日刊サイゾー トップ > カルチャー  > あまりの心地よさにウトウト……のら猫ファン垂涎のDVD『のら猫ニッポン』

あまりの心地よさにウトウト……のら猫ファン垂涎のDVD『のら猫ニッポン』

noraneko.jpg『のら猫ニッポン~長崎・尾道
から江ノ島・函館まで~』(竹緒)

 サザエさんの有名なテーマソングに、どら猫(のら猫)がお魚をくわえて逃げていく描写がある。今までなにげなく聞き流し、もしこの歌詞についてなんらかを思ったとしても、どちらかというとどら猫ではなく、裸足で駆けてく陽気なサザエさんのことに思いを馳せていた。それが、DVD『のら猫ニッポン~長崎・尾道から江ノ島・函館まで~』(竹緒)を見て、のら猫に対する意識が少しだけ変わった。

 『のら猫ニッポン』は、日本全国で撮影したのら猫たちの生活ぶりを、「春夏秋冬のら」「名所のら」「島のら」「西日のら」とテーマ別に編集したDVDで、なんとトータル101分もの間、ひたすらのら猫の衣食住を拝める。しかも、北海道から長崎まで、18カ所にわたるロケ地マップ付き。ナレーションは一切なく、「池の西側を流れる用水路に、猫の姿があった――この場所は猫たちの格好な水飲み場になっているのだろう」といった説明はすべて字幕。聞こえてくるのはのんびりしたBGMに鳥の鳴き声、川の流れる音と、ヒーリング効果は抜群だ。のどかな音を聞きながら、トテトテとのんきに歩く猫、大あくびをする猫、ニューっと伸びる猫を見ていたら、あまりの心地よさに途中で何度もウトウトしてしまった。高すぎるヒーリング効果を逆手にとって、入眠DVDとして使用してもいいかもしれない。

n012.jpg(c)zeicompany
n005.jpg

n003.jpg

 ほとんどが、のんべんだらりと過ごす猫の姿ばかりなのだが、時折ハラハラさせるワンシーンが現れる。特にイチオシなのが、「春夏秋冬のら」チャプター7の三重県志摩市大王町ののら猫たち。ここでは、町の人が干物干しの作業をする一瞬の隙に、干物を盗む猫の様子が撮影されている。作業する街の人たちは、優しいのかあきらめているだけなのか、猫が近寄ってきても厳しく追い返すことはほとんどない。目の前で干物を盗むのを発見したときのみ猫を叱り、そうでなければ黙認している。それでも、中には気の弱い猫もいて、街の人が少し通りかかるだけでも怖がって逃げ出し、干物になかなか近づけない。そして、やっとの思いで干物の作業場に忍び込めたのに、干物の箱が空っぽだったときの落胆した表情のいじらしさたるや。“のら”だから当たり前だが、彼らは危険をかいくぐらないと、ご馳走は得られないのだ。

 今後は、サザエさんのあのテーマソングを聞くたびに、「サザエよ、どら猫くらい許してやれよ」と思うのだろうなあ……。
(文=朝井麻由美)

のら猫ニッポン~長崎・尾道から江ノ島・函館まで~

にゃん。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/06 17:50
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed