日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 学校からの帰り道、狂気の刃物男とのすれ違いが青年の夢を絶った……
日本"未解決事件"犯罪ファイル

学校からの帰り道、狂気の刃物男とのすれ違いが青年の夢を絶った……

mikaiketsu0715.jpg

何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない”未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。 

第18回
京都精華大学生通り魔殺人事件
(2007年1月)

 2007年1月15日午後7時50分ごろ、京都市左京区岩倉幡枝町の歩道で、当時20歳の千葉大作さんが、小型の鋭利な刃物で胸など全身を刺されて死亡した。刺し傷は十数カ所あり、きわめて残忍で強い殺意を感じさせる犯行だった。
 

 事件当時、千葉さんは京都精華大学マンガ学部マンガ学科の1年生。仙台に育った千葉さんは、漫画家になる夢を抱き、1年の浪人生活を経て世界初のマンガ学部として知られる同大学の同学部に合格。将来への希望あふれる大学生活をスタートさせてから間もない悲劇だった。事件は、千葉さんが学校から友人宅に向かう途中の午後7時40分ごろ、自転車で学校の駐輪場を出た直後に起こった。

 現場は京都市の北部、鞍馬山の麓に位置する叡山電鉄鞍馬線・木野駅から南に約100メートル、京都精華大学から南東に約600メートルの場所。周辺は一戸建て中心の住宅街で、周辺には田畑が多いのどかな光景で、とても残忍な事件が起きるとは思えない閑静な場所である。

 千葉さんと同じく、刺した犯人も自転車に乗っていた。畑に沿った歩道で、千葉さんと犯人が自転車ですれ違った直後、事件は起きた。第一発見者の男性が現場を通りがかった際、「畑で倒れている千葉さんと、歩道に座り込んでいる若い男を見た」という。男は、顔を見られたくないかのように俯き、その隣には自転車があった。発見者の男性は一度通り過ぎたものの、不審に思って再び現場に戻ると、男性と反対の方向に逃げたためか、犯人の姿はなく、自転車も消えていた。歩道には、大量の血を流しながらも携帯電話で友人に助けを求めるメールを打つ千葉さんがしゃがみ込んでいて、畑の中には千葉さんの自転車とカバンが落ちていた。千葉さんは、全身十数カ所を刺されながらも、まだ意識があり、「通報してほしい……」と力を振り絞って発見者に懇願した。京都府警によると、通報があったのは午後7時52分。しばらくして救急隊員が到着し、千葉さんは病院に搬送されたが、直後に帰らぬ人となってしまった。

 一体、何がきっかけで千葉さんは凶行に巻き込まれてしまったのだろうか? 千葉さんは、救助に当たった救急隊員に、「知らない男に刺された」と話している。また、事件が起こる直前、現場で犯人と千葉さんが口論しているところも目撃されている。犯人は上半身を左右に揺すりながら、「アホ!」「ボケ!」と言い放ち、関西弁をまくし立てながら激高していたという。千葉さんのカバンに入った財布には現金が残されていたため、金品目的の犯行ではなかったと見られている。

 京都府警の調べでは、現場には2台の自転車の急ブレーキ跡があったことが判明。現場の歩道は自転車がすれ違うためのギリギリの幅しかなく、犯人と千葉さんのトラブルになった原因は、自転車同士がすれ違う際の接近や接触によるものではないかという見方も強い。しかし、普段から刃物を持ち歩き、突然の路上でのトラブルで殺人に及んだ犯人の”異常性と凶暴性”を考えれば、事件のきっかけにどれだけの意味があるだろうと思わざるを得ない。何かのトラブルや口論があったとしても、千葉さんに命を奪われる理由は微塵もないのだ。

 千葉さんは明るく温厚な性格で、人望も厚かったという。友人や大学の講師は、「彼が恨まれるわけがない」と口をそろえる。また、「絵が抜群にうまく、とにかく研究熱心だった」という。事件から約1年後、京都精華大学で千葉さんを指導した講師が、「事件を風化させてはいけない」と、千葉さんが殺害された状況や犯人の特徴をマンガとして描いた小冊子を作成。遺族や友人たちと街頭で配布し、情報提供を呼び掛けている(現在、この小冊子のマンガはインターネットでも公開されている)。

 現在も京都府警は数十人体制で捜索を行っているが、凶悪犯はまだ野に放たれたままだ。事前に準備された犯行ではなく、自転車に乗っていたことを考えても、犯人は現場からそう遠くない場所に住む人間であることは間違いない。それだけに、近隣住民の不安は尋常ではないだろう。

 将来のある青年の夢を奪った凶行を、我々は忘れてはならない。漫画家の夢が潰えた千葉さんに、犯人が逮捕されたという報告ができる日を待ち望みたい。
(取材・文=神尾啓子)

<情報>
【犯人の特徴】
・20~30歳
・身長170~180cm
・髪はセンター分け(ボサボサ)
・上下黒っぽい服装
・黒っぽいママチャリ風の自転車に乗っている
・興奮すると顔や上半身を左右に振り言葉尻に「アホ」「ボケ」を連発し、目の焦点が合わない

<連絡先>
京都府下鴨警察署
「左京区岩倉幡枝町における殺人事件捜査本部」
TEL.075-703-0110(代表)
TEL.0120-230-663(フリーダイヤル/24時間受付)

未解決事件ファイル 真犯人に告ぐ

告ぐ。

amazon_associate_logo.jpg

バックナンバー
【第17回】10年前、白昼の繁華街で消えた”美人”女子高生 背景に複数の「疑問点」が浮上……!!
【第16回】飲みかけのココアを残し、消えた少女……奇妙な「怪文書」が示唆する事件の真相とは!?
【第15回】 胸と内臓を刃物でえぐり取られ……切断された島根の女子大生殺害事件から1年
【第14回】 “栃木女児殺害事件”発生から5年 7歳少女の顔を執拗に殴打し、胸を12度も刺した犯人の残忍性
【第13回】 15歳ハーフ美少女が夏祭りの夜に失踪 3日後、見知らぬ町で変わり果てた姿に……
【第12回】 “白昼の惨殺劇”母親が刺殺される一部始終をトイレの中で聞いていた娘……
【第11回】 全裸発見の茨城大女子学生絞殺遺体 遺留品から検出の”男性2人分のDNA”の謎
【第10回】 愛知・蟹江町の”眼球破裂”通り魔事件 昨年5月「母子3人殺傷事件」と同一犯か!?
【第9回】「逮捕で迷宮入り!? ”時効延長”直前に起きた「愛知母子4人殺害・放火事件」
【第8回】「上智大生殺人放火事件」時効まで残りわずか! 昨年10月の「千葉大生殺害放火事件」との関連は!?
【第7回】全国有数の”失踪事件”多発地域で女性記者が姿を消してから11年
【第6回】見知らぬ男が家に侵入して17歳長女を刺殺  顔を見られた犯人は妹と祖母を追い回し……
【第5回】被害者とその親友──2人の”佐藤梢”と消えた男のリアル・ミステリー
【第4回】 ストーカー行為を働いた挙げ句にターゲット女性の家族を惨殺して逃亡
【第3回】 事態急転!「リンゼイさん殺害事件」市橋達也整形術前後の写真入手で逮捕秒読み!?
【第2回】大量の遺留品が招いた初動捜査の混乱 果たしてDNAに人格は認められるか?
【第1回】「おい、小池!」で日本中に知られた男は本当に名前を呼ばれる日を待ち続けている

最終更新:2011/07/15 16:33
こんな記事も読まれています

学校からの帰り道、狂気の刃物男とのすれ違いが青年の夢を絶った……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...
写真