日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「8割引きでも入札ゼロ!」JYJの3万人コンサートが大ピンチ ファン同士のトラブル予告も

「8割引きでも入札ゼロ!」JYJの3万人コンサートが大ピンチ ファン同士のトラブル予告も

jyj1011.jpg『The…(ジャケットA)』(rhythm zone)

 東方神起分裂騒動で係争中の韓国男性アイドルユニットJYJがまたしてもピンチだ。今月15・16日に開催を予定している”3万人コンサート”のチケットがネットオークションに大量出品され、大幅に値下げされているにもかかわらず買い手がつかないという異常事態になっているという。

「今回のコンサートは、毎年ロック・イン・ジャパン・フェスティバルが行われている国営ひたち海浜公園で開催されるとアナウンスされています。チケットは1万~1万5,000円程度と高額ですが、イス席・立ち見を合わせて3万人を動員する予定だそうです」(芸能誌記者)

 だが、実際にはオフィシャルでもまだ立ち見チケットが販売されており、ネット上のオークションサイトで3,000~5,000円という破格値で出品されている物についても、ほとんど入札されずに放置されている状態だ。


 東方神起の所属事務所SMエンターテインメントによる「奴隷的契約」から逃れるために新事務所C-JeSエンターテインメントを設立したとされるJYJだが、それ以降、公演の開催をめぐってはトラブルが後を絶たなかった。今年6月にはさいたまスーパーアリーナで予定されていたコンサートが直前になってキャンセルされ両国国技館に変更されるなど、不透明な動きを見せていた。

「国内大手芸能メディアはJYJの動向を一切報じない状態が続いていますし、JYJの公演も、早い段階で会場を発表してしまうと、なんらかの圧力によって公演自体が危うくなってしまう。以前、チャリティーイベントの告知が各種ネットニュースに掲載されたものの、その数時間後に削除されたこともありました。そんな経緯もあり、チケット発売のプロモーションは難しく、売り出しの対応も遅くなったりしてしまいますから、仕方ないといえば仕方ないでしょう。また、ファンの間では、コンサートをする際の協賛やスポンサーもつきにくくなっているのでは? とウワサされています」(同記者)

 また、韓国ではJYJの新曲「ピエロ」の歌詞が、特定の人物=SMエンターテインメント会長のイ・スマン氏を非難していると捉えられて放送禁止となったばかりだが、日本でも同様に芸能活動の幅がせばめられていることもあって、JYJファンは現在のユンホとチャンミン2人体制の東方神起に対して恨みを抱いているものも少なくないという。

「東方神起の日本のファンクラブ「Bigeast」の赤い公式タオルは東方神起ファンの象徴のようなものなのですが、逆にJYJファンからすると、恨みの気持ちがわいてきてしまうようです。ところが、今でも5人の東方神起に戻ってほしいと思うファンはBigeastタオルをひたちなかのイベントに持っていこうとしているようなんです。それを知った過激派のJYJファンは、ひたちなかでBigeastタオルを見たら、東方神起への抗議の意味を込めて『ハサミで切り刻む!』と言っているようです。もちろん、大半のファンは『そんなことしても意味ないよ……』という意見のようですが」(ファン)

 混乱が続くJYJと東方神起の関係だが、このまま問題が長引けばファン同士の関係まで”分裂”してしまいそうだ。

The…(ジャケットA)

The絶体絶命。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/11 11:54
こんな記事も読まれています

「8割引きでも入札ゼロ!」JYJの3万人コンサートが大ピンチ ファン同士のトラブル予告ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真