日刊サイゾー トップ > 社会  > 売上高だけでニュースになるが……実態を明かさない“帝国”Amazonの秘密主義

売上高だけでニュースになるが……実態を明かさない“帝国”Amazonの秘密主義

amazonyami.jpgAmazon.com

 2月19日付の日本経済新聞が、米Amazon.comの2012年の日本国内の売上高が78億ドル(約7,300億円)に達したことを報じた。多くのメディアは、国内最大手のインターネットサービス・楽天の売上高2,858億円と比較する形で、その規模の大きさを報じている。

 しかし、このニュースで気になるのはAmazonの売上高そのものよりも、情報源となったのが、米Amazon.comが米国証券取引委員会に提出した年間報告書だったことである。

 大規模で便利なサービスを提供しながら、Amazonほど実態の不透明な企業も少ないだろう。書籍はもちろん家電から日用品まで、多種多様な品目を扱うようになったAmazonだが、実際に何がどれくらい売れているのかは、まったく明らかになっていない。

 出版業界においては、Amazonの書籍売上高はかなりの割合を占めるとされているが、それがどの程度の規模なのかはまったく公開されていない。唯一、信頼できるデータは「出版ニュース」2010年3月下旬号に掲載された、出版流通対策協議会会長・高須次郎氏の論文のみだ。

 これによればAmazonは、08年末時点で書籍雑誌の売上高は1,200億円、同年の国内出版物の売上シェアの8%を占めるとされている。これは、ジュンク堂書店や文教堂書店を有するDNP(大日本印刷)グループの2,630億円、シェア12%に次ぐ国内第2位の規模で、大手チェーン・紀伊國屋書店(同1,173億円、シェア5%)を超えるものだ。現在はこれよりも売上高を拡大していると推測できるが、具体的な数値はまったく見えてこない。

 それ以上に謎なのが、商品取り扱いの基準である。Amazon.co.jp利用規約によれば、取り扱いの基準は国内法令に基づいているとされる。しかし、昨年には本サイトでも報じた茜新社発行の18禁マンガ雑誌「コミックエルオー」がAmazon.co.jpから削除される事件も起こっている。また、東京都青少年健全育成条例で不健全図書に指定された書籍は18禁のカテゴリーに区分するのではなく、削除される方針が取られている。そのため、社内になんらかの取り扱い基準があることが推測されるが、その内容はわからない。


12
こんな記事も読まれています

売上高だけでニュースになるが……実態を明かさない“帝国”Amazonの秘密主義のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

「二世信者」の実録マンガ

「毒親」という言葉をご存じですか? 過干渉や...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

2月19日付の日本経済新聞が、米Amazon.comの2012年の日本国内の売上高が78...
写真