日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 赤西仁復帰もファン離れ決定的に

元KAT-TUN・赤西仁が「サザン・韓流に敗北」黒木メイサと“デキ婚”でファン離れ決定的に

akanishi0809.jpg「HEY WHAT’S UP?」(ワーナーミュージック・ジャパン)

 芸能活動を再開させた赤西仁が、1年5カ月ぶりとなるCDシングル「HEY WHAT’S UP?」(ワーナーミュージック・ジャパン)を、今月7日に発売した。

 2010年にアイドルグループ・KAT-TUNを抜け、ソロへ転身した赤西。翌年に発売したソロデビューシングル「Eternal」は、発売初週に約21万7,000枚を売り上げ、オリコンウィークリーチャート1位に。同年に発売した2ndシングルも、同様に首位を獲得した。

 そんな好調な矢先、女優の黒木メイサと“電撃デキ婚”を発表。事後報告のペナルティとして、主演を予定していた連ドラ『GTO』(フジテレビ系)の出演や、全国ツアー開催を中止。謹慎期間を送っていた。

 ついにみそぎを終え、復帰作に本人が作詞・作曲を手掛けるダンスチューンを選んだ赤西。しかし、サザンオールスターズの5年ぶりとなる新曲「ピースとハイライト」(ビクターエンタテインメント)の発売日と重なったため、ファンの間では「ジャニーズは赤西を売る気がない」「タイアップも付いてないのに、勝てるわけがない」などと、チャート上位獲得を心配する声が上がった。

 初登場のデイリーチャートの結果は、推定売り上げ枚7万3,856枚で、3位。トップのサザンのみならず、韓流グループの超新星にまで敗北する結果に、ネット上では「ジャニーズの力を持ってして3位とは……」「ファン離れは決定的」「主夫になるべき」といった意見のほか、「宣伝してもらえてないんだから、当たり前」と擁護する声も上がっているという。

「彼は、デキ婚騒動だけでなく、これまで薬物疑惑を含む数々の悪いウワサが報じられたため、企業タイアップは絶望的。さらに、大人の事情で、プライムタイムの音楽番組などにはしばらく出られないでしょうし、全米デビューのほうも鳴かず飛ばず。ジャニタレとは思えない厳しい状況といえるでしょう」(芸能関係者)

 一方、妻の黒木は、主演舞台などが次々と決まり、完全復活。今後、夫婦格差が広がるようなことがなければいいが。

最終更新:2013/08/09 16:30
こんな記事も読まれています

元KAT-TUN・赤西仁が「サザン・韓流に敗北」黒木メイサと“デキ婚”でファン離れ決定的にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

芸能活動を再開させた赤西仁が、1年8カ月ぶりとなるシングル「HEY WHAT'S UP?...
写真