日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 高城剛を小林弘人が直撃!! 必聴! ハイパーすぎる「FREE」論

高城剛を小林弘人が直撃!! 必聴! ハイパーすぎる「FREE」論

1007_kobahen_2shot.jpg※この対談は、5月末、くだんの騒動で当面日本には帰国
予定がないという南フランス滞在中の高城氏と、Vidyo
http://vidyo.co.jp/)のビデオ通信システムを介して行われ
ました。

 黎明期から携わってきたインターネットをはじめ、あらゆるメディアにハイパーな視点を注いできた高城剛。最近は、ネット周辺でその名を聞くことが少なくなったが、それは彼が常に黒子に徹し、10年先のメディア世界を見ているせいなのか? そんな高城氏を、同氏とは旧知の仲で、「サイゾー」創刊編集長であり、『FREE』(NHK出版)の監修者でもある「こばへん」こと小林弘人が直撃。南フランスの地から、ネットを介して、高城流「フリー」論が展開された。

小林(以下、) 日本ではiPadが発売されて、メディアが大騒ぎしてるんだけど、高城さんはiPadいくつ持ってるの?

高城(以下、) 3台(笑)。ちょうど今、iPad用のトラベルガイドのアプリケーションをつくってて、この雑誌が出る頃にはリリースできていると思うよ。写真と音楽とテキストを融合させた、結構新しい感覚のアプリ。まずは、(高城氏の拠点のひとつがある豪州の)バイロンベイっていうところのね。

 で、どう? 80年代に誰も使っていなかったNeXT【編註:当時、アップルを離れていたスティーブ・ジョブズが手がけたワークステーション。その革新的なOSは、のちにMac OSXに踏襲された】をたくさん揃えて仕事していたり、常に最先端デバイスの消費者でもある高城さんから見たiPad像は? 

 iPadは大きさがいい。新しいデバイスは、デザインとかあまり重要じゃなくて、実は大きさが大事。iPhoneだって、みんなが知ってる携帯と大きさが違うじゃん。ひとりで使うならiPhone。iPadは、2〜3人でそれを囲んで、コンテンツを見たり聴いたりするほうが楽しい。



 なるほど。日本だと今、iPadを”電子書籍端末”というとらえ方をしてる人が多いんだよね。iPad vs Kindleとかいわれたり。両方使っている自分が思うに、まったく違うものなんだけど……。それに電子書籍端末自体はそのうち、MP3プレイヤー並みにコモディティ(潤沢品)になるので、メディアが騒ぐのは今だけだよ。でも、日本の出版社は浮き足立っているけど、どう思う?

 書籍代わりには重すぎるから、二回り小さいiPadminiが出ると思う。それに、そもそもiPadやKindleで出版社がビジネスをしていこうなんていうのは間違ってるね。それは、こばへんが監修した『FREE』もそうなんだけど、タダってことのとらえ方が根本的に間違ってて。

 確かに『FREE』は誤読されてる部分はあると思うし、あの本自体は、実はフリーよりも、もっと重要な意味が隠されている。でも、著者もそこを徹底的には言及していない。問題はフリー戦略じゃなくて、何がフリーになって、何がフリーにならないのかということ。そちらのほうが重要。高城さんはどうとらえた?

 ネットによって、本などのコンテンツが無料になるんじゃなくて、”本を売る”っていう行為がかっこ悪くなるってことだよ。例えば、ミュージシャンがライブっていう稀少性があるリアルな行為でお金を取るのはまだいいけど、いくらでも複製できるCDを売るのって、すでにかっこ悪いじゃん。だから、作家も、これからは文章書いて、それを売るっていうのはかっこ悪い。そうなったら、ユーザーの共感を得られないから、どうせ売れない。

 書くことでお金を取れないとなると、朗読会かなんかでお金を取るの?

 いや違う。僕が97年に出した『デジタル日本人』(講談社)って本があるじゃない。そこでも書いてるんだよ、「クリエイションが職業である時代は終わる」と。一番かっこ悪いのは、広告をつくったり、デザインしたりすることだよね。お金をかけずに付加価値を倍増させるような、僕がもっとも得意なところ(笑)。余計なモノ売るのが恥ずかしい時代に、それを手伝うのはもっと恥ずかしい。今後はあらゆるクリエイションについて、それがいえるわけ。Flickrとかには、素晴らしい写真いっぱいあるし。

 要はクリエイションや表現をするためのツールや機会はすべての人に行きわたったし、誰にでもそれらを生み出す感性はあるわけだから、もはやこれまでもてはやされていた割には謎だったクリエイティビティとやらは、コモディティになるってことね。

 うん。15歳ぐらいの時に、ドラマーのスタジオミュージシャンの先輩がリズムマシンを見て、「これからはミュージシャンを目指すな。絶対に食えなくなる」と言ってたのを思い出すよ。きっともうデザイン事務所とか、映像制作会社とか、10年前には花形だった会社は大変だと思うな。僕がリリースしようとしているトラベルガイドも、もちろんタダだよ。

 換金化は別に考えるってこと?

 だから、そこが間違っている。自分ちでつくって余ったものを、隣近所にお裾分けするじゃない? 今後は、そのお裾分け先が100万人いるっていう楽しい時代なんだよ。

最終更新:2010/06/17 17:27
こんな記事も読まれています

高城剛を小林弘人が直撃!! 必聴! ハイパーすぎる「FREE」論のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真