日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 山ちゃん謝罪は芹那へのあてつけ

してやったり!? 「芹那苦手」発言で謝罪会見を開いた、南キャン・山ちゃんの“嫌がらせ”術

yamazatotarinai.jpg『山里亮太の「たりない」英語』(ロングセラーズ)

 南海キャンディーズの山里亮太が1日、都内で著書『ニュースの読み方教えます!』(ワニブックス)、『山里亮太の「たりない」英語』(ロングセラーズ)の2冊同時出版記念イベントを行った。

 だが、報道陣のお目当ては著書ではなく、先日のラジオ番組で「苦手」と評したタレント・芹那についてだ。

 これは6月14日放送のTBSラジオ『おぎやはぎのメガネびいき』に電話出演した際、山里は矢作兼から芹那について振られ「嫌いというか、苦手」とコメント。理由について「芸人だったらバカにしていいかなぁって雰囲気が……」と語った。

 これがネット上で話題となり、この日の会見に。山里はスーツ姿で現れ、神妙な面持ちで「芹那さんは今、大人気だし、そんな大物に小物がかみついても仕方がないでしょう」と切り出した。

 バッシングの経緯については、過去にテレビ番組で共演し「フランクな、いい感じの仕事ができたと思っていたのに、その夜、家に帰ってテレビをつけたら芹那さんが信じられないくらい僕の悪口を言っていた」と説明。もっともな釈明を続けたが、それでも集まったマスコミを前に「みなさんの求めているものは分かります」と話し、深々と頭を下げ、謝罪した。

 これに現場記者の1人は「完全にネタ。本人は、まったく悪いと思っていませんでした」と断言。そればかりか、一連の謝罪会見は山里が考えに考え抜いた芹那への強烈な“あてつけ”だったという。お笑い関係者が証言する。

「今ごろ山ちゃんは先輩方に『俺やりましたよ!』と上機嫌で電話しているはず。いつも芹那さんがやっていることを、やり返したんですから」

 芹那はネタを自らリークし、話題を作るタイプで有名。中でも芸人は、これまで散々ダシに使われてきた。

「ちょっとしゃべっただけで『口説かれた』になっちゃう(笑)。芸人の間では『芹那には気を付けろ』が合言葉になりつつありますよ。彼女を嫌っている人も多く、山ちゃんもその1人。だからこそ、今回はわざと自分でネタを作って、本の宣伝にかこつけて謝罪会見を開いたんです。してやったりでしょう」(同)

 謝罪はしたものの、それは形だけ。山ちゃんの“嫌がらせ”は今後も続きそうだ。

最終更新:2013/07/03 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真