日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > “エル・カンターレをナメるな!!!”元ブルーハーツ・河口純之助×都知事選候補者TOKMAが吠える!

“エル・カンターレをナメるな!!!”元ブルーハーツ・河口純之助×都知事選候補者TOKMAが吠える!

【サイゾーpremium】より
12月無料購読キャンペーン開催!

――今年9月18日、日中関係が緊張する中で、自称ミュージシャンの幸福実現党党員・TOKMA氏が魚釣島に強行上陸し、各種メディアで話題を呼んだ。なぜそんな無茶を敢行したのか? そこで今回、元ブルーハーツのベーシストとして知られ、同バンド解散前から幸福の科学を深く信仰し続けてきた河口純之助氏を迎えて対談を急遽セッティング。政治問題、原発問題、教育問題、はたまた今の音楽家への批判まで、縦横無尽にヒートアップした貴重な白熱対談をご覧あれ!!

1301_cy_kofuku_tobira.jpg(写真/江森康之)

「TOKMA尖閣上陸」とは?
尖閣諸島国有化を受けて日中関係が緊張していた今年9月18日、石垣市の漁船をチャーターする形で、TOKMA氏とローカル政党「薩摩志士の会」のメンバー1人が尖閣諸島魚釣島に上陸。島に建つ慰霊碑に花を手向け、TOKMA氏はその場でホウキをギターに見立てて自身の楽曲「I LOVE ZIPANG」を熱唱した。その後、軽犯罪法違反で書類送検。

1301_kawaguchi.jpg河口純之助氏(写真/江森康之)

――尖閣上陸で一躍話題になったトクマさんですが、今度は東京都知事選に立候補されるんですよね(本対談収録は10月末)。

TOKMA そうそう、昨日ね、決まったんだよ。河ちゃんにもいろいろと手伝ってもらって、ガーン! といってやるよ!

――トクマさんと河口さんは、普段からよく会われてるんですか?

河口 うん、一緒にバンドやったぐらいだしね。10年ぐらい前?

TOKMA コピーバンドでしたね。レッド・ホット・チリ・ペッパーズとか、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとか(笑)。幸福の科学の雰囲気とは真逆のバンドだった。宗教の人っておとなしいじゃない? 俺なんて過激なほうだからさ。一発ガーン! と若者にエネルギー見せたるわい、と。

河口 ただ、レイジは好きだけど全部肯定しているわけではないよ。あれは”アカ”だからね。ま、いいことも言ってるけどさ。

――2人の出会いはいつ頃だったんでしょう?

TOKMA 97年頃かな。実家に遊びに来てくれたんだよね。「ブルーハーツの人が来る!」って興奮して、おしっこ漏らして(笑)。

――ブルーハーツはお好きだったんですか?

TOKMA いや、あまり好きじゃなかった(笑)。尾崎豊とかBOØWYが好きだったからね。だけど、今は河ちゃんにすごく影響を受けてるね。

1301_tokma.jpgTOKMA氏(写真/江森康之)

――今回そんなお2人に対談していただこうと思ったのは、今年9月18日にトクマさんが尖閣諸島の魚釣島に上陸したことを受けてでした。まずトクマさんに伺いたいんですが、尖閣上陸はいつ頃から計画を立てていたのでしょう?

TOKMA 決めたのは1カ月前かな。「薩摩志士の会」の福沢(峰洋)さんたちが漁船を借りて、僕の知り合いが乗せてもらうという話を聞いたから、「俺も乗りたい!」って言ったの。もともと、2年前の中国漁船の事件で、すぐに中国側の船長を釈放したことにショックを受けていたんです。僕の中であれは「戦争に負けた」と思った。「降伏」だったんですよ。「幸福の科学」の「幸福」じゃないよ?

――わかってます。

TOKMA 政治家は「遺憾です」ばっかり。放ったらかしの態度に対してグズグズ煮詰まっていた。でも、ミュージシャンだから何したらいいのかわからない。ずっとそう思ってたんだけど、今年のある日、昼間っから友達と酒を飲んでいたんです。10月24日にCDが出る予定だったんだけど、友達が「トクマさん、10月24日あたりに中国漁船が300隻ぐらい来て、尖閣諸島を実効支配するって話がありますよ。そこに突っ込んでいったらどうですか? 漁船が来ただけでは自衛隊は出動できないけど、民間人が出ていけば自衛隊も出動できる。そこで漁船と自衛隊を鉢合わせて実効支配を阻止できれば、英雄になれますよ!」って言うんです。俺も酔っぱらってたから、「マジ? 英雄になれるの?」って(笑)。英雄って言葉に弱いからさ……。一度は怖くなってやめようと思っていたんだけど、偶然行く話が出てきたから、思わず手を挙げちゃったんだよ。

――河口さんは、尖閣上陸のことをご存じなかったんですか?

