日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 竹内力が16歳の高校生に…!?
『バトル・オブ・ヒロミくん!~The High School SAMURAI BOY~』竹内力インタビュー

イメージは“四枚目”な仮面ライダー!?「もしもVシネの帝王が、16歳の高校生を演じたら……」

_MG_3545.jpg撮影=後藤秀二

 もはや、Vシネの帝王なんて枕詞すら不要。その存在感と演技力で男臭いファン層を獲得している竹内力。来年、50歳を迎える彼が主演する最新作は、16歳の高校生役を演じた『バトル・オブ・ヒロミくん!~The High School SAMURAI BOY~』(10月5日公開)だ。16歳らしい物腰や雰囲気などまるでナシ。眼力と胆力で全国総番長を目指す16歳男子を怪演した竹内力は、演じることについてどんな考えを持っているのだろうか?

――『バトル・オブ・ヒロミくん!~』は、アクションがキレキレでしたね。

竹内力(以下、力) ハリウッドに比べるとアクションシーンはまだまだだけど、逆に言うとCGを全然使ってないからね。ワイヤーとか使ってないんで、それで迫力を出さなきゃいけない。そこはおじさんの割に頑張りました(笑)。

――今回は16歳の高校生役を演じてますが、こちらも頑張りました?

 いや、16歳っていう年齢は全然意識してないね。今作は製作もやっていて、“ヒロミくん”というキャラクターも、もともとオレが作ったものだから。

――演じる上で、特に制約はなかったんですか?

 制約というよりも、仮面ライダーを“四枚目”で演じたらこうなるのかなぁっていうのは、オレの中にあって、それをお茶目に出した感じかな。

――なるほど。ヒロミくんのキャラは、まさにそうですね。劇中で、ヒロミくんが白目になったりしますが、あれは監督の演出ですか?

 あれは、オレの独断(笑)。製作にも関わってるし、この年になったら、細かい演出はあまりされないですよ。

――アドリブで白目ですか! 台本とストーリーがあれば、あとは任せてもらえる、と?

 監督も「ここは竹内力でやってくれ」というお任せの指示で。あとは、その期待の上をいく芝居をするだけだから。

――本作は、笑わせるシーンも多いですが、シリアスなシーンもあって、全体的にメリハリがある作品だと思います。

 例えば、ハリウッド映画の大作でも、DVDを借りてきて家で見ると、タバコを吸うときに火をつけたり、お菓子に手を伸ばしたりとか、(お客さんの)目線が画面から離れるのが、オレらにしてみれば悔しいんですよ。需要と供給のバランスが崩れるというか。一瞬たりとも見逃してほしくない。本作は劇場公開されるし、一瞬一瞬、どこでまばたきをするか、しないか、その部分を計算して芝居しているんで、その0.5秒を見逃されると、俳優として悔しい部分ってあるんですよ。最後まで見たときに、つまらなかった、面白かった、寝てしまったなどなど、お客さんの感想で勝ち負けが決まる。1800円払って、だまされたと思うか、その価値があったかどうか、ね。

123

イメージは“四枚目”な仮面ライダー!?「もしもVシネの帝王が、16歳の高校生を演じたら……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真