日刊サイゾー トップ > 社会  > アダルト業界が‟呉越同舟”?

アダルト業界が‟呉越同舟” 知的財産保護という困難な航路に光明は?

ippa_001.jpg約260名の業界関係者が集った業界懇親会。思惑はさまざまだろうが、
知的財産の保護という点で一致団結しようという機運は感じ取れた。

 6月20日、違法ダウンロードを罰則化する著作権法改正案が可決・成立したわけだが、奇しくも同日、椿山荘(東京都・文京区)で知的財産の保護活動推進を目的とした「第一回 業界団体懇親会」が開催された。

 この”業界”とはアダルト業界である。アダルトコンテンツメーカー(AV、アダルトゲームなど)、レンタル店、販売店などで構成される業界団体(コンテンツ・ソフト協同組合、ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合、日本映像ソフト制作・販売倫理機構、一般社団法人東日本コンテンツ・ソフト、全日本ビデオ倫理審査会)が知的財産の保護を目的に昨年5月、特定非営利活動法人「知的財産振興協会」(IPPA)を設立した。その第一回目の懇親会が開かれたという次第なのだが、そもそもメーカーの対立によって業界団体が乱立してきたという経緯がある。IPPAはまさに、“呉越同舟”。どのような会になるのか、期待と不安を抱きつつ、参加してきた。

ippa_003.jpgネット上には違法にアップロードされた
アダルト動画が無数にある。

 各企業・団体の挨拶では、販売店からメーカーへの苦言、あるいはレンタル店と販売店の微妙な関係、メーカー同士の皮肉が呈されるなど、ドキッとさせられる発言もあったのだが、いずれも冗談交じりで会場からは笑い声も。和やかなムードで会は進む。そんな中、本題の知的財産に関して、ある関係者はこんなことを語ってくれた。

「海賊版の売買、ネットでの動画の違法なアップロード、ダウンロードは本当に大きな痛手。だけど、いつまでたってもイタチごっこだし、対策しようにも費用対効果が薄い。立場上、あきらめているとは言えないけれど、正直、難しいだろうなというのが本音です」(メーカー)

 当たり前のことだが、アダルト作品にも著作権はある。そして、ファイル共有ソフトの利用者や海賊版の販売者などを監視し、違法者を告訴してきた実績もある。しかし、今回の違法コンテンツのダウンロード罰則化に際しても、その是非はさておき、聞こえてくるのは音楽業界の威勢のいい声ばかり。音楽業界と同様、大きな被害を被っているアダルト業界の反応はあまり見えてこない。

「どうせアダルトは大丈夫でしょ」
「音楽、映画は危ないけど、AVはほどほどなら捕まることはない」

 ネット上には、このようなタカをくくったユーザーの発言が目につく。これまで、著作権法違反行為に対する姿勢をうまくアピールできなかったという証左だろう。また、著作権違反行為への対応が鈍く感じられるのには、このような理由もあるようだ。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

アダルト業界が‟呉越同舟” 知的財産保護という困難な航路に光明は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

6月20日、違法ダウンロードを罰則化する著作権法改正案が可決・成立したわけだが、奇しくも...
写真