河口 上陸したって話を聞いて、すぐにメールを送ったんだよ。

TOKMA 「泣けるぜ、この野郎!」って(笑)。

河口 人って理屈は言うんだけど、なかなか行動はできないんだよ。だから話を聞いて、涙出てきたね。「よくやった!」って。だって、誰もやらないじゃん。やらなかったら中国に獲られるんだよ。「次、来たらぶっ殺すぞ」くらい言えばいいんだよ、政府は。トクマは書類送検されてるのに、漁船の船長はすぐ釈放されて国に帰ったら英雄だよ? あり得ないよ。

TOKMA そこに対して日本人が黙ってしまう根底には、自虐史観がある。洗脳で、俺たちにこびりついているわけ。

河口 教育が悪いんだよな。

TOKMA もう一回歴史を勉強すべき。僕は渡部昇一先生の本や櫻井よしこさんの本、(大川隆法)先生の本などで勉強して、自虐史観がなくなったんです。南京大虐殺と従軍慰安婦はでっち上げだ!

河口 そういうことをちゃんと教えないとダメ。首相が靖国神社に参拝して何が悪いんだっての。日本人は揉めごとが嫌いなんだよな。でも、揉めてもいいから真実がわからないと自虐史観を押しつけられたまま。「日本人は悪いことをした」とずっと言われているけど、それは本当なのか? マインドコントロールされてるんだよ。 

――河口さんはいつ頃からこのようなことを考えていたのですか?

河口 ブルーハーツは左だと思われているんだよね。左でも右でもないぜ。要するに「本当のことが知りたい」ってことだよ。渡部昇一先生の影響は大きいね。本も読むし、櫻井よしこさんの講演会も行く。そうしたら、ブルーハーツで言ってたことの意味がわかったよ。「見てきた物や聞いた事 いままで覚えた全部 でたらめだったら面白い」(「情熱の薔薇」)ってこと。本当にでたらめが多いんだよ! 従軍慰安婦が20万人いたとか、調子こいたこと言いやがって! 南京(大虐殺)の被害者の数だってどんどん増えていく。尖閣も竹島も全部ハッキリさせようぜ。そういう時期が来たんだよ!

――対中国、対韓国というより、日本人に対してじれったさを感じている?

河口 そう! 日本人は眠ったまんま。日本人はエル・カンターレ【編注:幸福の科学の本尊。大川隆法総裁のことも指す】をナメてるよ。エル・カンターレをなんだと思ってるんだよ! みんな気づくのが遅すぎ。俺なんかレーダーが優秀だもん。国師であり、ワールドティーチャーなのがまだわからないのかなぁ。

■「未来のビジョンを語る政党は幸福実現党だけだ」

――トクマさんは尖閣上陸時にご自身の曲「I LOVE ZIPANG」を歌っていましたが、あれも前から計画していたんですか?

TOKMA うん。日本人なら普通は「君が代」でしょ? だけど、俺は3年前から「I LOVE ZIPANG」で憲法9条改正を歌っていて、今は「君が代」を歌っている場合じゃないよな、と。尖閣に上陸して何を歌ったかはクローズアップされるはずだから、そのことによって英霊に「自分の国は自分で守る」という意思を伝えたかった。……でも、みんなあまり聞いてくれないんだよな(笑)。

河口 俺はすごくわかるよ! 9条を改正しない限り、自分で自分の国は守れない。冷戦時代はアメリカの核の傘の下にいたから、それでもよかった。今は中国が調子こいてきたわけさ。北朝鮮の問題もあるよな。これで9条を守ってていいの? 幸福実現党は3年前からそれを言ってるけど、ほかの政治家はそれを言うと選挙に落ちると思ってるから言わないんだよ。だから、トクマみたいに行動で示す奴が出てくると泣けてくるわけ。お前、行くなら俺も誘えよ!

TOKMA 来年、竹島に行くよ。一緒にいかがですか?

河口 竹島は韓国の奴らがいるだろ? 行ったら撃たれるよな……。でも、やっぱり国というものを考える時期が来たんだよ。国家とは領土・国民・主権だから、領土は重要な問題なんだよ!

――自民党の安倍晋三・新総裁は、そのあたりを強く主張されてます。

河口 潮目がいきなり変わったよね。やっときたか! って感じ。国防の問題は本当に重要。それをトクマは歌にして訴えているんだよ。それからマスコミも完璧に三流だね。みのもんたなんて極刑モノだよ。「民主党に風を吹かせたのは私たちです」なんて言ってさ、このクソみたいな体たらくにどう責任取るの? 俺たちはこんなこと言ってたら習近平に殺されるかもしれないんだぜ? 明日、死んでっかもしれねぇんだよ! でも、俺は言いたいことは言うから!

