日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 「調子にだけは乗りたくない!」サブカル界を賑わす”劔樹人”って誰?
暴走する鬼束ちひろを操るナゾの男

「調子にだけは乗りたくない!」サブカル界を賑わす”劔樹人”って誰?

IMG_9746_.jpg

 劔樹人32歳、あるときは「神聖かまってちゃん」「撃鉄」のマネジャー、またあるときは鬼束ちひろに振り回されるネット番組の司会者。そしてバンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとしてライブ活動をし、最近は雑誌の連載なども手掛ける。

 取材部屋に着いた彼に「インタビュー中も写真撮ります」と伝えても、「はい」と答えるばかりで髪形も衣服も全く整えようとする気配がない。これは人前に出る人間なのか、それとも裏方なのか……かたくなに素のままで勝負しようとする彼の正体を暴くべく、話を聞いた。

――今日はよろしくお願いします。ぶしつけですが、いつも前髪短いですね。

劔樹人(以下、劔) これ自分で切ってるんですよ。僕、初対面の人への苦手意識が強くて、大学以降は美容院に行くのやめちゃって、自分で切るようにしたんです。そうするとこれが不思議なことに、見える範囲は切れるけど、見えないところは切れないっていう問題が出てきまして。

――目が前に付いてるから、前髪をたくさん切っちゃうと。

 そうなんです。それにカッコつけたい気持ちはめちゃくちゃあるんですけど、僕がモテヘアとかしたら「お前がやったら馬鹿だろう」って言われるんじゃないのかなって。

――誰にですか?

 分かんないですけど、言われるんじゃないですかねえ。僕、この変な自意識が昔からほんと治らないんですよ……。

――そんな劔さんは最近、活動の幅が広すぎて、もはや何の人か分からない感じになってきてますけど、本業はバンドのマネジャーさんですよね。

 株式会社パーフェクトミュージックの社員として、マネジメントやプロモートをしてます。

――パーフェクトミュージックに入ったきっかけは?

 渋谷の「LUSH」っていうライブハウスでブッキングのバイトをしてたときに、今の社長から誘われたんです。そのときにちょうどネットで見たかまってちゃんが気になっていたので、会社に入ってかまってちゃんのマネジメントを始めたって感じですね。

――本業以外の仕事に関して、会社は寛容なんですか?

 うちの社長は、僕にアーティストっぽいことをやらせたいって気持ちがちょっとあるんです。僕も頼まれたことはやりたいと思ってるので、いろいろやらせてもらってます。ただ、僕が逮捕されたときの肩書きは「会社員」になると思いますし、お給料もいただいてるのでそこは裏切れないという感じですね。

――かまってちゃんのファンからは「5人目のメンバー」として見られていると思うのですが、マネジャーが目立つことについてはどうお考えですか?

IMG_9708_.jpg

 僕の場合、狙ってやったわけじゃなくて、成り行きでそうなったんですが……。ただ、バンドを”自分を含めて見せる”ことで、ほかと差が生まれるならそれも悪くないんじゃないかなって気はしてます。それに昔から「自分の名前で仕事したい」という夢があるので、それにちょっとは近づいてきてるのかなと。

――前に出ることで批判を受けることはありますか?

 もう批判なんて死ぬほどありますよ。僕を”サポートする人間”だと思ってる人は「でしゃばんなよ」とか「プロフェッショナル性に欠ける」って言いますし。でも「頑張るんで許してください」としか言えないっすよ……。

――自身のブログでも「調子に乗ってる」と言われることへの恐怖心について綴ってらっしゃいましたが。

 その恐怖心はめちゃくちゃありますね。僕、本当に調子にだけは乗りたくないと思ってるんです。初心を忘れると必ずツライ目に遭うし、上に行ったところで落ちるんで。

――昨年4月に公開された映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(入江悠監督)では、重要な役どころを演じてましたが、出演オファーが来た時、”その恐怖心”はよぎりませんでしたか?

 あのときは一応、劇中にドキュメンタリーシーンがあって、そこに自分がいたんで、自分が演じざるを得ない……っていうのを言い訳に自分の中で納得しましたね。でも僕もずっとバンドをやってる人間なので、”出たがり”っていうのは否めないというか……。でも一流の裏方の人は表には出てこないから、やっぱり僕って中途半端ですよね……。

――でも劔さんが器用だからこそなせるワザですよね。

 器用貧乏ってやつですかね。でもそのせいでほかにない感じの立ち位置にはなってきたので、これからは道なき道を行くのみって感じです。

■中心人物になるのは最初っからあきらめている

――映画のほかにも、昨年9月にスタートした『鬼束ちひろの包丁の上でUTATANETS』(ニコニコ動画)にMCとして出演されてますが、毎回どんな心境でやられてるんですか?

