日刊サイゾー トップ > カルチャー  > コミケがなくなっても、戻れる場はあった──100回を迎えた同人誌即売会・MGMの意義

コミケがなくなっても、戻れる場はあった──100回を迎えた同人誌即売会・MGMの意義

R0035598.jpg

 1月27日、コミックマーケットに次ぐ歴史を持つ同人誌即売会・MGM(まんが ギャラリー&マーケット)が、100回目の開催を迎えた。

 創作系漫画を主体とするMGMは、コミックマーケットの創設母体ともなった同人サークル「迷宮」の主催で、1980年以来、年2回のペースで開催されてきた。ところが07年、長年会場として利用してきた川崎市中小企業婦人会館が閉館し、開催が中断。その後、11年に主催者代表の亜庭じゅん氏の死去を経て、12年1月にMGM98が開催。MGM99、MGM99.5を経て、いよいよ100回目の開催へと至った。

 この間、MGM99の事後集会では、「迷宮」の原田央男氏が「迷宮」との関わりを外すことを宣言。そして、今回の開催を一区切りとすることがパンフレット及び事後集会で伝えられた。

 今回の事後集会で、故・亜庭氏夫人の松田道子さんは

「1年前に“やるんだったら100回までやろう”となって、みんなのおかげでここまで来ました。MGMは描いている人を信じてきた。これからも、みなさんなりのMGMを続けてください」

と挨拶し、会場には大きな拍手が巻き起こった。

 今回は大きな一区切りだが、MGMは終了ではない。日時未定だが、MGM2-01として新たなスタートを切る予定だ。

 さて、ここで記しておかなければならないのは、創作系漫画同人誌を主体としたMGMは、単に老舗という枠を超えた即売会ということである。MGMは規模こそ小さいものの、明確な理念を持った運動体であった。そして、MGMはコミックマーケットが拡大する中で保持しえない部分を受け止める即売会でもあった。

 いまや世界的に知られるイベントになったコミックマーケットの誕生に至る経緯は、原田氏が上梓した『コミックマーケット創世記』(霜月たかなか名義で執筆/朝日新書)に詳しい。しかし、この本ではコミックマーケットの初代代表であった原田氏が、79年の夏に代表を辞任した後の記述は少ない。

12
関連キーワード

コミケがなくなっても、戻れる場はあった──100回を迎えた同人誌即売会・MGMの意義のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

ダンサー君島かれんの野望

1月27日、コミックマーケットに次ぐ歴史を持つ同人誌即売会・MGM(まんが ギャラリー&...
写真