日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 何を信じていいの? カダフィ政権崩壊をめぐる「偽造映像」騒動
ハリウッド顔負けの偽造ニュース映像が世界を動かす!?

何を信じていいの? カダフィ政権崩壊をめぐる「偽造映像」騒動

kadafi01.jpgこれが話題の「首都トリポリの緑の広場で勝利を祝う叛徒」。真贋はいかに!?

 今、ネット上で密かに話題になっている映像がある。舞台はカダフィ政権軍と反乱軍の戦闘で揺れ動いていた8月のリビア。「首都トリポリの緑の広場で勝利を祝う叛徒」と題されたニュース映像である。

 この映像では、まず冒頭部分で数秒間、平常時の夜の緑の広場の映像が流れる。次に、別の時間に同じく緑の広場で撮影されたとおぼしき、武器を片手に勝利を喜ぶ群衆の映像が流れる。カダフィ打倒を果たして、喜んでいる人々のようだ。だが、注意深く見ていると、2つの映像に映り込んでいる同じ建物の入り口の形が、微妙に違うように見えなくもない。他にも、冒頭の映像ではたくさん見られた電柱がなくなっていたり、建物の壁の色や、照明の照らされ方も違って見える。


 こうした点も踏まえ、「映像は捏造の可能性がある」と指摘するのは、フリーライターの井上静氏である。

「この映像は、8月にカタール国営テレビ局アルジャジーラが放送し、世界中に配信されました。これについて、海外では『(カダフィ政権崩壊後のリビア暫定政権である)国民評議会は、この映像が偽造であると認めた』『アルジャジーラでは(アメリカ政財界に大きな影響力を持つ)ユダヤ人が数多く入り、活躍している』との報道がされています。つまり、ドル、ユーロ体制からの脱却を狙うカダフィ政権を崩壊させる、という利害で一致した欧米諸国が、国際世論を『国民の多くが、カダフィ政権崩壊を望んでいる』と誘導するために、この映像を作らせたのではないでしょうか。アルジャジーラはカタールの国策放送局ですが、カタールは貿易港建設計画でリビアと競合関係にあるなど、このところ経済的利害がリビアと対立しています」(同氏)

 それにしても、国際的に配信するニュース映像を捏造するなどということがありうるのか? ネットでは肯定派の意見として、「アメリカの支援のもと、カタールのドーハに作られたセットで撮影されたものだ」と、イランのテレビ局のインタビューで断言していているアメリカの歴史学者・ウェブスター・タープレー氏の映像も見受けられる。

 また、7月末~8月上旬にトリポリにいたというイタリア人女性が、「ロシアのテレビ局が放送したと思われる番組」(井上氏)のインタビューでこう話している。

kadafi02.jpgカダフィ・ガールとのウワサもあるイタリア
人女性のインタビュー映像。

「私がトリポリに到着した直後から、NATO軍は、テレビ局や病院、学校、民間の住宅への空爆を始めました。また、リビア国内ではカダフィ政権を支持するデモも盛んに行われていましたが、海外メディアはこれらをまったく報じず、反カダフィ政権のデモの様子として報じるメディアもありました」

 彼女も、海外メディアの姿勢について、「反乱軍が優勢であるという情報を流し、一刻も早くカダフィ政権崩壊後の新しい政権樹立に向け、国際的な動きを作ろうとする、欧米諸国の活動によるものだ」と分析しているわけだ。

 世界各地で発せれた「リビア報道は意図的に操作されている」という指摘は無視できない。だが、一方で、このイタリア人女性に対しては、ネット上で「以前テレビに映っていたカダフィ・ガールズ(カダフィ大佐の女性親衛隊)の1人に酷似している」と、カダフィ側も情報戦を仕掛けてきているとの指摘もあるのだから、何を信じていいのか分らないない状態だ。

「リビアは海外での諜報活動は、あまり得意ではありません。仮にイタリア人女性の証言が、何らかの勢力による”やらせ”だとすると、諜報活動に長けたロシアではないでしょうか。ロシアは、反ユダヤ資本の感情が強く、対抗するイスラム勢力をずっと支援して来ましたから。南アフリカ共和国、ナイジェリア、カメルーンその他のアフリカ諸国は、今年、自前の通信衛星の打ち上げに成功し、独自の通信技術で電話からインターネットまでを利用できるようになりました。これを実現できたのは、石油による莫大な資金を提供でき、衛星打ち上げ技術を持つロシアに顔が利くカダフィがいたからです。これにより西側諸国は、それらのアフリカ諸国からあげていた通信事業収入が年間5億ドルも失われたと言われています。これが原因でNATOはカダフィを攻撃していると、アフリカ諸国では騒がれていますし、おそらくロシアも反発しているのでしょう」と前出の井上氏は説明する。

 ということは、リビア内戦を通じて、欧米諸国とロシアが世界を股にかけた情報戦を繰り広げているのか? とも勘ぐってしまうが、今年6月に『ビンラディン抹殺指令』(洋泉社)を出版し、各国情報機関の動向に詳しい軍事ジャーナリスト・黒井文太郎氏は、そのような見方には否定的だ。

 「リビアの『緑の広場』の映像ですが、建物の形や色などは、カメラの角度や光の当たりなどで変わりますので、映像を見る限りでは、偽造とは言い切れませんし、その可能性は低いと思います」

 黒井氏によると、現代ではネットメディアなどの広がりにより、大掛かりな”やらせ”はバレやすく、結果的に自分たちの主張の信ぴょう性を疑われるというリスクが高まるので、あまり行われないという。しかし黒井氏も、CIAによるカダフィ軍への切り崩し工作や、SNSを活用した情報誘導工作は、実際に行われている可能性は高いと指摘する。

 リビアの映像の真偽は藪の中だが、いずれ、ハリウッド”制作”のニュース映像が、世界を動かす日が来る可能性もゼロではない!?
(文=編集部)

●ウワサのニュース映像「首都トリポリの緑の広場で勝利を祝う叛徒」はこちら
<http://www.youtube.com/watch?v=USRpu6FDkS4&feature=player_embedded>

アンタッチャブル山崎弘也の休日inリビア

遠い昔のことのようです。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 16:06

何を信じていいの? カダフィ政権崩壊をめぐる「偽造映像」騒動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真