日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?
「人違い」説は時間稼ぎのためのブラフ?

未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?

【サイゾーpremium】より

 9月2日に起きた六本木のクラブ「フラワー」(現「スタジオゲート」)での実業家襲撃事件。被害に遭ったのは、渋谷や杉並で複数の飲食店を営んでいた藤本亮介さんだった。深夜、フラワーに来店していた藤本さんは、目出し帽をかぶり、金属バットや鉄パイプを持った9人組とみられる集団に襲われ、「顔が原形をとどめないほど激しく殴られ、即死の状態」(捜査筋)だったという。この襲撃の模様は、多くの来店客にも目撃され、その後、警察は防犯カメラに映った犯人グループの画像を公表したが、事件から2カ月以上たった本稿執筆時も逮捕されていない。それどころか、犯人や事件の背後関係をめぐり、「さまざまな説」が錯綜している状態なのだ。

「事件を担当しているのは、殺人や強盗などの凶悪事件を担当する警視庁捜査一課。ここに組織犯罪対策部が加わっていましたが、さらに、事件関係者が海外に逃亡したという情報が出るや、国外捜査に長けた公安関係者も捜査に合流した。これらの組織には、それぞれ異なる担当記者や懇意にしているジャーナリストがついているため、話の出どころによって、内容にずれが生じているのかもしれません」(週刊誌記者)

 まず大きく報じられたのが、人違い説だ。犯人は、不良グループ「関東連合」や在日中国人たちからなる「怒羅権」関係者たちで、以前から彼らとトラブルを抱え、抗争を繰り返してきた暴力団関係者Aと顔や体格が似ていた藤本さんが、間違って殺されてしまったというものだ。こうした情報は大手全国紙でも扱われたため、高い信ぴょう性があるものと考えられたが、一方でその直後にはこんな話も出てきた。

「藤本さんはAと親しかったことから、見せしめのためにやられたんだ。藤本さんは今回の事件の前にも、彼らに襲われて足を大けがしている。それでも懲りずに、このAとつながりを持ち続けていたので襲われた」(大手新聞紙記者)

 さらに公安筋からは、藤本さんがあるシノギに手を出していたことが、事件を誘発したとの話も出てきた。

「藤本さんは、合法ドラッグの売買にかかわっていたというんです。しかし、このシノギには、広域暴力団傘下K組が関与していた。K組は、藤本さんが自分たちのシマを荒らしていると判断し、再三警告を発してきたのに、彼は言うことを聞かなかった。そこで、不良グループを使って、藤本さんを襲ったんです。殺すつもりまではなかったようですが、実行犯の中にいた中国人が加減を知らず、ボコボコにしてしまったんでしょう」(公安筋)

 各種メディアの報道内容を見ていても、やはり事件の背後関係はバラついている。しかし、直接事件にかかわった犯人グループが、関東連合と怒羅権の、OBを含む関係者たちであることはほぼ一致しているようだ。警察関係者はこう語る。

「事件に関与したのは、20名以上。襲撃現場にいたのは9名とみられているが、フラワーの店外にも関東連合関係者が複数おり、事件後は散らばるように逃げている。二十数名のうち、複数がアメリカやフィリピンなどの海外に出ており、藤本さんに直接手を下した中国人なども本国に帰ってしまったので、捕まえるのは容易ではない。なんとか2月までには、できるだけ多くの犯人を立件したいと動いているところだ」

 そんな中、本誌は捜査の中枢を知る関係者に話を聞くことができた。この関係者によると、前述のような事件の背後に関する報道のずれは、なんと捜査当局によって意図的に生み出されているという。

■人違い説はミスリード!?警察が行う”司法取引”

「当局は、すでに事件の全容をほぼつかんでいます。藤本さんが合法ドラッグのシノギをめぐって暴力団と衝突し、その暴力団の指示で不良グループが犯行に及んだ。これが真相と確信している。ただし、これらをすべて表に出すかは、当局も決めかねています。というのは、全容がわかったといっても、実行犯を逮捕できなければ、警察のメンツは潰れます。しかし、海外逃亡組もおり、現在の居場所など、実行犯を全員捕まえるための情報が今のところ少ない。そのために、事件を教唆したとされるK組関係者とある種の”司法取引”をして、彼らから実行犯についての情報を集めているのです」

