日刊サイゾー トップ > その他  > auのiPhoneなぜ通信弱い?

auのiPhone、なぜ「パケ詰まり」が多いのか? 基地局環境、スマホ機器故障… 

 サイゾーのニュースサイト「Business Journal」の中から、ユーザーの反響の大きかった記事をピックアップしてお届けします。

■「Business Journal」人気記事(一部抜粋)
矢口真里不倫騒動から透ける、広がる自宅不倫の実態と、常習女性たちの意外な本音
山岸舞彩が語る、NHKミニスカ姿誕生秘話と、『ZERO』で封印のワケ…クレームも
渡邉元ワタミ会長、参院選公示前に会社経費で選挙活動まがいの疑い

■特にオススメ記事はこちら!
auのiPhone、なぜ「パケ詰まり」が多いのか? 基地局環境、スマホ機器故障… – Business Journal(7月6日)

「Thinkstock」より

「パケ詰まり」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは「パケットが詰まる」という意味で、スマートフォン等での通信が途中で止まってしまう状態のことをいう。

 画面表示上、LTEや3Gのアンテナがきちんと立っているのに、なぜかデータが読み込まれない。圏外なわけでも電波が不安定なわけでもなさそうなのに、データの読み込みが止まっているように見える。そんな経験があったら、それが「パケ詰まり」だ。特にiPhoneユーザーが話題にしていることが多いようだが、その中でもauのiPhoneはよくパケ詰まりするといわれていた。

 これについて、MMD研究所が調査を実施。その結果が少々衝撃的だ。

●auはソフトバンクより詰まりやすく速度も遅い?

 MMD研究所の調査によれば、都内の主要駅で通信した場合のパケ詰まり発生率は、ソフトバンク+iPhone 5の組み合わせて2.3%、au+iPhone 5の組み合わせで20.4%だったという。あまりにも差が大きいが、その内容をよく見ると全体的にソフトバンクよりもauのほうが発生率が高いものの、特に新宿駅と品川駅での発生率が飛び抜けて高いように見える。

 また、通勤・帰宅ラッシュ時のWebページ表示にかかる時間の平均が、ソフトバンクの場合4.91秒だったのに対して、auの場合11.38秒だったそうだ。

 この結果からは、単純にauのほうが混雑具合に対応しきれていないようにも見える。もしかしたら、あまり混み合っていないエリアで利用しているユーザーは、パケ詰まりを感じたことがないかもしれない。

●auのiPhoneは移動中の基地局切り替えが苦手?

 iPhoneがパケ詰まりを起こすと、「3G」または「LTE」と表示された横にくるくると読み込み中をしめすマークが表示されるまでは通常どおりだが、そのまま何も読み込まれないという現象と、「3G」とも「LTE」とも表示されずに、「○」が表示されてしまうという現象が発生する。後者はau版にのみ存在するとも言われている現象だ。

 パケ詰まりの原因は、主に基地局同士、3G基地局とLTE基地局といった間でうまく通信を受け渡す「ハンドオーバー」に失敗していることだといわれている。受け渡し自体がうまくいくようにするとともに、受け取った側の基地局がきちんと通信を続けられる“空き”を持っていなければいけないが、このあたりの調整が難しいようだ。

 ハンドオーバー失敗は、iPhoneに限らずAndroidでも発生することだし、昔から携帯電話やPHSを車の中で使っていてふいに通話が切れてしまったというようなことはあった。ではなぜiPhoneばかり、しかもauのiPhoneばかりが問題になるのかといえば、対策がうまく効いていないからだといわれている。

 ソフトバンクは小さな基地局をたくさん設置して、受け渡された先でも“空き”があるように工夫している。auは受け渡しを高速化して効率的にできるようにしている。ただ、この受け渡しを高速化する技術「Optimized Handover」にiPhoneが対応していないのだ。

 基地局が空いていればそれでもうまくつながるのかもしれないが、混んでいる上に高速切り替えができないのでは、詰まってしまうのも仕方ないといったところだろうか。もちろん、ユーザーが仕方ないと諦める必要はないのだが、しばらくは環境が整うのを待つしかない状況なのも事実だ。

●対策方法は検索してみよう

 実はiPhoneのパケ詰まりについては長く言われてきたことで、ネット上ではおまじないのような方法も含めていろいろな対策方法が紹介されている。困っている人はそういうものを調べ、自分の症状に当てはまるものを実行してみるとよいだろう。

 ただ、今回の調査で多いとはいっても極端に発生率が高かった新宿駅や品川駅を覗くと1割前後までの発生率であることもわかった。日常生活の中でパケ詰まりに悩まされている人は、自分でどれくらいパケ詰まりが発生するのか確認してみるとよいだろう。特定エリアに限らず、非常に頻繁にパケ詰まりが発生するのならばiPhone自体の故障や、通信カードの不具合、接触などを疑ってみてもよいかもしれない。

 ハンドオーバーだけが原因ならば、通信環境のよい場所でじっとしている分にはパケ詰まりが発生しないはずだ。なんだか調子が悪いというだけでなく、どういう状況でどれくらい問題が出るのか知っておこう。本当におかしいとなったら、iPhone本体やSIMカードの交換という手段もあるようだ。これで問題が改善したという報告もあるから、MMD研究所の調査を参考にして自分のiPhoneの状態が一般的な範疇なのか、異常なのかは確認してみたいところだ。
(文=エースラッシュ)

■おすすめ記事
矢口真里不倫騒動から透ける、広がる自宅不倫の実態と、常習女性たちの意外な本音
山岸舞彩が語る、NHKミニスカ姿誕生秘話と、『ZERO』で封印のワケ…クレームも
渡邉元ワタミ会長、参院選公示前に会社経費で選挙活動まがいの疑い
就活後ろ倒し、外資やベンチャーは得で、中小企業は損?抜け道多く、有名無実化懸念も
新連ドラ『半沢直樹』、時間を忘れさせる“エゲツなさ”と“濃厚さ”…光る悪人たち

最終更新:2013/07/10 14:00
こんな記事も読まれています

auのiPhone、なぜ「パケ詰まり」が多いのか? 基地局環境、スマホ機器故障… のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...…
写真