日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 吉井怜がセクシーなボンテージ姿で悩殺!『寄性獣医・鈴音 GENESIS』

吉井怜がセクシーなボンテージ姿で悩殺!『寄性獣医・鈴音 GENESIS』

suzune.jpg(C)2011『寄性獣医・鈴音』製作委員会

 ビッグバジェットの娯楽超大作や家族でも楽しめる品の良い映画ならハズレも少ないが、少ない予算の制約を創意工夫と過激な描写でカバーするB級映画の味わいもまた格別だ。今週はそうした低予算B級映画の中から、エロ・グロ・バイオレンスやスタイリッシュな表現で個性を放つ掘り出し物の3本を紹介したい(いずれも11月26日公開)。

 『寄性獣医・鈴音 GENESIS』(R15+指定)は、成人向けコミックも手がける漫画家・春輝の原作を吉井怜主演で映画化した作品。人体に寄生し宿主を激しく発情させる謎の寄生虫がはびこる都会で、セクシーな肢体と高い身体能力を備える美人獣医・鈴音は、寄生虫の駆除に明け暮れていた。幼いころに失踪した父親の寄生虫学者と、悪の組織・鬼頭財閥が寄生虫の増殖に関与していることを知った鈴音は、真相を確かめるため鬼頭財閥の拠点に乗り込み、戦いを挑む。

 1,500万ダウンロードを記録した人気ケータイ配信コミック『寄性獣医・鈴音』を2編で実写映画化した『寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION』の前編。金田龍監督をはじめ、テレビ版『牙狼〈GARO〉』(テレビ東京系)のスタッフが制作にあたった。これまで清純派のイメージが強かった吉井怜が、胸の谷間を強調した大胆なコスチュームをまとい、本格的なアクションに挑戦して新境地を開拓。共演陣も、『恋の罪』の神楽坂恵がムチを振るう教官役、久保ユリカがメイド姿の敵役でそれぞれ妖艶な魅力を放っている。

 続いて『ホーボー・ウィズ・ショットガン』(R18+)は、ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノの『グラインドハウス』の流れをくむバイオレンスアクション。初老のホーボー(流れ者)が貨物列車で流れ着いた街は、犯罪組織のボス・ドレイクによって牛耳られ、暴力が横行する無法地帯だった。ドレイクの息子や警察の暴力にいったんは屈するホーボーだったが、質屋で手にしたショットガンで強盗を射殺してから、次々と犯罪者を血祭りにあげていく。

 ロドリゲス監督とタランティーノ監督が07年に2本立て映画『グラインドハウス』を公開した際、フェイク予告編(実在しない映画の”予告編風”映像)『マチェーテ』が熱狂的な支持を集めたことを受けて、実際に長編映画『マチェーテ』が製作された(10年公開)。実はこの『ホーボー・ウィズ・ショットガン』も、『グラインドハウス』公開に合わせて開催されたフェイク予告編コンテストでグランプリを獲得した映像が元になっており、受賞者のジェイソン・アイズナーは本作で長編映画監督デビューを果たした。血みどろの残虐シーンが5分に1度登場する超過激な脚本に、低予算ゆえの安いギャラという悪条件にもかかわらず、『ブレードランナー』(82)のルトガー・ハウアーが監督と意気投合して主演を快諾。ボロボロになりながらも孤軍奮闘して悪者たちをドッカンドッカンと撃ち抜くシブカッコイイ役どころを熱演している。ホーボーを助ける娼婦役のモリー・ダンズワースもキュートで、今後の活躍が期待される。 B級アクション映画好きなら見逃せない1本だ。

 最後の『ブラッディ・パーティ』(PG12)は、現代の都市に暮らす女バンパイア集団の生態と運命を描くドイツ発のスリラーアクション。ベルリンで盗みを働いて過ごしていた少女レナは、ある夜クラブで出会った謎の美女ルイーズに首筋をかまれ、バンパイアになってしまう。血を求め、太陽光に当たると肌が焼けこげる体の異変に当初は戸惑うが、美しく生まれ変わった自分の姿にやがて陶酔するように。4人の女バンパイア仲間が夜な夜なパーティを楽しんでいたところへ、レアを追っていた若い男性の捜査官が現れ、バンパイアたちの関係が微妙に変化していく。

 『パフューム ある人殺しの物語』(06)のカロリーネ・ヘルフルトが、ボーイッシュな不良少女から妖しい魅力を放つ大人の女へ変貌するレナを見事に演じきった。監督は危険な心理実験を描いた『ウェイヴ』(09)でドイツ国内興収1位を記録したデニス・ガンゼル。アクションシーンでのCGの使い方も洗練されており、意外に豪華なセットや効果的なジャーマンテクノのBGMと相まってスタイリッシュな映像世界が楽しめる。『トワイライト』シリーズや『ぼくのエリ200歳の少女』(およびハリウッドリメイクの『モールス』)など、新世代バンパイア映画のファンなら要チェック。また、先に紹介した2作品に比べると暴力的・性的描写が抑えめで映倫による区分がPG12となったため、より幅広い世代が鑑賞できる点も歓迎したい。
(文=映画.com編集スタッフ・高森郁哉)

『寄性獣医・鈴音 GENESIS』作品情報
<http://eiga.com/movie/57137/>

『ホーボー・ウィズ・ショットガン』作品情報
<http://eiga.com/movie/57240/>

『ブラッディ・パーティ』作品情報
<http://eiga.com/movie/57225/>

寄性獣医・鈴音 1

セクシー。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/10 14:28

吉井怜がセクシーなボンテージ姿で悩殺!『寄性獣医・鈴音 GENESIS』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真