日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 軍歌・北朝鮮、そして新左翼まで……アブないマニアが全国動員!「軍歌対決!北朝鮮 vs 世界」へ結集せよ

軍歌・北朝鮮、そして新左翼まで……アブないマニアが全国動員!「軍歌対決!北朝鮮 vs 世界」へ結集せよ

koudou007.jpg

 今年の夏の最後は、軍歌と北朝鮮歌謡でシメてみないか? 来たる8月31日、早稲田大学戦史研究会主催によるイベント「軍歌対決!北朝鮮 vs 世界」が、早稲田奉仕園・リバティホールにて開催される。このイベントは世界でもまれな、古今東西の軍歌を収録した奇書『世界軍歌全集』(社会評論社)の著者である軍歌研究家の辻田真佐憲氏と、北朝鮮マニアなら誰でも知っているサイト「朝鮮労働党万歳!」管理人のマカオ氏のトークを中心にしたイベントだ。トーク後には、交流会とバザーの時間を設け、主催者らが所有する秘蔵資料の販売も行う予定だという。


 かつては、ごくごく限られた趣味だった軍歌や北朝鮮マニアの世界だが、YouTubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトの普及もあって、信じられないほどコアなマニアの数が増殖している。しかも、意外に女性も増えている(特に軍歌)。軍歌と北朝鮮マニアは、結構な確率でかぶっているのだが、いずれにしても資料を収集するには資金が必要だし、歴史知識や教養がなければ楽しむ域には達することができない。カップリングが違うとか、自分の政治思想と異なる相手とも争うことなく、むしろ共に楽しむ心の広さも欠かせない。つまり、真面目に「これはネタだ!」と楽しめるという点で、ある程度インテリじゃないとできない趣味なワケ。文化系男子が好きな女性が集まるのも当然だ。

 そんな軍歌趣味の盛り上がりの中心人物ともいえる辻田氏は、今回のイベントの意義を次のように語る。

「主催者の早大戦史研は、軍事関連であれば国内外はもちろんのこと、共産主義からオウム真理教の研究まで、なんでもアリの将来有望な学生の揃う組織です。私が今回のイベントで期待しているのは、北朝鮮の軍歌が体系的に紹介されることです。近年、メディアで報じられる映像の中で登場する機会の増えた北朝鮮の軍歌ですが、体系的に語られる機会はほとんどありませんでした。参加費は学生500円、社会人1000円と安いので、これまで以上に誰もが参加しやすいと思いますよ」

 さて、読者の諸君もお分かりかもしれないが、このイベントは会場自体がネタを含んでいる。会場の早稲田奉仕園は、音楽系のイベントや結婚式も行われるが、左翼系団体の集会会場としても定番スポットなのだ。

「いや、単に大学に近いので備品を運びやすいからだと思うのですが……」(辻田氏)

 しかも、主催の早大戦史研究会の会誌のタイトルは「烽火」だという。これは、かつて存在した左翼党派・共産主義者同盟全国委員会、通称・烽火派の機関紙名のパクリとしか思えない……。やっぱりコイツら、真面目をネタにできるものすごい奴らなのかも。
(取材・文=昼間たかし)

●早大戦史研主催イベント「軍歌対決!北朝鮮 vs 世界」
【日時】8月31日(土) 16:30~
【会場】早稲田奉仕園・リバティホール(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目3-1)
【入場料】学生500円、社会人1000円
(来場者には入場券の代わりとして「烽火」(早大戦史研機関誌)をご購入いただき、その売り上げを会場のレンタル料等に充てさせていただきます)

最終更新:2013/08/29 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed