日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「出来すぎの”茶番劇”!?」水嶋ヒロの小説大賞受賞に業界内外から「唖然」の声

「出来すぎの”茶番劇”!?」水嶋ヒロの小説大賞受賞に業界内外から「唖然」の声

mizushimahro02-mini.jpgこれからは、「斎藤さん」とお呼び
した方がいいんでしょうか。

 あまりに出来すぎた流れにファンも唖然としたのではないか。

「水嶋ヒロという名前を伏せた上で応募していたので、純粋に作品が評価された事実を何よりもうれしく思っております」

 処女作『KAGEROU』が第5回ポプラ社小説大賞を受賞した水嶋ヒロが1日、同社の受賞発表会でこう語ったが、応募ペンネームは本名の齋藤智裕と一字違いの齋藤智で、報道陣を広く集めて行われた会見自体、水嶋の知名度を見込んで行なわれた感が非常に強いものだった。

 約4分間の挨拶では作品の内容よりも所属事務所を退社した騒動への説明が大半を占め、まるでタレント・水嶋ヒロの再出発会見だった。

「昨年9月の騒動時に水嶋が”執筆活動に専念したい”とわざわざ宣言したのも、今思えば、この流れがあったからかと納得できます。もし小説を書くにしても有名タレントなら落選リスクのある賞に応募なんてしないで出版すればいいだけ」

 こう語る出版関係者も「出来レースの可能性が極めて高い」という意見だ。

「そもそもポプラ社の小説大賞は5年前の第1回で賞金2,000万円という高額賞金で広く作品を募集しましたが、受賞作の評判が今ひとつで、正直コケたと見られていたもの。賞金分を回収しないと商売として成り立たないので、以降3度の開催は全て大賞ナシ。今回を最後に来年からは賞金は200万円に大幅縮小されてしまうほどです」(同関係者)

 その賞金も、今回は水嶋が辞退と伝えられ、結果としてポプラ社は大金を使わず大賞を広く告知することができ、水嶋も再出発を大きくアピールすることができた。受賞作は自殺志願者を止めようとする男の物語だというが、この宣伝効果でセールスが期待できるのも確かだ。

 賞金を辞退するなら、なぜポプラ賞に応募したのか疑問ではある。もっとも、この受賞が出来レースだったという証拠は何もないが、前出関係者は「これで仕掛けが成功したとは限らない」と話す。

「売れることは売れると思いますが、先に受賞ありきでは読む側がかなり厳しい目で見るので内容に批判が集まる可能性がありますし、もし内容が素晴らしかったとしてもゴーストライターじゃないかなんて言われてしまう」

 当のポプラ社に問い合わせたところ「執筆者が誰か分からず本当にちゃんと選んだもので、読めば凄い内容だと分かってもらえるはず」と回答があったが、既にネット上では茶番劇だとする声が圧倒多数。

 果たして賞に値する快作か、出来レースの茶番か……いずれにしろ、出版を待ちたいところだ。
(文=鈴木雅久)

With You―水嶋ヒロセカンド写真集

ヒロのブレインは誰なんだろ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
水嶋ヒロ&絢香と所属事務所の確執真相!「超高級マンションまであてがったのに……」
鬼束ちひろ、UA、絢香――お騒がせ歌手たちの意外な「評判」って?
所属事務所が激怒!? 事実上の「引退」に追い込まれた絢香に同情論も

最終更新:2010/11/02 18:00
こんな記事も読まれています

「出来すぎの”茶番劇”!?」水嶋ヒロの小説大賞受賞に業界内外から「唖然」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真