日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 動機は日本を守るため!? 国策捜査にデータ改ざん、失墜する検察の正義
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

動機は日本を守るため!? 国策捜査にデータ改ざん、失墜する検察の正義

201010_prekensatsu.jpg「検察庁」公式HPより。

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

 昨今、ニュースで取り上げられない日はないといっていいほど、検察の周辺が騒がしい。今月4日の、検察審査会による小沢一郎元幹事長への「起訴すべき」との議決公表や、郵便不正事件をめぐる主任検事のフロッピーディスク(以下、FD)改ざんなど、検察をめぐるニュースには事欠かず、その動向は日夜注目を集めています。

 特に郵便不正事件をめぐるFD改ざん事件は、”正義”の名のもとに、唯一起訴権限をもっている検察が、立証のためにデータを改ざんし、罪をでっち上げようとしたとして世間に大きな衝撃を与えました。さらに、データ改ざんにあたっては、当時の部長と副部長も犯人隠避容疑で逮捕されており(両容疑者は容疑を全面否定)、組織ぐるみの犯行が疑われています。元来、政治的圧力を受けないように独立的な立ち位置にいて、公正に捜査を行うべき検察。しかし、今回のデータ改ざんに加え、最近では「国策捜査」や「リークによる世論操作」と非難されることも多く、検察の腐敗が声高に叫ばれているのです。

 そこで今回の「レベルアップ案内」では、そんな検察をめぐる記事をご紹介。これを読めばまる分かり!? 今さら聞けない検察の概要から、最強捜査機関にもあった女性スキャンダル、国策捜査の被害者が語る権力の怖さ──まで。大手マスメディアでは教えてくれない、検察の闇にずずいっと迫ります。”正義の機関”が巻き起こした一連の事件。はたして”正義”はどこにあるのでしょう……?

【日刊Pick Up記事】
スクープ! 4日にも検察審査会が小沢一郎の議決公表へ
(2010年10月4日付)

当サイトスクープ通り! 4日検察審査会が議決公表 「小沢氏起訴すべき」に重大疑惑も
(2010年10月5日付)

批判の矢面に立たされた検察の明日はどっちだ!? プレミアムな記事紹介はこちら↓

【プレミアムな関連記事】

[レベル1:検察とはいかなる組織なのかを知る]
日本版FBI──東京地検特捜部は本当に”正義の味方”なのか?
2007年8月号(プレミアサイゾー)

最強の捜査機関(笑)です。

小室逮捕で満足する特捜検察 トップ交代で次に狙う大物は?
2009年2月号(プレミアサイゾー)

この頃から、すでにヘタレっぷりが出ちゃってる!?

[レベル2:入り乱れる検察の敵と味方]
「特捜部は解体せよ!」検察捜査の盲点に週刊誌が切り込む!
2010年9月27日付(日刊サイゾー)

「死ね、地検特捜部!!」なんてストレートすぎる見出しもありましたね。

検察を激怒させた小沢の一言 リーク元特定で民主も反撃へ
2010年3月号(プレミアサイゾー)

検察首脳はまるで虎の威を借る狐?

民主党と検察OBの抵抗の前に急速に弱体化する検察タブー
2010年2月号(プレミアサイゾー)

OBからも責められるなんてよっぽど信用がないんでしょうねぇ……。

西松建設事件は一波乱あり? 自民ベッタリの検察に内乱が!
2009年8月号(プレミアサイゾー)

二枚舌だけど、一枚岩ではないみたい。

[レベル3:スキャンダラスな検察の実態]
検察に”勝利”した 小沢民主党 決め手は「女性スキャンダル」!?
2010年4月号(プレミアサイゾー)

検察だって、人間だもの。

当局も頭を悩ますリーク問題”女性”を武器にする記者たち
2010年3月号(プレミアサイゾー)

でも、仕事とプライベートはしっかり分けて!

[レベル4:世論をめぐる検察とメディアの深い関係]
不祥事続きで急所を握られた!? 朝日新聞「検察ベッタリ」報道の裏
2009年6月号(プレミアサイゾー)

しかし、FD改ざん事件は朝日新聞がスクープ。
寝返ったフリをしていた!?

「検察による言論弾圧か!?」週刊朝日編集長”検察から出頭命令”騒動の裏側
2010年2月15日付(日刊サイゾー)

新聞では仲良く、週刊誌では厳しくと、朝日新聞社さんは飴と鞭をうまく使ってらっしゃる。

検察リークが世論を導く 小沢秘書逮捕と報道の共謀
2009年5月号(プレミアサイゾー)

テレビではいまだに検察批判は少ないような……。

小沢一郎「起訴相当」に隠されたメディア権力増強への恐怖
2010年6月号(プレミアサイゾー)

メディアのイメージ操作には、さすがの検察もお手上げ?

[レベル5:検察から考える諸問題]
国策捜査の闇【前編】 鈴木宗男[新党「大地」]×青木理[ジャーナリスト]
2009年5月号(プレミアサイゾー)

国策捜査を認めちゃうほどの自信過剰っぷり。ある意味うらやましい。

宮崎 学×萱野稔人対談──『近代ヤクザ肯定論』のススメ【前編】
2009年11月号(プレミアサイゾー)

逮捕の理由が「政府にとって邪魔だから」なんて、マンガの中だけかと思ってました。

刑事裁判の不完全性と社会の敵が持つ浄化作用【前編】
2010年5月号(プレミアサイゾー)

検察が”公共の敵”になる日は来るのか……?

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

検察の正義

どこ?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2010/10/13 10:30

動機は日本を守るため!? 国策捜査にデータ改ざん、失墜する検察の正義のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真