日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 食材・量・奔放な人々すべてが旅人の度肝を抜く『沖縄ディープインパクト食堂』

食材・量・奔放な人々すべてが旅人の度肝を抜く『沖縄ディープインパクト食堂』

deepokinawa.jpg『沖縄ディープインパクト食堂』
(著:カベルナリア吉田/ブックマン社)

 琉球王国として、古くから独自の文化が栄えてきた沖縄。

 ラフテー、ミミガー、スーチカー、ドゥルワカシー……など料理名からも分かるように、その食文化は本土とはまったく違う。とりわけ、昔ながらの地元の人向けの食堂には、ヤギの刺身、豚の顔のスモーク、ウミヘビの汁などが、看板メニューというわけでもなく、平然と登場し、どひゃーん、と旅人の度肝を抜いてくれる。

 そして、そういったお店の大きな特徴として、初めて訪れてもお店の人がものすごくフレンドリー。沖縄には「イチョリバチョーデー」=「会えば兄弟」という言葉があるぐらいで、人と人の距離が近い。

 『沖縄ディープインパクト食堂』は、そんな沖縄の食堂32軒を紹介したガイドブック。名護十字路のど真ん中の居酒屋では、店に入った途端、アニキと呼びたくなるギョロリとした目つきのマスターに「おう! どこから来たんだよ!」と声をかけられ、幼児から大人までが集まる沖縄特有のパーラーでは、カエルのから揚げを注文すると、美人おかみが「はい、わかガエル、生きカエル、よみガエル!」のかけ声とともに、飛ぶ寸前ような姿のガニ股カエルの脚を運んできてくれる。

 都会から沖縄に訪れると、最初はその近さに戸惑うかもしれないが、慣れてしまえば、それが楽しさに変わる。  

 著者は旅行作家のカベルナリア吉田氏で、沖縄を初めて訪れて早17年のベテラン。現地のコーヒーショップでコーヒー片手に11時間を過ごしてしまうほど、「イチョリバチョーデー」を満喫し、取材をしている。 

 紹介されているお店は、吉田氏が自分の足でコツコツと歩き周り、探し当てたお店のみ。掲載をお願いしたとき、ほとんどのお店の人から「え、ウチなんかでいいの?」と聞かれたというほど、当本人たちは何の特徴もない普通のお店だと思っている。
 
 けれど、どう考えても”普通”の枠を飛び出してしまった、草原に忽然と現れるシンデレラ城のような喫茶店や、床も天井も突き破る巨木が生えるジャングルうなぎ屋料理店など、明らかに見た目のインパクトがすさまじい店もあり、沖縄の人々の普通は、何かが違う。

 何かが違うと言えば、料理の量の多さと安さも半端ではない。バイキングなのに500円、富士山のようにうず高く盛りつけられたオムライスが小鉢付きで500円、沖縄ではちょっとお高めの食堂では、カボチャと玉ねぎでマリネした魚の南蛮漬け、海ぶどうとマガキ貝白身魚のお造り、ニンジンシリシリーとハンダマ、カボチャのそぼろがけ、これが前菜で、オジサン(魚の名前)のマース煮、青パパイヤのグラタン、大根とコンニャクの田楽、味噌汁、金時豆入りご飯、デザートの羊羹、アロエベラのワラビ餅風、コーヒー付きで1000円。前菜だけで腹がパンパンになりそうなフルコースが味わえたりする。

 さらに、読んでいて個人的に気になったのは、誌面に中でさりげなく主張する、沖縄の看板や張り紙写真たち。とくに目が離せなくなったのが、食事だけでも利用できる民宿のトイレに張られていたという謎の「トイレ法」。

「昨日いただいたご馳走は昨夜私があれほどぐっすり眠っていた間にも一刻も休まず消化され今血となり肉となり骨となり栄養となり今日1日どれだけ働いても全然疲れを知らないエネルギーとなった そして常に完全な健康体として今その不審物だけをスムーズに排泄させていただいたのである……(まだまだ続く)」(トイレ法より)

 この謎のトイレ法自体はともかく、メインの話以外にも、ひそかに笑え箇所が散りばめられているので、それを探しながら読み込むのも良いかも。

 本書では、楽しいエピソードを伝えるだけでなく、沖縄のステーキ事情ではアメリカとの歴史的背景を考えたり、ヤギを食べるのは人がたくさん集まる席が多いなど、沖縄の食文化についてもしっかり書かれているので、沖縄という県をいろんな角度から知ることができるはず。あ~、沖縄に行きたい!!
(文=上浦未来)

●カベルナリア吉田(かべるなりあ・よしだ)
1965年北海道生まれ。早稲田大学卒業後、読売新聞社、情報雑誌『オズマガジン』増刊編集長などを経て、2002年よりフリー。沖縄と島めぐりを中心に、全国を徒歩、自転車、ローカル線、船など「急がない手段」で歩き、雑誌や単行本に紀行文を発表している。近著は『沖縄の島へ全部行ってみたサー』(朝日文庫)、『ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行』(彩流社)、『1泊2日の小島旅』(阪急コミュニケーションズ)ほか多数。島旅雑誌『島へ。』でエッセイ連載中。趣味はバイオリン、レスリングなど。

沖縄ディープインパクト食堂

ディープ!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
ミックスナッツ、ジャムトースト……ヤバすぎる!? 冗談のような『変な給食』
食虫本、食虫イベント、食虫アイドル……今”食虫”がブームって本当!?
まさに鬼畜!? 同類を売る看板ゆるキャラの悲哀『共食いキャラの本』

最終更新:2010/08/09 11:42

食材・量・奔放な人々すべてが旅人の度肝を抜く『沖縄ディープインパクト食堂』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真