日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 【WORLD ORDER】「日本の現状は明らかにおかしい!」WORLD ORDERが導く新たな世界
須藤元気の次なる挑戦!

【WORLD ORDER】「日本の現状は明らかにおかしい!」WORLD ORDERが導く新たな世界

【サイゾーpremiumより】

──須藤元気率いる7人組のダンスパフォーマンスユニットWORLD ORDERが、ニューアルバムをリリース。タイトル『2012』に込めたメッセージとは?

1207_nikkan_worldorder.jpg(写真/三浦太輔 go relax E more)

 須藤元気が止まらない。

 格闘技界を引退した”変幻自在のトリックスター”須藤元気によって、2009年に結成された7人組のダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」。ポップなダンスミュージックと見る者を異次元に導くロボットダンスで構成される独特な世界観は、世間の注目を集め、YouTubeで公開したPVの再生数はのべ2000万超を記録。海外のイベントでもパフォーマンスを行うなど、その勢いは加速している。

 そんなWORLD ORDERが、待望の2ndアルバム『2012』をリリースする。リードトラック「2012」の導入では、「つみ重ねた歴史が終わりを告げ 文明周期の記憶よみがえる……」と、いきなり”世界の終わり”を宣言し、PV撮影もメキシコの古代遺跡で敢行するなど、マヤ文明の2012年世界終末論を強く意識しているのが感じられる。さらに、神話的モチーフがちりばめられた「AQUARIUS」では、PVの舞台に京都の寺社を据え、ロボットダンスで魅せる非日常の映像世界は宗教的ですらある。

 以前より傾倒していた精神世界の影響が色濃く出ている印象だが、作詞作曲を手がけた須藤元気は現代社会に何を啓示しようとしているのか?

「僕は12年を時代の転換点だととらえています。現在、個人も社会も『変わらないといけない』という潜在的な想いを抱えています。日本の年間の自殺者数が3万人。1日に約100人が自ら命を絶つ日本の現状って、明らかに何かがおかしいですよね。モノが人を幸せにする時代が終わって、目に見えない何か、例えば心地いい空気を仲間と共有したりすることが価値を持ち始めているのを感じます。物質至上主義から精神の時代へ、世界が動きだしていることを、このアルバムで伝えたいですね」

 11年の東日本大震災も、アルバムの世界観に大きく影響を与えている。須藤は震災後、東北復興支援団体「Team WE ARE ALL ONE」を結成し、ボランティア活動に従事した。ひとりのファンから寄付金を託されたことと、「何かしなければ」という自分の気持ちが共鳴し、4月の段階で宮城県石巻市へ。がれき撤去作業の傍ら、家が流された人や家族と悲しみの対面をした人と直接話し、時に涙を流した。

「モノに執着することの無意味さを、あらためて痛感しました。また、制御不能な原発に依存する日本の現状にも疑問を感じました」

 震災ボランティアに象徴されるように、須藤はずっとリアルな人とのつながりを大切にしてきた。それを示すように、WORLD ORDERが発足当時より情報発信の主戦場として選んできたのは、ネットの世界。PVをYouTubeで公開し、ファンの心をダイレクトにつかんでいる。

「テレビは今も巨大なメディアですが、リアルなことを伝えられるかというと疑問です。広告費などで内容が左右されるという話も聞きます。しかも、テレビだと発信先が固定化されていて、国内の音楽ファンにしか届かない。その点、ネットには国境もジャンルの壁もありません。いいものを発信すれば、世界中の人がすぐに反応してくれますからね」

 目の前の世界を疑え。須藤は、自身の著書でも繰り返しそう述べてきた。既存の枠組みが大きく変わろうとしている現代で、大切なのは状況よりも「あり方」。自分のあり方次第で、世界は新しい一面を見せてくれる。「時代の転換点」で須藤が本当に伝えたいのは、そんなメッセージだという。

「世界は、いわば自分の意識を投影したもの。自分が変われば、世界は変わるんです。大切なのは言葉。人には3つの構成要素があって、それは『思考・言葉・行為』。思考は簡単に変わりませんが、言葉は明日からでも変えられます。僕も『ミュージシャンになる』と言葉にしたことで、周りの状況が変わり、自分の意識も変わりました。言葉ってエネルギーなんです。エネルギーっていうのは……」

 須藤元気が止まらない。

(文/丸茂アンテナ)

WORLD ORDER
須藤元気が立ち上げたパフォーマンスユニット。09年12月にiTunes先行配信で「WORLD ORDER」を発表し、10年7月に同名のアルバムでデビュー。須藤元気と6名のダンサーでつくり上げる独創的な世界観は、国内外で高く評価されている。12年3月には、640人の一般参加のダンサーと共に、ロボットダンスを踊り、大人数ロボットダンスのギネス認定記録を樹立した。

1207_worldorder_dvd.jpg

『2012』
WORLD ORDERの2ndアルバム。未発表MVやメイキング映像も収録したBlu-ray/DVD+CDの2枚組。Blu-ray/DVDは、YouTubeで先行公開されている「2012」「MACHINE CIVILIZATION」「AQUARIUS」に加え、メンバーがホストに扮するコミカルな「CHANGE YOUR LIFE」など、全5曲。CDには未発表曲「HELLO ATLANTIS」を含む全7曲が収録されている。世界が熱視線を送る異次元のパフォーマンスを体感したい。
発売:ポニーキャニオン 価格:Blu-ray+CD/4935円(税込)DVD+CD/3990円(税込)発売日:6月20日

(衣装協力/D’URBAN、azabu tailor)

1lineimg.jpg

■「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」
のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)

【「サイゾーpremium」では他にもプレミアムなインタビューが満載!】
テレビレギュラー復帰のアンタッチャブル・柴田 過激な野宿ロケに「もう辞めたい!?」
「エロマンガのコレクターが民主党から立候補したり……」ラーメンズの片桐仁が語る中学生の衝動と自意識
【恵比寿マスカッツ】「リーダー辞めたいなんて思わせない!」3代目リーダーへのメッセージ

最終更新:2012/07/14 09:00

【WORLD ORDER】「日本の現状は明らかにおかしい!」WORLD ORDERが導く新たな世界のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

須藤元気が止まらない。格闘技界を引退した”変幻自在のトリックスター”須藤元気によって、2...
写真