日刊サイゾー トップ > 芸能  > 恵比寿マスカッツ解散ライブを…

休業中・麻美ゆまも復活した恵比寿マスカッツ“涙”の解散コンサートを振り返る

ebimasu6.jpg

「正道か、邪道か」と問われたら、誰だって正道を行きたいに決まってる。でも、中には正道を行きたくても行けない、邪道を行くしかない者だっている。そんな人々にとって、「私たち邪道です。どうぞ笑ってください」というスタンスでアイドルをやっている恵比寿マスカッツは、同志のような存在であり、また「邪道を行く者だってここまで出来る。こんなに多くの人から愛してもらえる」といったことを身をもって見せてくれる、希望のような存在になれたのではないか。少なくとも、筆者にとってそうであったことは間違いない。

 CDセールスはミリオンヒットには遠く及ばなかったし、紅白歌合戦に出ることもなかった。しかし、CDを100万枚以上売ったり、紅白歌合戦に出ることだけが、アイドルとしての勲章ではない。そのことを、アイドル街道を最後まで逆走し、邪道の花道を渡って行った彼女たちから、改めて教えられた思いだ。元・恵比寿マスカッツ、総勢30名の女たちの未来に幸あれ!
(文=アボンヌ安田)

●恵比寿マスカッツ(えびすますかっつ)
2008年、今年3月30日に終了した深夜バラエティ番組『おねだりマスカットSP!』の前身である『おねがい!マスカット』(共にテレビ東京系)内にて結成されたアイドルグループ。最後のリーダーを務めた希志あいのをはじめ、麻美ゆま、Rio、蒼井そら、吉沢明歩ら、総勢30名が所属していた。今年4月7日に舞浜アンフィシアターにて行われたコンサートをもって、解散。
・公式サイト<http://www.ebisu-muscats.com/>

最終更新:2013/04/29 15:00
123
こんな記事も読まれています

休業中・麻美ゆまも復活した恵比寿マスカッツ“涙”の解散コンサートを振り返るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

空前のアイドルブームといわれ、次から次へと新たなアイドルグループが誕生している昨今。しか...
写真