日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 大人が読んでも面白い! 韓国発『科学漫画サバイバルシリーズ』がアツい!?

大人が読んでも面白い! 韓国発『科学漫画サバイバルシリーズ』がアツい!?

suvive.jpgシリーズ最新号『人体のサバイバル3』
(朝日新聞出版)

 誰もが子どものころに一度は読んだことがあるであろう、学習漫画。一般的には、伝記モノや歴史モノなどのイメージが強いが、今、少し毛色の変わったジャンルが人気を集めているという。

 それが、『科学漫画サバイバルシリーズ』(朝日新聞出版)だ。『無人島のサバイバル』、『アマゾンのサバイバル』、『火山のサバイバル』など、さまざまな状況下で生き残るための科学知識が身に付けられる学習漫画で、現在までに約30冊が刊行されている。


 このシリーズは韓国の教育書専門の出版社「ミレエヌ」が出版しているもので、韓国国内をはじめ、中国や台湾、タイなどでも翻訳版が大ヒット。「中央日報」によると、2008年に日本で翻訳版が発売されて以来、累計販売部数は50万部を突破している。実は、日本の出版市場で学習漫画がここまでの部数を記録したのは初めてのこと。さらに、漫画市場においてもこれまで韓国漫画が実績を挙げた例はなく、これもまた異例。

 文、イラストともタイトルごとに異なるのだが、基本となるストーリー構成はパターン化されており、やんちゃな少年と頭脳明晰だが少し気が強い女の子、そしてサバイバル知識に長けた少年(もしくは父親や博士)の3人組が、それぞれのテーマに挑む。

 例えば『火山のサバイバル』では、フィリピンへ火山探査旅行に出掛けた3人が乗った飛行機がジャングルに墜落。硫黄が立ち込め、泉が沸き立つ密林から脱出する途中、火山が大噴火を起こす。絶体絶命の状況から逃げ延びるまでを描いたストーリーだ。噴火の仕組みと現象、火山の種類、地球の構造、マグマの神秘などを分かりやすく説明するだけでなく、竹筒を使った仕掛け網の作り方や干物の作り方、薪を使った火のおこし方など、実際にアウトドアで使えそうなサバイバル術も伝授。オールカラーというぜいたくな作りに加え、ミニコラムも充実している。学習色が強い日本の学習漫画とは違い、ストーリーにはさまざまな伏線が張られており、エンタテインメント的な側面も強い。

 紀伊國屋書店新宿南店の学参書担当によると、「発売された08年当時からコンスタントに売れているので、うちでは常時、コーナーを作っています。特に人気が高いのは『恐竜世界のサバイバル』ですね。このシリーズが出た後、学研から『サバイバルシリーズ』と同じ執筆、イラスト陣で『チャビの世界大冒険』という、地理や歴史、文化をテーマにした類似のシリーズが出ましたが、こちらの売り上げはイマイチですね。やっぱり『科学』というテーマの方が、子どもたちの好奇心をくすぐるのでしょうか」。

 今月21日には、東日本大震災の影響を受け、このシリーズの『地震のサバイバル』がAmazonの児童学習分野で1位になったことが、出版元のミレエヌから発表された。子どもが地震や災害に対する正しい知識を持つ上で、とても役立つ教材のひとつとして注目を集めているようだ。
  
 子どものころに夢中になったテーマがたくさん詰まったこのシリーズ。子ども向けとはいえ、大人が読んでも読みごたえがあり、あのころの懐かしさがこみ上げてくることだろう。「なにをいまさら……」とひねくれず、ぜひ読んでみることをお勧めしたい。学ぶのに遅いことなんてないですよ? 
(文=編集部)

人体のサバイバル 3

どこでもサバイバルしちゃいます!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/17 21:22
こんな記事も読まれています

大人が読んでも面白い! 韓国発『科学漫画サバイバルシリーズ』がアツい!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真