に加担していたことは議題にならなかった。

 前出の協会幹部は、「まぁ、父親とジム会長のライセンスを取り消したり、ジムを除名するというレベルの話になっていたので、あえて未成年でもある三男の暴走をとがめるまでもないということなのだろう」と状況を分析する。

 とはいえ、和毅については、あまり表に出ていないが、これまでも様々な問題を起している。

 たとえば、2月7日に次男の大毅が前王者のデンカオセーン(タイ)に判定勝ちしてWBAフライ級王座を獲得したが、その前日の公開計量後、三男の和毅が、デンカオセーンに詰め寄ってメンチを切り、スペイン語で暴言を浴びせたことで、現場はあわや大乱闘という状況になっていた。

 タイ陣営の関係者は、「日本語ではない言葉で、何をいったのか正確には分からない。だが、ひどい挑発や罵倒をしたのは分かった。なので王者が怒って前に出ようとしたので、周囲があわてて両者の間に入って止めた」というのだ。

 今回の暴言騒動をめぐっても、JBCは「兄弟に責任はない」として、移籍をすれば日本で活動できる余地を残した。

 実際、長男の興毅と次男の大毅は、かつては暴言を売り物としていたが、最近はそれもなく、成長した様子が伺える。

 27日の試合に負けた興毅は、リング上で四方のファンに頭を下げる潔さを見せていたほか、試合後の騒ぎの際も無言を通していた。さらに最近は、自分の無知を認識してか、「高校に行って勉強したい」と語るなど、社会の常識を学ぼうという姿勢が見えている。

 また2月7日に勝った大毅も、自分が三兄弟のなかで、もっともボクシングの才能がないと言われていたことを認識したうえで、「こんな自分がチャンピオンになれると思っていなかった」と語るなど、殊勝な態度を見せていた。

 協会関係者は「あの2人は、かつてのひどいバッシングを受けたこともあり、いまだにオヤジの指示には逆らえないが、少しは成長しているのだと思う」とみている。

 ところが、三男の和毅は、ボクサーとしての潜在的な才能こそ「三兄弟のなかで一番」(協会幹部)という評価が定着しているものの、中学さえもきちっと卒業しないまま、メキシコに武者修行に出されしまい、反則騒動も当事者の意識がない。

 三男と接触した関係者の多くは、その言動を問題視して、「自分を抑えきれないところなど、その性格は一番オヤジに似ている。あいさつや礼もできず、自分の周囲にいる大人をアゴで使ったりもする」などと証言。「オヤジをモンスターペアレントという人もいるが、そうなると、和毅はモンスターチャイルドだ。このままでは、たとえ誰が引き取っても、そのうち必ずオヤジと同じような問題を起こすだろう」とみているのだ。

 ちなみに、史郎氏や亀田ジムに対する最終的な処分は、12日の協会の理事会か、13日に行われる予定のJBCの再度の倫理委員会で決まる。だが、厳しい処分を受けた史郎氏が、簡単に三兄弟を自分の手元から手放し、兄弟自身も父親から簡単に離れられるかどうかはまったく分からない。

 とはいえ、もしも三男が、今のままで日本のリングでの活動を続けることになった場合は、父親に代わって新たな暴走劇を引き起こす可能性は極めて高い。ボクシング界は、今後も大きな火種を抱えたままの状態が続きそうだ。
(文=原田翔)

黄金のバンタム級王者列伝 DVD-BOX

和毅選手と同じ階級の、怪物たちの系譜。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「徹底的な取り潰し」JBCの”追放”処分に亀田史郎が法的手段に出る!?
「亀田ジムを除名しろ!」の声殺到で問われる東日本ボクシング協会の管理能力
「ファンは1,000人もいない!?」明らかになった亀田三兄弟の深刻な不人気ぶり

最終更新:2010/04/11 08:00
こんな記事も読まれています

宙に浮く亀田三兄弟の行方──「史郎のコピー」三男・和毅が新たな火種に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真