日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 2013年お笑い界トレンド大予測

「ネタを磨けばチャンスは来る!」お笑い評論家・ラリー遠田の2013年お笑い界トレンド大予測!!

81FB22SMZ7L._AA1500_.jpg『333(トリオさん)3』
(よしもとアール・アンド・シー)

 2013年のお笑い界はどうなるのか? 新しいスターは出てくるのか? いくつかのテーマに絞って、次世代を担うと期待される若手芸人を何組か紹介していきたい。

 まずはテレビ・お笑い界に絶大な影響力を持つ、笑いの総合商社・吉本興業から見てみよう。この事務所で目下の課題となっているのはもちろん、ピース、平成ノブシコブシに続くスターを輩出することだろう。現在、その有力候補として頭角を現しているのは、パンサーとジャングルポケットという2組のトリオ芸人。

 パンサーは、菅良太郎、向井慧、尾形貴弘の3人組。ネタの中では3人がバランスよく機能している一方、バラエティでは尾形の挙動不審キャラが際立っている。それぞれ見た目も整っていて、トリオとしての安定感は抜群。世間に大きく注目される前に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したというのはピースと同じ道のり。ピースに続いて吉本の希望の星となることができるだろうか。

 パンサーと並んでブレイク寸前との呼び声が、高いのがジャングルポケット。彼らは漫才もコントも器用にこなす実力派。さらに、斉藤慎二は役者経験があって演技がうまく、キャラも立っている。大げさでクドすぎる顔と芸風はルー大柴以来の逸材とウワサされている。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演した際にも、先輩であるフルーツポンチ・村上健志を強引に言い負かしたことでも名を上げた。いまや怖い者なしの斉藤の勢いに引っ張られて、ジャングルポケットが一気に大出世を遂げるチャンスは十分にある。

 一方、吉本以外のお笑い事務所でいま注目されているのが、関西では吉本の永遠のライバルともいわれる松竹芸能だ。2011年に東京に「新宿角座」という劇場をオープンして以来、若手芸人が着々と力を付けていて、メジャーシーンで通用する才能が育ちつつある。

 その筆頭は、コントに定評がある、さらば青春の光とうしろシティ。彼らはいずれも昨年9月の『キングオブコント 2012』(TBS系)で決勝に進み、さらば青春の光は2位、うしろシティは5位という結果に終わった。だが、その直後、10月に行われた『NHK新人演芸大賞』では、今度はうしろシティがさらば青春の光を退けて大賞を受賞。お笑い賞レースでも常に上位に食い込み、切磋琢磨する良きライバルとなっている。

 彼らの間には因縁めいた対照的な特色がある。うしろシティは文字通り都会派のスマートなコントが売りで、見た目もこざっぱりしていて女性ファンも急増中。一方、さらば青春の光は、ナニワ臭さの漂う泥臭い芸風で、コントもアクが強いものが多い。

12

「ネタを磨けばチャンスは来る!」お笑い評論家・ラリー遠田の2013年お笑い界トレンド大予測!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

切磋琢磨しない芸人像はリアルなのか?

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

2013年のお笑い界はどうなるのか? 新しいスターは出てくるのか? いくつかのテーマに絞...
写真