日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > “iPS細胞お騒がせ男”森口尚史が騒動の裏を暴露「真実を言うと私は米軍に葬られるかもしれない」

“iPS細胞お騒がせ男”森口尚史が騒動の裏を暴露「真実を言うと私は米軍に葬られるかもしれない」

【サイゾーpremium】より

──12年10月、読売新聞により「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を6例実施した」と大々的に報じられた森口氏。ところがすぐに多くの疑義が提起され、同新聞は「森口氏の説明は虚偽」とし、一連の記事を誤報とした。すると、森口氏は世間から猛バッシングを受け、ボロボロに。しかし、「もう黙ってはいられない。大学もマスコミもふざけるな」と森口氏は反撃の狼煙を上げた!

1302_n_moriguchi.jpg(写真/田中まこと)

──そもそも今回の騒動の発端ってなんだと思いますか?

森口 私の「お調子者」の部分が災いしたんでしょうね。

──「成功した手術は1例だけ」とおっしゃってますが、その1例目すら疑われていますよね。

森口 実は、今回の研究プロジェクトは米軍がらみの某団体から助成金をもらってやっていたんです。1例目の手術は11年6月2日に行われて、我々のチームとしては、その6カ月後、要は11年の年末に患者さんの容体が安定していたら公表するつもりでしたが、関係者は「まだ出すな」と。それで、今年の8月くらいにあらためて「公表してもいいか?」って言ったら、また「ちょっと待て」と。

──それはなぜ?

森口 たぶん2例目はまだしも、3例目の患者さんの具合が必ずしも順調ではないようだからまだ機密にしておきたかったのでしょう。ただ「待った」がかかったとき「お前の研究者としてのキャリアを考えたとき、どうやってヒトiPS細胞から良質な心筋細胞を大量培養できたのかをメインに1例目についてだけは話していい」と言われた。なのに、つい読売新聞に「6例ある」って今後の予定も含めて口走っちゃった。で、軍からすれば「森口はフライングしたのでは?」となって、ハーバード大も「そんな臨床例はない」と言い出した、と(笑)。

──iPS細胞の研究に軍が?

森口 iPS研究も含めて(軍にとって役立ちそうな)医学研究には軍から金が提供されることがよくある。一方、今回の手術の黒幕は臓器移植・再生医療のシンジケートと軍ですけれど、莫大なカネのかかる手術だから、彼らの顧客は権力層の人間が多い。今は小さな市場だけど、うまくいけば今後、移植手術は不必要になるほどの潜在力がある。今回の研究は「1例目はよかったけど、3例目は、どうも芳しくない結果」であるということが明らかになったら、軍やシンジケートにとっては都合が悪い。だから「黙らせろ」となったんでしょうね。また、世間からいまだに誤解されてるところなんですけど、私は直接手術はしてないんですよ。私の仕事は肝臓の前駆細胞に特殊な薬をかけてヒトiPS細胞を作って、そこから良質な心筋細胞を作って大量培養すること。11年の5月半ばにハーバード大の臨床チームが「亡くなりそうな患者さんがいるから、お前が作った良質な心筋細胞を移植に使わせてほしい」と言ってきたので供与しただけ。ただ、手術には立ち会いましたよ。十分に培養された心筋細胞が入った容器に付与されたロットナンバーと手術室にある注射器に書かれたナンバーが一致しているかなどを確認して、あとは見ているだけでした。

──その病院が地図から消えていたらしいですが……。

森口 信じられないでしょうが、最近、Googleアースで調べたら更地だったんですよ!

──あとチームのメンバーの名前も一部公表していません。

森口 彼らの安否を気遣ってのことなんです。私が軍関係者で今のような状況なら、治療や研究に携わった人々をめぐって、殺しはしないまでも口封じをするだろうし。実際、不都合な真実を明かした私が大学やメディアから社会的な制裁を食らってるわけですから。

──今後も名前は明かさない?

森口 名前を公表すれば私が消される可能性は高いでしょう。しかし、自分の身の潔白を証明するためには、学術論文や本を出して明らかにすると決めました。それに今回の成果は重い心臓病の方々にとって希望になる。今回のヒトiPS細胞由来の心筋細胞移植は、現状では治療方法がない患者さんに一刻も早く役立つようにと、米国の優秀な臨床チームと共に「覚悟」を持って開発し、実行したものです。この騒動によって「私が患者さんをぬか喜びさせ、絶望に突き落とした」と言われるのは事実と異なり悔しい。ただ、ほかの優秀な研究者らが、非常に近いうちに我々の方法よりもさらに有効性や安全性が高い方法を開発し、臨床で実践してくださるはず。患者さんにおかれましては、その日まで現状でのベストの治療を受けられつつ、まだ希望を捨てずに生きてください!

(構成/成松 哲)

森口尚史(もりぐち・ひさし)
1964年、奈良県生まれ。東京医科歯科大学卒業。学術博士(東京大学)。元東京大学先端科学技術研究センター特任教授。カラオケの十八番は、尾崎豊の「I Love You」。

「サイゾーpremium」では他にも世間を騒がすあんな人こんな人に迫った記事が満載です。】
“JYJがエイベックスに勝訴!! それでも東方神起5人での再始動が絶望的な理由
“傍若無人”上杉隆の横暴で、自由報道協会がいよいよ崩壊中!
【益戸育江】”大麻でハッピーピース”高樹沙耶が女優業を辞めてまで訴える”真実”とは?

1lineimg.jpg

「サイゾーpremium」とは?
雑誌「サイゾー」のほぼ全記事が、
月額525円読み放題!
(バックナンバー含む)

最終更新:2013/01/26 09:30

“iPS細胞お騒がせ男”森口尚史が騒動の裏を暴露「真実を言うと私は米軍に葬られるかもしれない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

TARO SOUL、生粋のブランニューソウル男

 TARO SOULは生粋の“ブランニュー”好きだ。これまで彼が「Brand New...
写真