日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 「原点は日本のコミック」東南アジアを席巻する都会派クリエーター
アジア・ポップカルチャーNOW!【vol.15】

「原点は日本のコミック」東南アジアを席巻する都会派クリエーター

rau01.jpg「B_Lee1」 (c)Stephen Lau

 『AKIRA』『ドラゴンボール』『ドラえもん』……子どもの頃、僕らの心をアツくさせた漫画やアニメが、海の向こうに住むアジアの子どもたちの心にも火をつけていた。今や日本人だけのものではなくなった、ジャパニーズ・ポップカルチャー。その影響を受けて育った、アジアの才能豊かなクリエーターたちを紹介します。

第15回
マルチ・クリエーター

Stephen Lau(ステファン・ラウ)

 ステファン・ラウ(Stephen Lau)は、マレーシア生まれ。現在、クアラルンプールをベースに活動するマルチ・クリエーターだ。自らをビジュアル・グラフィック・デザイナーと称し、アーティスト・デザイナー・イラストレーターとして、インターナショナルなクライアントのコマーシャル作品を制作する傍ら、自身のファッションブランド Jam Divisionや、デザインスタジオMinor Playerのオーナー&クリエーティブ・ディレクターも務める。マレーシアでは彼の作品だけでなく、そのマルチな活動スタイルにあこがれるフォロワーが続出している。

dragon.jpg『DRAGON BALL 1 』
(集英社)

 ステファンの作風は多彩で、「一人の作家の作品なのか」と驚かされることが度々だ。彼の創作のインスピレーションは、どのように形成されてきたのだろう。

「子どものころは、日本のアニメとディズニーのアニメに夢中でした。だけど、より強い影響を受けたのは、日本のカルチャーです。宮崎駿(『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』『風の谷のナウシカ』……)、『ドラゴンボール』『ドラえもん』『鉄腕アトム』『仮面ライダー』『ウルトラマン』『鉄人28号』『ストリートファイター』『スーパーマリオブラザーズ』、大友克洋、手塚治虫、『マジンガーZ』に『ガイキング』……好きな作家や作品が、とにかくたくさんありすぎて言い切れません!」

「子どものころに見た、あるいはもっと古くからある日本のコミックやアニメのキャラクターは、すべて僕の作品の中に生きています。想像力・ストーリー・絵のテクニックとか、色使い、ロボットやおしゃれなキャラのデザインなど……。特に、かわいい女の子やかっこいい男の子をどう描くかを、日本のキャラクターから学びました」

rau02.jpg「John_Lennon_War」(c)Stephen Lau

 マレーシアは、マレー系・中華系・インド系の民族が共存する多文化国家。そうした背景を、ステファン自身はどうとらえているのだろうか。

「マレーシアで生まれ育ちましたが、ローカルの文化にインスパイアされたとはあまり感じていません。ただ、何年か前に、中国のカルチャーにすごく感化されたことがあります。筆を使った創画の技術とか、中国的なモチーフとか」

 最近の彼の作風からは、また別な印象を受ける。

「今、マイブームが、”西洋的ミニマリズム”なので。だけど、ちょっと暗い感じとか、エモーショナルな感じは、やっぱり自分の変わらない要素として時々顔を出します。僕には決まったスタイルがないんです。常に変化を求めて、その時の気持ちに一番合ったスタイルで表現したいと思っているから。だけど、”僕らしさ”を出すために、譲れないことがある。それは音楽やファッションの要素、それと、自分が好きな彩色の技術です」

 年末に向けて、クアラルンプールにおける初の個展の計画が進行中だという。

「これまでの作品の集大成になると思います。地元の人たちが、自分の仕事をどのぐらい支援して、受け入れてくれているか、それを見てみたいという気持ちがすごく強い。それ以外にも、いくつかのコラボレーションプロジェクトが同時に動いていますが、本音では、数カ月後にリニューアルオープンするJam Divisionのコレクションに集中したいなと……」

 自分を「複数の文化のバランスを取ることに長けているとは思わないし、そこに踏み出すには、もう少し時間が必要」というステファンだが、その実、見事にマルチな活動の舵取りを行っているようだ。
(取材・文=中西多香[ASHU])

■画像ギャラリー<画像をクリックすると拡大します/(c)Stephen Lau>


mk02s.jpgmk01s.jpgmk01s.jpgmk01s.jpgmk01s.jpgmk01s.jpg

 
StephenLau.portrait.jpg
●ステファン・ラウ
ビジュアル・グラフィック・デザイナー、イラストレーター。マレーシア生まれ。10年前に出身高校から壁画を依頼されたことがきっかけで、アーティストとして目覚める。現在はクアラルンプールを拠点に活動。カシオ、ナイキ、タイガービール、UNIQLO、GAP、コンバース、コカコーラ、MTVなど、国際的クライアントのコマーシャル作品も多く手掛けてきた。ファッションブランドJam Division、デザインスタジオMinor Playerを主宰・運営。
<http://www.stephenlau.co>
<http://www.facebook.com/stephenLCO>
<http://www.facebook.com/thejamdivision>
(ウェブサイトは、鋭意制作中とのこと)

なかにし・たか
アジアのデザイナー、アーティストの日本におけるマネジメント、プロデュースを行なう「ASHU」代表。日本のクリエーターをアジア各国に紹介するプロジェクトにも従事している。著書に『香港特別藝術区』(技術評論社)がある。<http://www.ashu-nk.com >
オンラインTシャツオンデマンド「Tee Party」<http://teeparty.jp/ashu/>

DRAGON BALL 1

今こそ悟空の力が必要だよ。

amazon_associate_logo.jpg

■バックナンバー
【vol.14】エロ×宗教×故事が混在!? 中国版・寺山修司が造り出すカオスな世界
【vol.13】昼間はOL、夜は寡黙なアーティスト ソン・ニが描く秘密の快楽の世界
【vol.12】まるで初期アニメ ローテクを駆使する南国のアート・ユニット「トロマラマ」
【vol.11】「造形師・竹谷隆之に憧れて……」 1000の触手を持つ、マレーシアのモンスター
【vol.10】“中国のガロ系”!? 80年代以降を代表するコミック・リーダー ヤン・コン
【vol.9】大のラーメンおたく!? シンガポールデザイン界を率いる兄貴、クリス・リー
【vol.8】メイド・イン・ジャパンに憧れて…… 香港の文学系コミック作家・智海
【vol.7】「血眼になってマンガを追いかけた」海賊版文化が育んだ中国の新しい才能
【vol.6】裸人間がわらわら 香港ピクセル・アートティストが放つ”アナログデジタル”な世界
【vol.5】ダメでも笑い飛ばせ! 香港の国民性を体現したグラフィック・ノベリスト
【vol.4】「教科書はガンダムの落書きだらけだった」 香港・原色の魔術師の意外な原点
【vol.3】「懐かしいのに、新しい」 読むほどにクセになる”タイ初の日本漫画家”タムくん
【vol.2】 マイブームはBL!? 香港の腐女子が描きとめる、消えゆく都市の記憶
【vol.1】「 :phunk版ガッチャマンが作りたい」 シンガポール発のデザイン集団が描く夢

最終更新:2012/04/08 23:19
こんな記事も読まれています

「原点は日本のコミック」東南アジアを席巻する都会派クリエーターのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真