日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大人気子役・芦田愛菜ちゃん 撮影現場では「芦田さん」と呼ばれている!?

大人気子役・芦田愛菜ちゃん 撮影現場では「芦田さん」と呼ばれている!?

ashidamana.jpgこの人気、いつまで続く?

 春のフジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で大ブレークした人気子役・芦田愛菜の勢いはとどまることを知らない。先日放送された同ドラマのスペシャル版は平均16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマーク。改めて愛菜ちゃんが数字を”持っている”ことが分かった。

 SMAP木村拓哉主演のTBS系ドラマ『南極大陸』にも、愛菜ちゃんは人気に陰りの見え始めるキムタクサイドから三顧の礼を持って迎え入れられたという。

 子どもを使って視聴率を稼ぐという行為は古くからの手法ではあるが、現場での愛菜ちゃんの振る舞いは意外にも大人顔負けなのだという。

「愛菜ちゃんは以前から劇団に入っており、小さいのに役者としてのプロ意識は人一倍。現場で笑顔を振り撒き、キムタクをトリコにする一方、スタッフやADが露骨に子ども扱いするとムスっとするんです」(テレビ関係者)

 台本も前日までにちゃんと読むなど勉強熱心。にも関わらず、スタッフが「ちゃんと(台本)覚えてきたかな?」とでも言おうものなら、愛菜ちゃんは「覚えてきたよ!」と語気を強めるという。

「現場で彼女のことを『愛菜ちゃん』と”ちゃん付け”で呼べるのは、共演する役者さんだけ。事情を知っているスタッフは『芦田さん』と呼んでいますよ。これは本人だけではなく、彼女の両親の意向も働いているそうです」(芸能プロ関係者)

 愛くるしい姿とは対照的に、愛菜ちゃんの心はすでに”大人”なようだ。

パンダのゆめ

のんちゃんのことも忘れないで!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 19:33

大人気子役・芦田愛菜ちゃん 撮影現場では「芦田さん」と呼ばれている!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真