日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 4年半ぶりにサイゾーに復帰!! これからの日本、これからの爆笑問題、「政治バラエティにはもう飽きた!」
あの伝説のコンビがついに沈黙を破った──

4年半ぶりにサイゾーに復帰!! これからの日本、これからの爆笑問題、「政治バラエティにはもう飽きた!」

1月26日、毎年恒例となるDVDシリーズの最新作『2011年度版 漫才「爆笑問題のツーショット」〜2010年総決算』をリリースした爆笑問題。チリの落盤事故や小惑星探査機・はやぶさの帰還、AKB48のブレイクに市川海老蔵暴行事件など、10のあらゆるニュースを1時間もの長尺漫才で一気に振り返った彼ら自身にとっての10年とは? そして、これからの展望とは?

1103_bakushou.jpg(写真/有高唯之)

──DVD『2011年度版 爆笑問題のツーショット』の通り、10年は社会的にもさまざまな出来事がありましたが、一方で太田さんが小説『マボロシの鳥』(新潮社)を出版したり、映画の製作を発表したりと、お2人にとっても特別な1年だったのでは?

太田光(以下、太田) 09年ごろから、ちょっと飽きてきてたんですよ。DVDもそうなんだけど、おなじみのレギュラー番組をやって、おなじみの漫才をやってっていう感じで、数年間、割と変わらない状態で来たので、小説には「ちょっと目先の違うことをしたいな」という意味もあるにはありましたね。なんつうの? シンデレラ……シンデレラエキスプレス?

田中裕二(以下、田中) それじゃあ松竹の芸人だよ!(笑)

太田 まあ、シンデレラ的な変身願望はありましたね。それこそ、3年前のオバマの「Change」じゃないんだけど。

田中 鳩山由紀夫の言った09年の流行語大賞なんかもそうだよね。

太田 政権交代。当時はオバマや鳩山に対して「『変わらなきゃいけません』っていうほど世の中ヒドくはないだろう」「変わんなきゃいけない人生なんてダメだろう」と思ってたんだけど、実はオレにも何年かごとにそういう気持ちが巡ってはきてたんだよね。

──巡ってきていた、というと?

太田 5~6年前にも、それ以前の数年間やっていたことに飽きて、『スタ☆メン』(05~07年/フジテレビ)や『太田総理(太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。)』(06~10年/日本テレビ)みたいな政治バラエティを始めて、『憲法九条を世界遺産に』(06年刊/集英社新書/中沢新一と太田の共著)を出してるし。予定調和は息苦しくなってきちゃうんですよ。

──田中さんも09年ごろからドラマ『MR.BRAIN』(TBS)や映画『感染列島』、人形劇『新・三銃士』(NHK)と、お芝居の世界での活躍も目立ちます。

田中 いや、普通に仕事の依頼が来たからやってるだけで(苦笑)。「役者の道でやっていく!」っていうのは、まったくないですよ。

──その割には、精力的に展開しているようにも見えますが。

田中 事務所としては、何か考えがあるのかもしれないですけどね。それこそ太田が小説だ、映画監督だ、って話になったとき、僕の仕事がなくなっちゃったらアレだから、ドラマでもやらせてみるか、みたいな(笑)。

──太田さんのような息苦しさは……?

田中 (遮って)全っ然ないです! 太田は自ら考えて動くほうだから、飽きたり、煮詰まったりするんだろうけど、僕は何も考えてないから、大丈夫。


──それはすごいですね(笑)。

田中 でも、サラリーマンの人に比べれば、毎日会う人も違うし、仕事の現場も違う。レギュラー番組だって特集は毎回違うから、飽きないですけどね。まぁ、毎日同じ電車に乗って、同じところに行って、同じ作業をする人生でもやっていけるタイプですから。

──太田さんは、田中さんのそういう感覚を理解している?

太田 「田中がそういう人間だ」っていうのはわかってるから、別に驚きゃしないかな。あと、オレの向かう方向は決して田中を切る方向ではないから、コイツに気を使って活動を制限するってことも一切ない。

■小説『マボロシの鳥』は読者の批判が新鮮だった

──では、今年はどんな活動をしたい?

太田 たとえば、コント番組とか。テレビに出始めた頃から「『シャボン玉ホリデー』(61~72年/日本テレビ)や『(オレたち)ひょうきん族』(81~89年/フジテレビ)みたいな番組をやりたい」って言い続けてるんだけど、そのまま20年来ちゃった(笑)。

田中 あと『ゲバゲバ90分』(69~71年/日本テレビ)とかドリフとかね。2人とも、そういうのをやりたいんですよ。

──今や聞き飽きるほど「テレビ離れ」なんて言われていますが、主戦場はやはりテレビ?

最終更新:2011/02/17 18:00
こんな記事も読まれています

4年半ぶりにサイゾーに復帰!! これからの日本、これからの爆笑問題、「政治バラエティにはもう飽きた!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

 ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)...…
写真