日刊サイゾー トップ > 芸能  > 韓国芸能プロの利益が大幅ダウン

K-POPブーム完全終了か……SMエンタの営業利益70%ダウン「日本への依存度が強すぎる」

91ls2yyHsGL._AA1500_.jpg『GIRLS’ GENERATION II ~Girls & Peace~』(NAYUTAWAVE RECORDS)

 東方神起や少女時代らが所属する、韓国最大手の芸能プロダクション、SMエンターテインメントが第1四半期の決算を発表した。決算資料によると、営業利益が大きく落ちており、ちまたでいわれている“K-POPブームの終焉説”を裏付けるものとなっている。


 SMエンタの第1四半期の売り上げは500億ウォン(約40億円)、営業利益は51億ウォン(約4億800万円)で、営業利益は前年同期比で70%以上の減少となっている。まさにK-POPブームの凋落が反映された結果といえそうだが、SMエンタの関係者は「第2四半期以降に所属アーティストのコンサート日程が集中しているため、第1四半期のコンサート収入が少なかったのが営業利益減少の要因。第2四半期以降は利益が増える」と強気を隠さない。

 確かに第2四半期以降はSUPER JUNIORや東方神起、少女時代のワールドツアー、SHINeeの日本アリーナツアーなどが予定されており、売り上げが大幅に上昇するとの見方もある。だが、こうした楽観的な見方に異論を挟む向きもある。

「なんといっても、利益減の一番の理由は円安でしょう。韓国の経済アナリストによれば、SMエンタの総売り上げに占める海外売り上げは70%で、中でも日本での売り上げが50%に迫るそうです。ここまで日本への依存が高すぎると、円安が売り上げを直撃するのは当然。これじゃ、第2四半期以降にいくら日本でコンサートを開催して動員を集めたとしても、思うような利益を上げられないでしょう」(韓流エンタメ誌編集者)

 韓国では昨年末、SMエンタの株価急落が話題を呼んだが、いまだ回復基調には至っていない。それは前述したように、日本への依存度が高すぎるゆえに円安が業績を押し下げるという悲観的な観測があるからだ。K-POPブームの凋落がいわれて久しいが、いよいよ円安がブームにとどめを刺すのかもしれない。

最終更新:2013/06/25 12:10

K-POPブーム完全終了か……SMエンタの営業利益70%ダウン「日本への依存度が強すぎる」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

東方神起や少女時代らが所属する、韓国最大手の芸能プロダクション、SMエンターテインメント...
写真