日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『けいおん!!』修学旅行のエピソードでファンの脳内舞台設定が大混乱
京アニ制作で京都ロケなのに京都住みじゃない!

『けいおん!!』修学旅行のエピソードでファンの脳内舞台設定が大混乱

keion_02.jpgTBS『けいおん!!』HPより

 絶好の好天に恵まれた今年のGWだが、録りためた今期の新番組を光の速さで消化したアニメファンも多いのではないだろうか。もしまだ未見なら『けいおん!!』(TBS)の第4話を視聴することをオススメする。別に「!」がひとつ増えた2期のクオリティが1期を凌駕しているからだとか、そういう当たり前の話ではない。ある理由でこの回が妙な注目の仕方をされているからだ。

 第4話の筋書きは「修学旅行!」のサブタイトル通り、唯たち三年生が2泊3日の修学旅行で京都へ向かうというもの。新幹線の窓からは富士山が見える。この成り行きにネットの実況民から多くの「?」が上がった。

「あれ? 京都住みなのに京都に修学旅行に行くの?」

 第1期『けいおん!』では、第1話の放映直後から「OPで4人が飛び跳ねているのは賀茂川、出町柳の飛び石」などと、ロケ先が京都であることを視聴者が次々に特定。その後も唯がギブソン・レスポールスタンダード2008を購入した楽器店のモデルがJEUGIA三条本店であることが明らかになるなど、ファンの間では『けいおん!』の舞台=京都という刷り込みがなされ、校舎のモデルとなった滋賀県の豊郷町立豊郷小学校とともに、聖地巡礼の対象となっていた。

 唯たちは京都府民ではなかったのだろうか?

「原作のマンガには背景が描かれていませんし、公式に京都が舞台であるとアナウンスされたこともない。修学旅行のエピソードも、アニメ1期放映開始後のエピソードである三年生になって原作にようやく出てきたくらい。それにしても、舞台が京都ではないということがわかっただけで、相変わらず彼女らがどこに住んでいるかは謎のままです」(アニメライター)

 言われてみれば……。しかし京都駅へ着くなり、「関西弁しか喋っちゃいけないゲームやで」と関西弁縛りを始める律を観て衝撃を受けたファンは少なくないのではないだろうか。兵庫県出身の寿美菜子が演じる紬が流暢な京都弁を披露する場面がかえって違和感、という演出。そういえば彼女らは常に標準語だったではないか。萌え萌えキュン、なんてアキバだし……。京都タワーや金閣寺を観てはしゃぐのは関東在住者の特徴。唯たちは首都圏の学生だったのか……。

 いったいどこが真の住処なのか。

「まあ、劇中でも”地元”としか言っていませんしね。モデルとなった土地が特定されることはあっても、設定上の地名が明らかにされることはないでしょう」(前述のライター)

 しかし”特定”と聖地巡礼が当然のアニメ鑑賞作法となった現状に、今回のささやかな騒動は一石を投じることにはならず、むしろ特定のスピードと精度は上がるばかり。第4話ではGoogleマップで住宅地を特定する者まで出現した。設定上の地名がどこだろうが、ファンのマニアックな捜索は永久に続きそうだ。
(文=高園寺三楼)

トイズワークスコレクション よんてんご けいおん!

俺の嫁たち。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
止まらない『けいおん!!』フィーバー 第2期放送で”聖地巡礼”もスタート
1週間で1年分売れる!? アニメ『けいおん!』経済効果を徹底検証
AmazonのTOP10に7曲ランクイン アニメ『けいおん!』の異常人気

最終更新:2010/05/06 08:00
こんな記事も読まれています

『けいおん!!』修学旅行のエピソードでファンの脳内舞台設定が大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真