TOKMA そこが河ちゃんのパンクなところ。昔から変わらない。

河口 ロックの連中もいいことしたいのはわかるけど、情けないよ。何も考えないで原発反対だなんて言ってるんじゃねぇよ! じゃ、エネルギーはどうするの? 対案がないと、俺は納得しないよ! 

――幸福実現党は原発推進の立場ですよね。

河口 そうだよ。エネルギーがなかったら、国が衰退しちゃうもん。国防上もまずいよな。

TOKMA 変な話だよ。YMOの坂本龍一が原発に反対してるんだから。「たかが電気」って言ったんでしょ? 彼らは電気使った音楽で成功したんだから、もっと電気に感謝したほうがいい!

河口 坂本は今後一生、電気使わずに音楽やれよ! 

TOKMA そもそも誰も死人が出ていないじゃん。人が死んだのは津波なんだよ。

河口 原発から漏れた放射能で死んだ奴なんて誰もいないからね。

――福島第一原発の周囲は、危険区域に指定されましたが……。

河口 住めるよ! あんなのは風評被害、報道被害だよ! 放射能を浴びたら健康になるんだよ!

――け、健康になるんですか?

河口 なるよ、適量なら! ラジウム温泉なんてどうするんだよ!みんな、左翼に変な知識を埋め込まれてるだけ! そりゃ大量に浴びたら甲状腺をやられたりするよ? だけど、放射能を浴びれば修復酵素が活性化するんだよ。このインタビューだって、福島第一原発の横でやりたいぐらいだよ。原発の隣で取材してたら健康になっちゃったなぁ、なんて。それに中国の核実験なんて、今回程度の被ばく量じゃないよ? もうそれをみんな浴びてるんだよ。

TOKMA それで女優の夏目雅子さんは白血病で亡くなったんですよね。シルクロードでロケして。

河口 そうそう。『西遊記』のロケしてたんだよな。

――マチャアキ(堺正章)は大丈夫だったんですか?

TOKMA あ、そうか。じゃ、大丈夫だったのかな。

河口 ……なんでも因果関係がハッキリしないものは原発のせいになってるんだよ。人が死んだのは津波のせい! 電気止めたほうが人は死ぬんだよ! 病院とか寒い地方とか、どうするんだよ! 真面目な老人に節電させて、真夏に熱中症で死なせてるだろ? そっちのほうが問題だよ!

TOKMA 俺が怖いのは、原発の非を主張したいがために、福島の人たちが死ぬのを待っているヤツらがいるってことね。そのほうが気持ち悪いよ。

→続きは無料キャンペーン実施中「サイゾーpremium」で!!

(構成/大山くまお)

河口純之助(かわぐち・じゅんのすけ)
1961年、東京都生まれ。元ブルーハーツのベーシスト。『太陽の法』を読んだことを契機に、91年から幸福の科学へ。95年のブルーハーツ解散後は、さまざまなミュージシャンやバンドのプロデュースに携わる。


TOKMA(トクマ)
1966年、東京都生まれ。青山学院大学在学中からバンド活動を始める。卒業後、単身渡米。帰国後トヨタに入社するが半年で退社し、音楽活動を本格的に始める。96年、1stシングル「Oh!Angelina」発売。今年9月18日に尖閣上陸記念ライブを決行し、話題になる。その後10月に幸福実現党青年局長に就任し、東京都知事選に立候補(11月末現在)。

今なら無料で読める!サイゾーpremiumでは他にも幸福の科学の実態に迫る記事が満載です。】
【大川きょう子】「幸福の科学」を離れ、みちのくで被災地支援にいそしむ”ナイチンゲール(!?)”
幸福の科学がついに出版した池田大作守護霊の霊言本の中身
『DEATH NOTE』と『聖☆おにいさん』は宗教タブー!? さとうふみやが初めて語る幸福の科学と『金田一少年』【前編】
ビジネス本評論家がジャッジ!「幸福の科学」大川総裁の霊言本は”ビジネス書”として成り立つか?

1lineimg.jpg

「サイゾーpremium」とは?
12月無料購読キャンペーン開催!

雑誌「サイゾー」のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)

最終更新:2012/12/22 09:30

“エル・カンターレをナメるな!!!”元ブルーハーツ・河口純之助×都知事選候補者TOKMAが吠える!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

今年9月18日、日中関係が緊張する中で、自称ミュージシャンの幸福実現党党員・TOKMA氏...
写真