日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > みうらじゅんさんの至言「アイドルライターってなんなの?」(前編)
【第28回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

みうらじゅんさんの至言「アイドルライターってなんなの?」(前編)

mj_akari001.jpg

 モテない、金ない、華もない……負け組アイドル小明が、各界の大人なゲストに、ぶしつけなお悩みを聞いていただく好評連載。第28回のゲストは、DVD『みうらじゅんの正しい保健体育』を発売された、みうらじゅんさんです!

[今回のお悩み]
「もう芸歴が9年目でして……」

――まさかみうらじゅんさんに人生相談できる日が来るなんて……感激です! はじめまして、アイドルライターの小明です!

 アイドルライターってなんなの?

――昔、エプドルというか、エプロンアイドルというのをやってまして、それから……。

 エプロンアイドルってなんなの?

――えーとですね、社長の趣味というか、ちょっと説明が難しいんですが、いろいろと長い道のりがあって……あっ! みうらさんはエロ本をスクラップするのが趣味ですよね!? 私のグラビアなんて絶対に知らないだろうと思って、デビューから今までの私のグラビアをスクラップしてきたので、良かったら!

 見せてー! (スクラップをめくりながら)……これ、どこの?

――多分「プレイボーイ」(集英社)かな?

 「プレイボーイ」は貼ってると思うんだけどなぁ。これ、「スコラ」(辰巳出版)のホワイトビキニーズ? ホワイトビキニーズも結構とってあるはずですけど、えーと、ちょっと待てよ?(ページがだんだんおかしな着エロへ)

――すみません、なにぶんちっとも売れませんで、えへへ……。

 良い感じに落ちましたね、これ! いい落ち方じゃないですか! あ!! これ、貼ってありますね!!

――本当に? やったー!! うれしい!!

 おお、これも、これも貼ってあります!!

――感激です!! ピークの時より落ちてからの方が目に止まっていたなんて! どの写真ですか? ……全然顔が写ってないグラビアばかりですけど、うれしいです! ありがとうございます!!

 いやいや、ストーリーが付けられるのを貼ってるんですよ。お、これも貼ってあるな。

――顔がなくてもうれしい! その後は『アイドル墜落日記』という本を洋泉社から出したり、『小明の感じる仏像』(エースデュース)っていう、私が仏像を見に行くだけのDVDを3本ほど出したり……これは恐らくみうらさんの『見仏記』(ジェネオン エンタテインメント)のパクリだと思うんですが……。

 アレはあなたか! そうか、そうか。分かった分かった。もう、モロですよね!

――いやぁ、すいませんでした……。

 いやいや、仏像は僕のものじゃないですから。

――で、最近の仕事としては、ゾンビになって「映画秘宝」(洋泉社)の表紙をやらせてもらったり……。

 そうか、コレもあなたか! 分かったぞ! いろんなところに手を出し過ぎているな!?

――ええ、まさに……! しかも、私、全部にわかなんですよ。すべてにおいて詳しくないし、すべてブームの後乗り。

 1個にした方がいいよぉ。

――貧乏性なのか、仕事が来たら断れないんです。仏像もまったく知らないけど受けちゃったし、ゾンビはたまたまジョージ・A・ロメロの映画を見たら盛り上がってしまってゾンビのメイクの練習をしていたら仕事が来るようになって……仏像もゾンビも好きなんですけど、うんちくが語れるほどではないという半端さ……。

 ちょっと新しくて、ちょっと古いね、やってることが。時代とマッチしすぎてるんだよ。もっと、”天狗”とか訳分かんないこと言わないと。

――……天狗ですか?

 そう、天狗。とりあえずゾンビの田んぼは結構やられてますよ! マイケル・ジャクソンだってやってるんだから!

――でも、こういう姿にならないと雑誌に載れないんです!

 確かに、ちょっと変わったことしないとね。もう、どっちかですよね。カルトと言われる路線にズッポリ行くか、今日から辞めるかですよ。

――今日から辞めた場合、このサイゾーの連載も終わってしまいそうです。食いっぱぐれます。

 サイゾーの連載は、こっち寄りなんですか?

――今までお話をうかがったのは、杉作J太郎さんに、玉袋筋太郎さんとか、伊集院さんとか……。

 伊集院だって、静じゃないでしょう? 光でしょう?

――もちろん! 「今、あなたは死にたいと思っているけど、それはもう直らないよ」って言われてちょっと楽になりました。

 死にたいと思っているの?

――死にたいというか、他人も信じられないし、何より自分が一番信じられない陰鬱な性格で……生きづらいので、いっそ何かを信仰したいくらいです。

 I don’t believe me! 自分なんて信じちゃダメ! どこか宗教みたいのに入ればいいじゃん、すぐ入れるよ!