 この関係者の話をまとめると、警察は実行犯の逮捕を最優先にして、その背後にいるK組関係者の責任は、重要情報をもらう代わりに最小限に食い止めるということ。そして、あくまで「殺す必要がなかったところを、実行犯たちが暴走して、殺してしまった」または「不良や暴力団関係者の喧嘩がこじれたもので、背後にK組の組織的関与はなかった」というストーリーに落とし込もうというのだ。

「『人違い』や『本当のターゲットの巻き添えを食った』という話は、当局が時間稼ぎのために持ちだした話です。『本当のターゲットが別にいるかも』ということにして事件を複雑に見せれば、捜査にそれなりの時間がかかっても、上層部や世間から批判を受けにくく、立件までに時間がかかったとしても、納得してもらえると思っているんです」(同)

 手が込んでいるのか、子どもじみた戦略なのかよくわからないが、警察というのは単純にいえば「岡っ引き」のようなもので、犯人逮捕が使命。逮捕後の犯罪立証は検察に任せておけばいいという思考が働くものだという。

「とにかく、実行犯を逮捕する。そのためには、危ない橋を渡るのもいとわないのが警察です」(同)

 実は、事件発生後間もなく、暴力団専門の組対四課が捜査から外されている。報道では「犯行の手口から暴力団の関与は薄いと判断して、四課を外した」といわれたが、実際には「暴力団とつながりが深い四課を入れると、暴力団側に捜査情報が流れるリスクが高くなる。また、ほかの部署に比べて、四課はメディアとのつながりも深い。そのために早々に外した」(前出の関係者)というのだ。確かに、四課を外したのに、その上部組織ともいえる組対総務課という部署が現在も前線で捜査をしているのだから、つじつまが合わない。実際には、前述のような、暴力団側を巻き込んだ、犯人逮捕に向けた”寝技”を使うために、特殊な組織構成で捜査に当たっているようだ。

「四課を外した理由はもうひとつあります。警察は最近、暴対法などでは取り締まれない関東連合や怒羅権といった不良グループの影響力の増幅ぶりを目の敵にしていた。そこに起こったこの事件ですから、徹底的に彼らを”社会悪”として追及していきたいんです。そのために、不良グループを対象としている組対特別捜査隊も投入している。つまり、事件の背後にある四課マターの暴力団事件は無視してでも、不良グループの摘発・壊滅につなげたいんです」(同)

 犯人逮捕の日はそう遠くないかもしれないが、事件の真相が明らかにされる日は、永遠に来ないかもしれない。

(文/編集部)

■六本木クラブ襲撃事件
9月2日未明、東京都港区にあるクラブ「フラワー」に、9人組と見られる集団が押し入り、店の客だった飲食店経営の藤本亮介さんに金属バットや鉄パイプなどで暴行を加えた。藤本さんは死亡し、犯人グループは車で多摩方面に逃走したとされるも、いまだ逮捕に至っていない。

藤本さん襲撃の犯行時間1分
■警察が犯人逮捕に向け別件逮捕乱発!
 この事件に関連し、元関東連合リーダーの石元太一(画像は同氏著作『不良録』)が9月8日、組対特別捜査隊に詐欺容疑で逮捕されている(後に別容疑で再逮捕)。「石元が犯人とつながっているとみた警察による”別件逮捕”で、取り調べでは襲撃事件について聞かれたようです」(週刊誌記者)。さらに、10月1日には「フラワー」の経営者らも、風営法違反容疑で逮捕している。「犯人グループが普段は施錠されている裏口からスムーズに店内に入ったことを不自然とみた警察は、店側の関与も疑っているんです」(同)。その後、「フラワー店員が、藤本氏の来店を外部の人間に伝えた」という報道も出ている。

【「サイゾーpremium」では関東連合も六本木も警察もまとめてぶった斬ります!!】
逮捕前夜の関東連合・元リーダー石元太一が語る”メディアと芸能界と俺たち”
あなたの知らない六本木が見えてくる!? 東○ウォーカーじゃ教えてくれない六本木【裏】マップ
関東連合壊滅に着手した警察 あの有名人の”闇”も炙り出す!?
止まらない警察官たちの暴走!新聞が報じない”桜タブー”を暴く
年収ナント1000万円!? 松下電器の役員にも就任する警察OBと企業の不健全な関係

1lineimg.jpg

「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」
のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)

最終更新:2012/11/25 09:30

未解決六本木クラブ襲撃事件の舞台裏 警察は真実を隠蔽するかもしれない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『ラップスタア誕生』唯一の女性ファイナリスト

9月2日に起きた六本木のクラブ「フラワー」(現「スタジオゲート」)での実業家襲撃事件。被...
写真