日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 『ワンピース』頼りで後がない!? 増刊を乱発する「ジャンプ」はもう、死んでいる!?
「ジャンプ」増刊の(裏)事情【1】

『ワンピース』頼りで後がない!? 増刊を乱発する「ジャンプ」はもう、死んでいる!?

【プレミアサイゾーより】

──2010年末より「ジャンプ」の名を冠するマンガ雑誌が急増している。60年代より少年マンガ誌のトップとして君臨する「少年ジャンプ」の内情と共に、現在の「ジャンプ」増刊ラッシュの舞台裏を追った。

1112_jump_ill_n.jpg(絵/magma giants)

「週刊少年ジャンプ」(以下、「少年ジャンプ」)は、いわずと知れた集英社発行の日本一売れているマンガ誌である。1968年の創刊後、70年代以降少年マンガ市場のトップをひた走り、ピーク時の90年代半ばには653万部というマンガ誌の最高発行部数を記録した。しかし、その後は雑誌不況もあり部数は右肩下がり、近年は300万部弱で推移している。とはいえ、ライバルである講談社の「週刊少年マガジン」が153万部、小学館の「週刊少年サンデー」が63万部【※いずれも11年1~3月期】という状況を鑑みれば、今でも圧倒的な部数を誇っていることに変わりはない。

 また、「ジャンプ」ブランドは青年向けの「週刊ヤングジャンプ」(79年創刊)や中年向けの「ビジネスジャンプ」(85年創刊)など、数々の派生誌を生み出した。本章では、そんな「少年ジャンプ」と「ジャンプ」系雑誌の裏側を、「ジャンプ」関係者や集英社社員の言葉から読み解いてみたい。

 まず、その現場である編集部とはどういうところなのだろうか? 集英社に出入りするジャーナリストによれば、「ジャンプ」系雑誌は、少年誌グループ(「少年ジャンプ」「ジャンプスクエア」「Vジャンプ」)と青年誌グループ(「ヤングジャンプ」「ウルトラジャンプ」「ビジネスジャンプ」ほか)でフロアが分かれているという。「どちらのフロアも体育会系ですが、少年誌フロアのほうが花形部署ということもあり、数字にシビアな気がします」。そう語るのは「ジャンプ」関係者。集英社社員が「結局、ウチの収益は『少年ジャンプ』がほとんど出していますからね。社内では、『少年ジャンプ』を、冗談交じりに『ジャンプさまさま』って呼んでますよ(笑)」と語るように、自他共に「少年ジャンプ」がマンガ事業の柱、というより集英社そのものの柱であるという認識があるようだ。

「『少年ジャンプ』の編集部員は全部で30人ほどで、毎年必ず2~3人の新卒が入ってきます。だから玉突きで同じ人数だけ異動になるんですけど、なにしろ花形部署ですから、みんな残ろうと必死です」(前出の関係者)

 事実、集英社の現社長・堀内丸恵氏も「少年ジャンプ」出身で、「少年ジャンプ」編集部は集英社のエリート集団といえるだろう。ちなみに、原則としてほかの編集部から「少年ジャンプ」に異動することはなく、基本的に新卒で配属されない限り「少年ジャンプ」編集部員にはなれないそうだ。前出の集英社社員によれば、『Dr.スランプ』(鳥山明)に登場するマシリトのモデルとしても有名な鳥嶋和彦氏(現専務取締役)が「少年の心がわからないと、少年マンガは作れない」と発言した、という話もあり、編集部員は全員男性で、20代が多いという。「少年の心」とは少し違うかもしれないが、同社員はこんなエピソードも語ってくれた。

「本採用された新人は、組合の前で挨拶スピーチをするんですが、無難にこなす人が多い中で、『少年ジャンプ』の新人は一発芸をします。あと、編集部の部署旅行で、寝ている新人の裸をケータイで撮って、その新人のアドレス帳に入ってる女性全員にメールで送信したりと、内輪で盛り上がっている印象があります」

■単行本が当たるまでタマを打ち続ける!?

 そんな「少年ジャンプ」の今の看板作品といえば、97年に連載が始まった『ワンピース』(尾田栄一郎)である。発行部数は、最新64巻が初版400万部、累計2億5000万部と絶好調ではあるものの、社内では「『ワンピース』が終わったらどうするの?」といった話は絶えないようだ。実際、『ワンピース』に続くヒット作『NARUTO』(岸本斉史)と『BLEACH』(久保帯人)はいずれも10年選手で頭打ち、中堅も伸び悩んでおり、次世代の「少年ジャンプ」を担う新人が出てくる気配もない。

 このような状況を受けて気になるのが、10年末からの増刊ラッシュである。07年に、「月刊少年ジャンプ」の新装版として創刊された「ジャンプスクエア」が、創刊号、第2号共に重版がかかり、「ジャンプ」ブランドの健在ぶりをアピールしたことは記憶に新しいが、10年末から11年半ばにかけては、「ガールズジャンプ」「アオハル」「ミラクルジャンプ」「ジャンプ改」と、実に4誌もの新雑誌が誕生している。

■プレミアサイゾーとは?
雑誌サイゾーのほぼ全記事が、月額525円で読み放題!(バックナンバー含む)

【プレミアにはこんな記事も!】
マンガ最大のタブー『ワンピース』──誰も語らないヒットの真相【前編】
元「週刊少年ジャンプ」カリスマ編集長の秘策とマンガ業界への愛のムチ
「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」……エロは読み切り・短期集中連載!? ここがエロいよ、メジャー少年マンガ誌

最終更新:2011/11/23 10:30

『ワンピース』頼りで後がない!? 増刊を乱発する「ジャンプ」はもう、死んでいる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真