これが「著作権フリー」の功罪……!? AV版『ブラックジャックによろしく』の衝撃

Still0802_00001.jpg大学名、人物名も実名です。

 昨年9月、マンガ家・佐藤秀峰氏は異例の発表を行った。自身が2006年から講談社「モーニング」で連載していたコミック『ブラックジャックによろしく』の「著作権フリー」を宣言したのだ。

Evernote-Camera-Roll-201308.jpgこちらが本物の永禄大学卒研修医・斉藤英二郎

 これにより商用・非商用を問わず、あらゆる二次創作の素材として無償で使用することが可能なった『ブラックジャックによろしく』は、実際に通信大手SoftBankの「ホワイトジャックによろしく」キャンペーン(http://mb.softbank.jp/mb/special/white_jack/)に利用されたり、ニコニコ動画で「公式MAD作品アワード」(http://ch.nicovideo.jp/bla_yoro_mad)が開催されるなど、個人・企業を問わず多くの事例に採用されている。

 また、佐藤氏はこの「著作権フリー化」によって、小学館で連載した『新ブラックジャックによろしく』など他の作品の販売が飛躍的に伸び、「フリー化」から7カ月半で4,000万円余りの売り上げがあったことを公表。異例の「フリー化」は作家にもユーザーにも非常に高い相乗効果をもたらしたようだ。

 そんな中、「ついに」というべきか、「やはり」というべきか、AVメーカーSODがAV版『ブラックジャックによろしく』をドロップする。

 同作の制作を担当するのは、本格ドラマAVを得意とする「東京ティンティン+」。すでに公表されているパッケージ写真には本家『ブラよろ』の表紙画像と、『ブラックジャックによろしく』という文字がまったく伏字なく表記されており、やはり従来の“パロディAV”とは一線を画す「本物感」が漂っている。

12

これが「著作権フリー」の功罪……!? AV版『ブラックジャックによろしく』の衝撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

俳優で監督・小川紗良の願い【インタビュー】

昨年9月、マンガ家・佐藤秀峰氏は異例の発表を行った。自身が2006年から講談社「モーニン...
写真