日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「民放並みの番宣垂れ流しも……」NHK大河『平清盛』初回17.3%の衝撃

「民放並みの番宣垂れ流しも……」NHK大河『平清盛』初回17.3%の衝撃

tairanokiyomori_bb.jpgNHK大河ドラマ『平清盛』公式サイトより

 8日にスタートしたNHK大河ドラマ『平清盛』初回視聴率が17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。大河ドラマとしては2006年度の『功名が辻』以来の初回20%割れとなり、歴代でも1989年の『春日局』(14.3%)、77年の『花神』(16.5%)に次ぐ史上3番目の低視聴率スタートとなる。

「今回の大河に、NHKは史上最高の制作費をつぎ込んだといわれています。脚本には朝ドラ『ちりとてちん』でスマッシュヒットを飛ばした藤本有紀を起用し、他番組での番宣(番組宣伝)も民放並みに垂れ流した。その結果のワースト3位という視聴率ですから、局内はお葬式ムードでしょうね」(ドラマライター)

 昨年の『江~姫たちの戦国』が全話平均17.7%と数字が奮わなかった上、内容の低評価も局内には伝わっているというだけに、今回は盤石の態勢で臨んだはずだったが……。

「やはり主演が松山ケンイチでは訴求力が弱かったんでしょうね。それと、深田恭子が11歳役を演じるという話題で売ろうという魂胆もあったようですが、それこそ前作『江』で上野樹里が子ども役を演じて散々の評価だったこともあり、視聴者に『またか……』というイメージを与えてしまっている。松田聖子の起用にいたってはまったく意味が分かりません。大河に対しては”本格ドラマ”を期待する視聴者が多いので、変に話題性を煽るのではなく、あくまで内容で勝負してほしいところですが」(同ライター)

 ちなみに、本作同様に平清盛がストーリーの中心で、仲代達矢を主演に据えた72年の大河『新・平家物語』の初回視聴率は、くしくも本作とまったく同じ17.3%だった。『新・平家物語』の全話平均は21.4%。まずはこの数字が目標になりそうだ。

NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本

頑張れ、パパ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 19:59

「民放並みの番宣垂れ流しも……」NHK大河『平清盛』初回17.3%の衝撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

瓜田純士「人生3回目の花が咲く?」

 東京五輪イヤーが幕を開け、日本は果たしてどう変わるのか? 千里眼とプロファイル力を...
写真