日刊サイゾー トップ > 芸能  > “暴走アーティスト”玉置浩二 暴言騒動で『紅白』への出場消滅 関係者大激怒!

“暴走アーティスト”玉置浩二 暴言騒動で『紅白』への出場消滅 関係者大激怒!

tamakihiroshi.jpg『今日というこの日を生きていこう』
(ソニーミュージックレコーズ)

 青田典子とのスピード結婚に始まり、コンサートの途中放棄、ファンへの暴言など、すっかり”暴走アーティスト”になり下がってしまった玉置浩二のNHK『紅白歌合戦』出場が夢に消えた。

 玉置率いる「安全地帯」は、1985年に「悲しみにさよなら」で『紅白』初出場。その後レコード会社を移籍するなど紆余曲折を経たのち、今年に入りグループとして活動を再開させた。

「言うまでもなく、再結成の理由の1つに暮れの”紅白歌合戦の出場”がありました」とは音楽関係者だ。

 ところが、復活した玉置の姿は25年前とは別人だった。コンサートツアーで訪れた福岡では無気力状態でステージに現れ、それに怒った観客と口論になり「たかが7,800円くらいで怒るな!」と暴言を吐いた。結果、アーティストとしては不名誉な「チケットの払い戻し」という最悪の事態を招いてしまった。

「これには福岡のイベンターも大激怒。芸能界の大物が仲介に入りことなきを得ましたが、玉置さんは公演後、相当絞られたそうです」とはレコード会社関係者。

 失ったのはファンの信頼だけではない。

「大みそかの『紅白歌合戦』出場も消えましたね。実はNHKは『SONGS』や『スタジオパークからこんにちは』に安全地帯をゲスト出演させるなどして、『紅白』出場の地固めをしていた。しかし、度重なる奇行で上層部が”紅白出演NG”を通達したそうです。生放送で暴走されたらたまったもんじゃありませんからね」(テレビ関係者)

 こうした事態に、今まで玉置をフォローしていた芸能界の大物達もシラケムードだ。芸能プロ関係者は「玉置に好き放題やらせていたのは、まだ安全地帯が金になると踏んでいたから。当然、紅白出場を見越してそろばんを弾いていた部分もある。それが自業自得とは言え、なくなってしまったのですから、今後業界の大物に見切りをつけられてしまうかもしれません」と推測する。

 アーティストとしてあるまじき行為を取ったツケは予想以上に大きいようだ。

今日というこの日を生きていこう

まずは、躁鬱病の治療から始めましょう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
ベテラン芸能記者が吼える「玉置浩二は即刻、音楽業界から追放すべき!」
「恥をかかされたオスカー」安全地帯・玉置浩二と入籍の青田典子、芸能界追放か
「安全地帯」玉置浩二と青田典子”同伴ツアー” 2人が別れられない深い理由とは

最終更新:2010/10/04 15:05

“暴走アーティスト”玉置浩二 暴言騒動で『紅白』への出場消滅 関係者大激怒!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

NHKドラマ抜擢の小川未祐

 3月27日夜10時~放送されるNHKの創作テレビドラマ大賞『ゴールド!』に出演する...
写真