日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 個人資産6000億円の正体──孫正義とソフトバンク”実りなき経営戦略”の功罪
ソフトバンクの正しい見方【1】

個人資産6000億円の正体──孫正義とソフトバンク”実りなき経営戦略”の功罪

1110_son_tobira_n.jpg(絵/我喜屋位瑳務)

 今やIT企業の筆頭として、常にマスコミのネタにされるソフトバンクとCEO孫正義氏。新エネルギー事業への参入などで、ますますその存在感を増している同社の事業を分析しつつ、非難を浴びながらも巨大化していく同社の実態に追った。

 3・11以降、ソフトバンク(以下、SB)・孫正義社長の周辺が何かと騒がしい。4月6日には、被災者の支援と被災地復興のために個人で100億円を寄付すると同時に、2011年度から引退まで、グループ代表として受け取る報酬の全額を遺児の支援に充てていくと発表。また、原発事故発生以来、孫社長のツイッターはエネルギー関連のつぶやき一色に。「国難の時、経済人である前に人の命を思う人物でありたい」と、事あるごとに放射能汚染の恐怖を訴え、「正義を疎かにする経済ほど愚かなものはない」と理想を掲げつつ、脱原発と自然エネルギーへの転換を提案。それまでも決して薄くはなかった存在感をより圧倒的なものとした。

 そして、5月25日には、神奈川県、埼玉県、静岡県など、全国19の自治体と共に「自然エネルギー協議会」を7月上旬に設立すると発表。個人宅の太陽光発電設備の普及を進めると共に、全国の休耕田や耕作放棄地の2割にメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設をブチ上げ、6月24日には、自然エネルギーによる発電事業への参入も決定している。

■メガソーラー構想に渦巻く毀誉褒貶

 ド派手なアクションを繰り返す孫社長だが、その評価はまちまち。「FLASH」(光文社)が、その4月26日号で「あっぱれ!100億円寄付!孫正義 愛国の原点となった『差別』と『反骨』」という特集を組む一方で、「週刊現代」(講談社)5月28日号は「いつ届く孫正義の『義捐金100億円』」という記事を掲載。発表から1カ月半以上たっても寄付金が届けられた気配がないことを批判し、そもそも孫社長が即寄付が可能なキャッシュを持っているのか疑問を投げかけた。

 メガソーラー構想についても「週刊文春」(文藝春秋)7月7日号が「孫正義『強欲経営』の正体」という批判記事を展開すれば、同じく7月7日号の「週刊新潮」(新潮社)も「脱原発の政商になる『孫正義』の果てなき商魂」と、孫社長をバッサリ斬り捨てる。

 この時の文春、新潮の批判のポイントはおおむね同じ。1.太陽光発電はエネルギー変換効率が悪く、停電リスクが高い。2.孫社長は一世帯当たり毎月500円程度の負担増でプロジェクトをなし得るとするが、5000円の負担増になるとの試算もある。3.それでも太陽光発電を推進するのは、ケータイ事業が頭打ちになり、経営危機説も囁かれる中、新規事業を打ち出すことで資金集めをしたいだけなのではないか。4.電力事業に着手する以前に、震災直後、まるでつながらなかった同社回線の改善に努めるべきではないか。

 反原発・脱原発の機運が高まる中、メガソーラー構想を高く評価する声も聞かれる一方で、高邁な理想を掲げながら、結局、カネ儲けをしたいだけなのではないかとの批判があるのもまた事実なのだ。

■ソフトバンクが傾くと国民が被害を被る!?

 孫社長やSBが毀誉褒貶に晒されるのは、今に始まった話ではない。アメリカ留学中に開発した多国語翻訳機をシャープに1億円で売り込み、弱冠25歳でパソコンソフトの卸売企業を設立したかと思えば、96年、創業間もないYahoo!への投資をきっかけに、アメリカのインターネット企業を相次いで買収。99年にはメディア王、ルパード・マードックと共にテレビ朝日株を買い取り、翌年も日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)にも資本参加してみせる。

 81年の「株式会社日本ソフトバンク」設立以前から、事あるごとに注目を浴び続ける孫社長だが、特にその存在感を示したのは、01年。個人向けADSLサービス「Yahoo!BB」の開始時だろう。

 これが、国内ブロードバンド網の普及に大きな弾みになったのは間違いない。しかし、街頭でADSLモデムをタダでバラまくプロモーションや、加入の意思のない家庭に勝手にモデムを送りつける代理店を野放しにする姿勢には批判が集まった。そして、サービス開始当初には、NTT東西の「フレッツ・ADSL」など、他サービスが申し込みから2週間程度で開通していたのに対し、1カ月たってもサービスを受けられないというトラブルも頻発していた。

 次に注目を集めたのは06年。英ボーダフォン日本法人を買収し、ソフトバンクモバイルを設立した。

■プレミアサイゾーとは?
雑誌サイゾーのほぼ全記事が、月額525円で読み放題!(バックナンバー含む)
プレミアサイゾー初月”無料”キャンペーン実施中!!
(2011年9月30日まで)

詳しくはこちら

【こんな記事もオススメ!】
iPhone4が絶好調でもソフトバンクが儲からない理由
iPhone人気が自爆を招く!? ソフトバンクが繰り返す黒歴史
ソフトバンク、ディズニーランド、ユニクロに”気になるギモン”を聞いてみた

最終更新:2011/09/20 18:36

個人資産6000億円の正体──孫正義とソフトバンク”実りなき経営戦略”の功罪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真