――そうかな!? ちょうど本名も青木小明(あお・き・あか・り)な色とりどりで縁起が良さそうですし! でも友だちが少なすぎてどこからも誘われないです。唯一誘われたのは、20歳の誕生日に何もすることがなくてうろうろしていたら、手相の勉強をしている人に声をかけられて、うれしくて見てもらった時くらい。

 人としゃべりたいものね……。分かりますよ、僕も気づいたら消火器を買ってたことありますもん。

――消火器はまだ使えるから良いじゃないですか。私は入会費が64万円と言われて現実に戻りました。勧誘してきた女の子もかわいかったし、安ければ入ってましたよ。

 そういうところはかわいい子が多い! みんな美人だとついて行くからね。だから、勧誘する方法としてはうまいよ。あなたも入ったらそうなれるよ。

――えへへ、そうかな。私を勧誘した人は「定職についてないからローン組めないし貯金もない」というのを察して去って行きましたけど。お金が無い人間に用はないみたい。

 それはそうだ、そんな人を救ってる場合じゃないもんね。

――私、安い仕事しかしてないですし、普通にそんな額ポイッと払えないですよ。
中編につづく/取材・文=小明)

●みうら・じゅん
1958年、京都府生まれ。マンガ家・イラストレーターなど。80年、「ガロ」(青林堂)誌上でマンガ家デビュー。テレビ、ラジオ、スライドショーなど幅広い活動を展開している。DVD『みうらじゅんの正しい保健体育』(キュリオスコープ)発売中。

●あかり
1985年栃木県生まれ。2002年史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著『アイドル墜落日記』(洋泉社)、DVD『小明の感じる仏像』(エースデュース)発売中。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/
サイゾーテレビ<http://ch.nicovideo.jp/channel/ch3120>にて生トーク番組『小明の副作用』(隔週木曜)出演中

みうらじゅんの正しい保健体育 [DVD]
「これから始まる授業は、義務教育では決してありません」
性のカリスマ伝道師、みうらじゅん氏による、正しい保健体育の授業が幕を開ける!

累計10万部を突破した幻の名著「正しい保健体育」(イースト・プレス社)がついにDVD化!!
「どうしてセックスしてはいけないの?」「『恥ずかしい』というセンス」「童貞期に学ぶべきこと」――青少年期に誰もが抱える悩みの数々。若者に伝えるべき本当の「セックス」とは何か? 性のカリスマ”みうらじゅん”が放つ、童貞時代を生き抜くスタンダードDVDがついに完成!!

授業を担当するのは、教育実習生の柏木美里先生。赤裸々な「保健体育」の授業を真剣に生徒達に語りかる。
さらに、「正しい保健体育」の中でも重要な「自分塾」という考え。
この自分塾塾長が語るバカバカしいけど”目から鱗”な話も満載。

充実の特典映像は、ノリノリで収録に挑むみうらじゅんによる「自分塾塾長みうらじゅんの『正しいアテレコ』」。
さらには原作者と主演の2人の本音!? が分かる「対談:みうらじゅん×柏木美里 正しい性教育の現場」や、柏木先生の「NGテイク集」などを多数を収録!!

大好評発売中!!2,625円(税込)

2011年/本編48分+特典47分/カラー/16:9/ステレオ
出演: みうらじゅん 柏木美里 福島勝美
ディレクター: 西巻正和  
エグゼクティブプロデューサー: 市村亮
発売・販売元: 株式会社キュリオスコープ
販売代理: 有限会社アルドゥール
(C)CURIOUSCOPE

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第27回】 山路徹さんの至言「バラエティーが怖いようでは戦場に行けないですよ」
【第26回】 浅草キッド・玉袋筋太郎さんの至言「相手がクンニしてる顔を思い浮かべなさい」
【第25回】 前田健さんの至言「自分は赤毛のアンの生まれ変わりだと思ってる」
【第24回】 叶井俊太郎さんの至言「結婚したければ高2で100人斬りの男を探しなさい!」
【第23回】 須藤元気さんの至言「僕の本なんて、ギャグみたいなものですよ」
【第22回】 オアシズ大久保佳代子さんの至言「本当はOLを辞めたくなかったんだよなぁ……」
【第21回】 Kダブシャインさんの至言「宇多丸は、Kダブをシャインさせない」
【第20回】 楳図かずおさんの至言「世界を相手にやっている人は、友達作っちゃうと危ない!」
【第19回】 キングオブコメディさんの至言「いつ辞めてもいいから、続けられるんです」
【第18回】 バカリズムさんの至言「モヤモヤは、そのまま持ち帰って立ち向かいます」
【第17回】 島田秀平さんの至言「小明さんの手相にはアブノーマル線があるんです」
【第16回】 小森純さんの至言「写真のチェックとか、自分では一切しないんです」
【第15回】 堀江貴文さんの至言「もうメジャー路線っていうものは存在しないかもしれない」
【第14回】 稲川淳二さんの至言「自分の子どもを殺そうか、と思った自分が一番怖かった」
【第13回】 蝶野正洋さんの至言「自分の役割の中で、最大限に光らなきゃならない」
【第12回】 有野晋哉さんの至言「アイドルは『育ちがええねんなー』っていうのが大事です」
【第11回】  鳥居みゆきさんの至言「やりたくないこと、やらないだろうな、ってことをやるの」
【第10回】  宇多丸さんの至言「人にはだいたい『ちょうどいい』ところがあるんです」
【第9回】  桜木ピロコさんの至言「あたしいつもだいたいいやらしいことしてるもん!」
【第8回】 伊集院光さんの至言「結局、うんこを食うしかない状況になるんです」
【第7回】 ルー大柴さんの至言「ライフっていうのはマウンテンありバレーありです」
【第6回】 大堀恵さんの至言「私、いつも『アンチ上等』って思ってるんです」
【第5回】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:00

みうらじゅんさんの至言「アイドルライターってなんなの?」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真