日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > “栃木女児殺害事件”発生から5年 7歳少女の顔を執拗に殴打し、胸を12度も刺した犯人の残忍性
日本"未解決事件"犯罪ファイル

“栃木女児殺害事件”発生から5年 7歳少女の顔を執拗に殴打し、胸を12度も刺した犯人の残忍性

yoshidayuki01.jpg

何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない”未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。 

【第14回】
栃木・茨城にまたがる女子児童殺人・死体遺棄事件
(2005年12月)


 2005年12月1日午後3時頃、栃木県今市市(いまいちし/現在の日光市)の小学校から下校途中の1年生・吉田有希ちゃん(当時7歳)が行方不明となり、家族が近所の駐在所に捜索願を提出。すぐに通学エリアを中心に捜索が開始されたものの、発見には至らなかったため、翌日には栃木県警が公開広域捜査を開始。同日午後2時頃、茨城県常陸大宮市の山林で野鳥ウォッチングをしていた老人3人が身元不明の少女の全裸遺体を発見。致命傷となった鋭利な刃物による多数の刺し傷のほか、顔には何度も激しく殴打された痕が残っていたため判別が困難だったが、有希ちゃんの家族が確認した結果、本人であることを断定。栃木県警・茨城県警は合同捜査本部を設置し、行方不明現場、そして遺体発見現場付近での目撃情報を関係者や周辺住民に呼びかけるため、ポスターやチラシ約1万枚を配布。翌06年8月1日からは上限200万円(その後300万円に増額)の公的懸賞金がかけられたものの、現在も被疑者・犯人の検挙には至っていない。

 この事件がもたらした影響は、意外なところにまで及んだ。まずは、有希ちゃんの通っていた市立大沢小学校で緊急保護者会が開かれ、児童の車での送迎が義務化。さらに同市の教育委員会は公立の小・中学校に通う児童・生徒の携帯電話の持ち込みを解禁。これを機に、全国でも同様の形態をとる自治体が急速に増えていった。ある一定の年齢以上の日本人ならば誰でも知っている事件、1988~89年の宮崎勤(08年6月17日死刑執行)による「連続幼女誘拐殺害事件」の記憶が未だ鮮明に残っているため、同種の事件への国民のアレルギー反応は強い。しかし、それでも惨劇は繰り返されているのが現状だ。

 鑑識の結果、有希ちゃんの遺体の胸部・腹部から男性の”唾液”が検出された。まさに、異常者による犯行であることを裏付けるには決定的な証拠だと言える。そして、DNA鑑定を行った捜査本部は、前代未聞の行動に出た。「週刊新潮」(新潮社)06年11月9日号の記事によると、東京・秋葉原の電気街でアキバ系ファッションに扮装した捜査員が潜入捜査を行い、”フィギュア愛好家”のリストを入手しようと試みたというのだ。これには、大勢の同愛好家をはじめ、いわゆるオタク系の趣味を持つ輩から批判が殺到。捜査の結果、被疑者の特定はおろか、事件と繋がる情報も一切得られなかったという。しかも、09年には前述の”唾液”が捜査員(元県警幹部)のものであったことが判明したため、当初「冷酷で残忍な男」と書かれていた情報提供のポスター・チラシから同記述が消されるという信じがたい捜査ミスを平然と露呈した。

 有希ちゃんが連れ去られたと思われる現場には、事件発生以前から”全裸”や”局部むき出し”の変態男がたびたび目撃されている。また、事件の約2週間前に市内のスーパー「さがみや」大沢店の駐車場で、有希ちゃんらしい女の子に声をかけたクリーニング店の女性によれば、その少女は「目のきれいなお兄ちゃんと待ち合わせをしている」と話したという。遠く離れた東京に出向いて蟻の巣をつつくような無駄な捜査などに力を入れず、地元の変質者を洗い出す方が遥かに有効な捜査に思えるのだが……。

