日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48高橋みなみ母の淫行逮捕 時事・共同以外の大手マスコミは”事務所の意向”でスルー

AKB48高橋みなみ母の淫行逮捕 時事・共同以外の大手マスコミは”事務所の意向”でスルー

609J6943.jpgAKB48実質リーダーのピンチを
どう乗り切る?
(c)AKS

 いまやAKB48のスキャンダルを報じる希少なメディアとなり、これまでも数々のスクープを報じてきた「週刊文春」(文藝春秋)だが、2月16日号でも爆弾級のスクープが掲載された。

 グループ全体のリーダー格でもある高橋みなみの母親が15歳の少年との淫行容疑で逮捕され、書類送検されていたというこのスクープ。この事件は昨年10月、傷害事件で3人の少年が逮捕された際に、そのうちのひとりが、高橋の母親と性的関係にあったことを告白したことで発覚したというのだ。

 高橋の母親は八王子署の事情聴取に対し、「長男の先輩にしつこく迫られ、仕方なく関係を持った」と供述。高橋の母は、同誌の直撃取材に対しノーコメントだったが、弟は「おふくろがパクられたのはおかしいと思う。ただそれだけ」と事件を認めているという。

「高橋の私服はアイドルらしからぬヒョウ柄のジャージだったりしてヤンキー丸出しなのはファンの間でも有名だったが、ここまで複雑な家庭環境だったとは驚き。所属事務所は大手の『プロダクション尾木』で、各スポーツ紙やテレビ局は確認に走ったが事務所サイドは『高橋の母親はレイプされた被害者。その辺の事情は考慮してほしい』と説明したため、各社扱いを見送ったのだが……」(スポーツ紙デスク)

 「文春」の発売前日となる7日午後の早い時間には、すでにマスコミ各社は同誌を入手していたものの、夕方までには扱いを見送ることを決定していたようだ。しかし、共同通信と並ぶ2大通信社である時事通信が午後4時過ぎにこの記事を追加取材したニュース記事を配信した。

 同社は警視庁少年事件課に取材して事実関係を確認した上で、高橋の名前こそ伏せたものの、メンバーの母親が東京都青少年健全育成条例違反容疑で逮捕、すでに略式起訴され、50万円の罰金刑が確定していることを報じた。

 時事に遅れ、午後7時過ぎに今度は共同通信が”1月中旬に逮捕されていた”という新たな情報を加えて記事を配信。

 各スポーツ紙などはまったく扱っていないニュースだけに、両通信社の公式サイトに掲載された記事はかなりのアクセスを集めたと思われる。

「通信社は自社の媒体がサイトしかなく、特に地方支局の記者はせっかく原稿を書いてもそれがすべて記事配信している加盟者の新聞の紙面を飾るわけではない。そのため、どの記者も確実に扱われそうなニュースの取材は張り切る。人気絶頂のAKB関連のスキャンダルとあればなおさらで、文春の後追いとはいえ、大急ぎで警視庁に取材し配信したようだ。スポーツ紙やテレビ局のように普段からAKBを大々的に扱っているわけではないからこそやれた記事だが、両通信社とも芸能取材をする記者もいるので、高橋の名前は伏せたのだろう」(全国紙社会部記者)

 いくら名前を伏せたところで、「文春」はすでに発売中であり当該メンバーが高橋であることは一目瞭然。両通信社の”配慮”はあまり効果がなかったようだ。

高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』

「AKB48とは、高橋みなみのことである」――秋元康

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/11 12:33

AKB48高橋みなみ母の淫行逮捕 時事・共同以外の大手マスコミは”事務所の意向”でスルーのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真