日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > マンガ編集者の〇〇な関係とは? これからマンガ雑誌は生き残れるのか!?
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

マンガ編集者の〇〇な関係とは? これからマンガ雑誌は生き残れるのか!?

mangaonweb.jpg

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

 近年、マンガ家による、出版社の待遇や編集者への不満に対する暴露が続いています。2009年2月末、『海猿』(小学館)や『ブラックジャックによろしく』(講談社)などで知られるマンガ家・佐藤秀峰が、自身の公式サイトにその半生を紹介する Webマンガを掲載。そこには、デビューに至る経緯やアシスタント時代の想い出に加え、編集部との軋轢や、少なすぎる原稿料への不満も描かれていたのです。人気作家にもかかわらず、週刊連載の原稿料では、アシスタントの人件費すら払えないことに読者は衝撃を受けたのではないでしょうか。


 ほかにも2008年6月には『金色のガッシュ!!』(小学館)の作者・雷句誠が担当編集者に原稿を無くされたことをブログを通じて読者に報告。1年後の2009年6月にも『羣青』(講談社)の作者・中村珍も、原稿料、原稿の扱い方、担当編集者などに対してを不満などをブログでさらけ出しました。原稿料以外にもさまざまな問題点が公の目にさらされ、ジャンルは違うとはいえ、同じ編集者として、耳が痛むと同時に身が引き締まるお話しでした……。

 しかし、マンガ家たちの意見だけではなく、マンガ雑誌やコミックスを出版している出版社側の意見、そしてそこで働いている編集者はどのように考えているのかも知っていただけないでしょうか? 今回のレベルアップ案内では、今まであまり明かされなかったマンガ業界の裏側に迫る”プレミアム”な記事をご紹介します。マンガ編集者だって、ケータイコミックに押されたり、昔の栄光をプレッシャーに感じたりしていて、大変なんです! 今まで、読んでいたマンガがいかに多くの苦労のもとに生まれたのかを知れば、さらに深くマンガを読みといていただけるかも?

【日刊Pick Up記事】
「マンガを正当なビジネスにしたい」マンガ家・ 佐藤秀峰 爆弾発言の裏にある思い(前編) (後編)

2010年6月21日付

マンガ業界のタブーをあけすけに暴く! プレミアムな記事紹介はこちら↓
【プレミアムな関連記事】

[レベル1:アシスタントの仕事とは?]
アシスタント業だけで食っていける? マンガ制作の舞台裏
2008年12月8日付 (日刊サイゾー)

実際どれくらいもらっているの?

[レベル2:マンガが売れない現実を知る]
10年連続でマイナス成長!! お先真っ暗!? なマンガ産業研究
2007年9月18日付 (日刊サイゾー)

マンガにだって格差が広がっている。

[レベル3:他のマンガ家に聞いてみる]
『青春くん』とがしやすたか ヤンサンと編集者問題を語る(後編)
2008年11月6日 (日刊サイゾー)

雷句誠が子供のなのか、とがしやすたかが大人なのか?

[レベル4:オレたちも言いたい]
現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」(前編)
2007年10月6日 (日刊サイゾー)

ドラマ化やアニメ化したって売れると思うな!

[レベル5:マンガ家が憧れた雑誌]
根本敬が語る伝説の漫画雑誌「ガロ」と蛭子能収のアブない裏話
2010年4月21日 (日刊サイゾー)

「描かせてください」という声が途切れなかったという。

[レベル6:栄光の時代を生きた人]
「ジャンプ」の裏側を描いたノンフィクション「少年リーダム」
2009年5月号 (プレミアサイゾー)

少年ジャンプ(集英社)の黄金期をつくった男。

[レベル7:関係は改善されるのか]
原稿料暴露、編集者との確執……今、マンガ界は崩壊寸前!?【1】
2009年9月号 (プレミアサイゾー)

「売れっ子マンガ家=儲かる」のイメージが崩れた一件。

[レベル8:栄光の時代を取り戻せ]
あの大御所がマンガ家に緊急提言「自分のためになど描くな!!」
2010年2月号 (プレミアサイゾー)

意見をぶつけ合える関係を築けるかが重要。

[レベル9:新しい波はすぐそこに]
アメコミ市場を席巻するグラフィックノベルと変容するアメリカのマンガ環境
2010年5月号 (プレミアサイゾー)

殿様商売を続けていると足元を救われちゃう?
[レベル10:マンガ雑誌に取って代わる?]
市場規模500億円までに急成長中! ケータイコミックがマンガを救う?
2010年5月号 (プレミアサイゾー)

小さいからページの流れとか無視しまくりだよね。

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

編集王 (1)

編集王にオレはなる!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2010/06/28 17:21
こんな記事も読まれています

マンガ編集者の〇〇な関係とは? これからマンガ雑誌は生き残れるのか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真