日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 大人気子役・芦田愛菜ちゃん 撮影現場では「芦田さん」と呼ばれている!?

大人気子役・芦田愛菜ちゃん 撮影現場では「芦田さん」と呼ばれている!?

ashidamana.jpgこの人気、いつまで続く?

 春のフジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)で大ブレークした人気子役・芦田愛菜の勢いはとどまることを知らない。先日放送された同ドラマのスペシャル版は平均16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマーク。改めて愛菜ちゃんが数字を”持っている”ことが分かった。

 SMAP木村拓哉主演のTBS系ドラマ『南極大陸』にも、愛菜ちゃんは人気に陰りの見え始めるキムタクサイドから三顧の礼を持って迎え入れられたという。

 子どもを使って視聴率を稼ぐという行為は古くからの手法ではあるが、現場での愛菜ちゃんの振る舞いは意外にも大人顔負けなのだという。

「愛菜ちゃんは以前から劇団に入っており、小さいのに役者としてのプロ意識は人一倍。現場で笑顔を振り撒き、キムタクをトリコにする一方、スタッフやADが露骨に子ども扱いするとムスっとするんです」(テレビ関係者)

 台本も前日までにちゃんと読むなど勉強熱心。にも関わらず、スタッフが「ちゃんと(台本)覚えてきたかな?」とでも言おうものなら、愛菜ちゃんは「覚えてきたよ!」と語気を強めるという。

「現場で彼女のことを『愛菜ちゃん』と”ちゃん付け”で呼べるのは、共演する役者さんだけ。事情を知っているスタッフは『芦田さん』と呼んでいますよ。これは本人だけではなく、彼女の両親の意向も働いているそうです」(芸能プロ関係者)

 愛くるしい姿とは対照的に、愛菜ちゃんの心はすでに”大人”なようだ。

パンダのゆめ

のんちゃんのことも忘れないで!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 19:33
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真