日刊サイゾー トップ > 芸能  > 【魔性の女】蒼井優の超絶テク

「必ずどこかで脱ぐ!」岡田准一、大森南朋、堤真一もトリコにした“新・魔性の女”蒼井優の超絶テク

fjghdjhgfkjkhglkj021.jpg

 女優の蒼井優と舞台俳優の鈴木浩介が、今年3月に破局していたことを、それぞれの公式ホームページで発表した。しかも別れの真相というのが、蒼井から2月下旬に「好きな人ができたから」とメールで一方的に通告してきただけ、というのだから恐れ入る。


 18日発売の「女性自身」(光文社)によれば、鈴木は蒼井との結婚を見越して“億ション”まで購入。破局した現在、鈴木のもとには毎月50万円のローンの支払いだけが残ったという。

「大竹しのぶ、松田聖子同様、男性遍歴は芸の肥やしと思っているのでしょう。古参の芸能評論家は『大女優の片鱗を見た』と絶賛していますが、今は時代が違う。鈴木の所属事務所は、舞台系ではかなりの影響力を持つところ。今後、彼女は舞台系の仕事はしづらくなるでしょうね」(週刊誌デスク)

 とはいえ、そこまで美人とは言えない蒼井は、なぜこうもモテるのか? 彼女を知る人物によると「ギャップとさりげない色気がハンパじゃないんです。私服はラフなストリートファッションって感じなんですが、下はキャミソール1枚だったりして、必ずどこかで脱ぐ(笑)。彼女のキメ細やかな肌を見て、グッとこない男性はいませんよ」と明かす。

 別の人物も「ツンデレの典型的タイプ。酔うと、男性にさりげなくボディタッチして甘えてくる。かといって、心を完全に開いているかといえばそうでもない。肝心なところで“拒否”するから、男はハマってしまう」と話す。

 岡田も大森も堤も、こうした蒼井の“魔性ぶり”にヤラれてしまったという。

「当の彼女自身は、メロメロになる男を、どこかアザ笑っている感じがある。今回も鈴木さんがハマリまくってしまった印象。あどけない顔して、恐ろしい女ですよ……」(某芸能マネジャー)

 “新・魔性の女”としてフィーチャーされまくりの蒼井だが、いずれ強烈なシッペ返しを食らうだろう。

最終更新:2013/06/21 08:00
こんな記事も読まれています

「必ずどこかで脱ぐ!」岡田准一、大森南朋、堤真一もトリコにした“新・魔性の女”蒼井優の超絶テクのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“超攻撃的格闘”朝倉兄弟の矜持

 イケイケのファイトスタイルで人気を集める総合格闘家の「朝倉兄弟」が、その真価を問わ...…
写真