 普通の司会をやるならプロの司会者や芸人さんがやったほうがうまいわけですから、僕は自分の立場を考えて「鬼束さんに振り回されつくさないと」って気持ちでやってます。あんなにエネルギーがあって人間力の高い人と接することってあまりないので、毎回わくわくしてますね。鬼束さんて台本とか関係ないし、何考えてるのかは全然分からないので、不安はめちゃくちゃありますけど。

――番組中は、鬼束さんも楽しそうですよね。

 鬼束さんがやりたいと言ったことをやってる番組ですから。「闇鍋やりたい」とか「黒ひげ危機一発やりたい」って言ったら、単純にそれをやるだけです。みんな鬼束さんのことを「変わった」って言いますけど、鬼束さんが昔に出た『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」の動画とか見ると、外見以外はそんなに変わってないんですよ。

――みんなが気付かなかっただけなんですね。さらに昨年は、杉作J太郎さん主催の『エアセックス世界大会』で優勝されたとか(笑)。

 あれは別に僕が普段からエアセックスをやってたわけじゃなくて、杉作さんからある日、「いざ鎌倉」ってタイトルのメールが送られてきて、何だろうと思って見たら「エアセックス選手の皆さんお疲れ様です」って大会の詳細が送られてきたんですよ。「いざ鎌倉」と言われたらもうやるしかないじゃないですか。そしたら優勝してしまったっていう。まあ、ビギナーズラックですよ。

――どこが評価されたんですか?

 審査員の評では、「エアセックスの世界に『顔芸』という新しい風を吹き込んだ」って言われました。その場にいた杉作さんや吉田豪さんが、昔から僕の顔を面白いって言ってくださるんですよ。

――そんな活動の一方で、ピアニカ・ダブエレクトロバンド”あらかじめ決められた恋人たちへ”のベーシストとしてクールなプレイを見せてますが。

IMG_9744_.jpg

 あれは池永正二っていう中心の人がいて、そっちの世界観に引っ張られてるんです。僕、そもそもああいうかっこいい感じのことをやる人間じゃないんで、ほかでしょぼい感じにしてバランスをとらないと気が済まなくて。

――の子さんのような”中心人物になりたい”という気持ちは?

 それはもう最初からあきらめてます。僕は若い頃から自分の限界を常に意識してて、何かやりたくても自分ができないなと思ったら、「それを支える立場だったらできるんじゃないか」ってほうにシフトしてきたんです。それがバンドのベーシストであったり、マネジャーであったり、司会進行の男であったりするんだと思います。

――そんな活動の広さが評価されて、昨年末には『大根仁が選ぶ2011 マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞されたわけですが。

 昨年は、自分のバンドもそれなりに人気が出てきたし、いろいろやることによって、まとめていい感じになれたかなとは思ってます。

■アイドルをプロデュースしたい!

――ところで劔さんといえばアイドル好きとしても有名ですが、現在はKARAにお熱だそうで。KARAの魅力は?

 KARAはみんなかわいいし、キャラも立ってるし、戦隊ものみたいな感じがいいですよね。でも実はKARAって、韓国ですごい苦労してたストーリーがあるんですよ。そういう雑草魂も含めてグッとくるんですよね。

――劔さんにとってKARAとはどんな存在ですか?

 ふと一人になった時に、唯一考えることですね。そこを持っとけば足取りも軽く歩いていこうって気持ちになれるっていうか。そうでなかったら気の重いことばっかりなんで。

――劔さんの推しメンはどなたですか?

 二コルなんですけど、これもまた悩んでて……。最近、メンバーの人間性を見てたら、僕と性格が合うのはハラちゃんじゃないかって思いだしちゃって……。ハラちゃんの男らしい性格とかを見てると、「この子はきっと僕のことを分かってくれるなあ」みたいなことを勝手に思うんですよね。それからというもの、ほんと……ちょっと……どうしよう……。いっそのこと、二コルに一度、フラれたらいいと思うんですけど、会ったこともないし……。

――悩んでるんですね……。劔さんはよく「アイドルグループを作りたい」と発言されてますが、具体的な構想はありますか?

 Perfumeやバニラビーンズみたいに、音楽で付加価値を付けたいですね。そのほうがブレてなくていいと思うんです。音楽性をどんどん変えることで失敗し続けてるアイドルって、大人に振り回されてるみたいでかわいそうじゃないですか。だからアイドルが一緒に成長していく感じは、音楽も込みで見てみたいなって思います。今年はそこまで手がまわれば、ぜひアイドルを作りたいですね。

――今日はいろいろお話いただきありがとうございました。最後に日刊サイゾー読者へメッセージがあれば。

 僕、男気への憧れがずっとあって、『トラック野郎』(菅原文太演じる”一番星桃次郎”が主人公の映画シリーズ)が大好きでして。より具体的に自分の中に『トラック野郎』イズムを入れるために、今後、星柄の服を中心に着ていくことに決めたんです。だから星柄の服があったらみなさん教えてください!
(取材・文=林タモツ)

●つるぎ・みきと
1979年新潟県生まれ。「神聖かまってちゃん」、「撃鉄」のマネジャーを務めるかたわら、「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベース担当。(株)パーフェクトミュージック所属。

男の花道

Jさんを敬愛しているそうで。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/09 18:04

「調子にだけは乗りたくない!」サブカル界を賑わす”劔樹人”って誰?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真