 痛ましい事件から、早くも5年が経とうとしている。当時の同級生らの記憶は、年を重ねるごとに劣化しているだろう。それは、証言能力の信頼性についても同じである。犯人は、衝動的に有希ちゃんを連れ去り、命を奪ったのだろうか? あるいは、品定めをするかのように、同じ年頃の子どもたちに近付いたりしていたのではないか。だとしたら、犯人を目撃したのは1人や2人ではないかもしれない。そして、”目のきれいなお兄ちゃん”とは一体誰なのか!? 通常、見知らぬ人間の印象を表すとしたら、髪型や体型を真っ先に挙げるものだ。それ以上に”目”に強いインパクトを感じたのは、何か特徴的な印象を受けたからだろうか。例えば、際立った二重まぶた、アイライン、カラーコンタクト……考えれば考えるほど、謎は深まる。

 わずか7歳の女の子の顔を執拗に殴打し、胸を12度も刺した犯人の残忍性は、普段の生活において到底隠し切れるものではない。一刻も早く検挙されることを願いつつ、2人目の犠牲者が出ないことを祈ろう。
(取材・文/神尾啓子)

yoshidayuki02.jpg
<被害者の情報>
名前:吉田有希ちゃん(当時7歳)
学校:今市私立大沢小学校(当時1年生)
身長:120cm
特徴:痩せ型、おかっぱ頭、
服装:通学ベレー帽(黄色)、メガネ(薄いピンク色の縁)、フード付きパーカー(グレー/背中に女の子の絵)、トレーナー(白色)、ジーパン(紺色)、運動靴(ピンク色/『とっとこハム太郎』の絵)
所持品:ランドセル(赤色/黄色のカバー付き)、防犯ブザー(青色)、キーホルダー3点(ミッキーマウス、熊、猫)

<情報>
私的懸賞金:300万円(2011年7月1日まで)※延長の可能性あり

<連絡先>
栃木県今市警察署
TEL.0288-23-0110
TEL.0120-701-578(フリーダイヤル)

茨城県大宮警察署
TEL.0295-52-0110
TEL.0120-200-457(フリーダイヤル)

幼児殺人の快楽心理―FBI心理分析官ファイル

理解できません。

amazon_associate_logo.jpg

バックナンバー
【第13回】 15歳ハーフ美少女が夏祭りの夜に失踪 3日後、見知らぬ町で変わり果てた姿に……
【第12回】 “白昼の惨殺劇”母親が刺殺される一部始終をトイレの中で聞いていた娘……
【第11回】 全裸発見の茨城大女子学生絞殺遺体 遺留品から検出の”男性2人分のDNA”の謎
【第10回】 愛知・蟹江町の”眼球破裂”通り魔事件 昨年5月「母子3人殺傷事件」と同一犯か!?
【第9回】「逮捕で迷宮入り!? ”時効延長”直前に起きた「愛知母子4人殺害・放火事件」
【第8回】「上智大生殺人放火事件」時効まで残りわずか! 昨年10月の「千葉大生殺害放火事件」との関連は!?
【第7回】全国有数の”失踪事件”多発地域で女性記者が姿を消してから11年
【第6回】見知らぬ男が家に侵入して17歳長女を刺殺  顔を見られた犯人は妹と祖母を追い回し……
【第5回】被害者とその親友──2人の”佐藤梢”と消えた男のリアル・ミステリー
【第4回】 ストーカー行為を働いた挙げ句にターゲット女性の家族を惨殺して逃亡
【第3回】 事態急転!「リンゼイさん殺害事件」市橋達也整形術前後の写真入手で逮捕秒読み!?
【第2回】大量の遺留品が招いた初動捜査の混乱 果たしてDNAに人格は認められるか?
【第1回】「おい、小池!」で日本中に知られた男は本当に名前を呼ばれる日を待ち続けている

最終更新:2010/09/03 11:00
こんな記事も読まれています

“栃木女児殺害事件”発生から5年 7歳少女の顔を執拗に殴打し、胸を12度も刺した犯人の残忍性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真