日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『平清盛』打ち上げで一発触発?

「絶対撮らせるな!」松ケン主演『平清盛』の打ち上げで、マスコミとNHKが一触即発!

matsuyamakenichi1031.jpg

 俳優・松山ケンイチ主演のNHK大河ドラマ『平清盛』が26日、クランクアップした。同日夜には東京・六本木のホテルで打ち上げが行われたが、そこでおなじみともいえる週刊誌とNHKのバトルが繰り広げられたという。

 松ケンの清盛といえば、内容よりも低視聴率ぶりが話題になった。1月8日の初回視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、最近15年間で最低のスタート。ロンドン五輪期間中の8月5日には1994年8月14日放送『花の乱』の10.1%を大幅に下回る、7.8%の1ケタに転落。その後、一旦は持ち直したものの、10月7日放送回から4週連続で再び1ケタを記録している。

 同局で行われたクランクアップ会見で、松山は歴代最低視聴率を更新してしまったことについて「数字の問題は最初から気にしていない。最低記録を更新できたことは光栄」と強気に言い放ったが、やはりそれは虚勢だった。

 打ち上げでは、松ケン本人もスタッフも視聴率には触れずじまい。それどころか、会場内にマスコミが“潜入”していないか、同局関係者が目を光らせていたという。

「スピーチに耳も貸さず、辺りをキョロキョロしている、いかにもマスコミといった男性を何人も見ましたね。大河スタッフも怪しい人間はチェックしていて、行動をずっと監視していました。マスコミ側もそのことに気付き、一次会は比較的おとなしかったのですが……」(芸能マネジャー)

 トラブルが発生したのは、その後、渋谷に場所を移して行われた二次会だ。現場にはすでに先回りした週刊誌の“張り込み部隊”が待機。今か今かと松ケンの到着を待っていたそうだが、突然そこへ同局関係者が大挙押し寄せ、取材を妨害したという。

 出版関係者いわく「いきなり車の中をのぞかれ、カメラの存在を確認するや、大声で『ここにマスコミがいるぞー!』と周囲に知らせたのです。これではマスコミも商売上がったり。『ふざけんなコラ!』『おまえらが悪いんだろ!』など、現場ではマスコミとスタッフの間で押し門答が繰り広げられ、一時騒然となりました」。

 警察出動の事態には至らなかったものの、現場は荒れに荒れ、後味の悪いものになってしまったという。「終わりよければすべてよし!」ということには、ならなかったようだ。

最終更新:2012/10/31 12:00

「絶対撮らせるな!」松ケン主演『平清盛』の打ち上げで、マスコミとNHKが一触即発!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

コンビニのプロが本を売った

俳優・松山ケンイチ主演のNHK大河ドラマ『平清盛』が26日、クランクアップした。同日夜に...
写真