日刊サイゾー トップ > カルチャー > 本・マンガ  > 「自尊心を刺激されて、誇大妄想を信じた」元オウム・上祐史浩が麻原を捨てるまで

「自尊心を刺激されて、誇大妄想を信じた」元オウム・上祐史浩が麻原を捨てるまで

 ズブズブとオウム真理教にのめり込み、幹部にのし上がった上祐だが、ロシアでの布教活動を行っていたことにより、教団が犯した一連の凶悪事件にはほとんど携わってはいなかった。彼は、1995年に国土法違反などで懲役3年の判決を受け、広島刑務所に服役する。そして99年に釈放されると、彼は再びオウム真理教の門を叩いてしまう……。

上祐 信仰は弱まっていたけれども、ただ、依然として麻原は霊的な導師「グル」であり、自分の魂の幸福のために必要なもので、手放せないという意識は強く残っていました。

田原 こんな大犯罪を犯した人間でも、やはり霊的導師なんですか。

上祐 ええ、当時の私の意識状態としては、現実の世界で何をしたとしても、人には輪廻転生があって、来世がある。その世界はだれがコントロールできるかというと、一般の人にはできなくて、麻原にはできる……と思っていたわけです。(中略)麻薬中毒の禁断症状などにたとえればわかりやすいかもしれません。宗教的な崇拝対象に対する依存を抜けるときにも、さまざまな不安、不快を乗り越えないとならないのです。

 その後、内部分裂の発生や、自らの思想を確立したことで、上祐は07年、20年にわたる信仰を手放し、ようやくオウム真理教から手を切った。

 その後、上祐は、現在代表を務めている宗教団体「ひかりの輪」を設立。だが、立ち入り検査によって、麻原の写真や呪文の音声ファイルなどが見つかっており(教団側は、「廃棄漏れ」と釈明)、公安調査庁では「オウム真理教上祐派」として観察処分対象としている。上祐が本当にオウムから手を切ったのか否かは、被害者に対する損害賠償の支払いとともに、今後の行動で証明し続けていかなければならない。そのためか、本書最終章「宗教やスピリチュアルとどう付き合うか」には、現在の上祐の思想が語られているものの、どこか「ひかりの輪」のパンフレットのようにも読めてくる……。

 オウム事件以降、しばらくは宗教=悪という見方が強かったが、近年では、女性を中心にスピリチュアルがブームになり、伊勢神宮への参詣者は今年1,000万人を数えている。宗教や信仰に対する価値が、あらためて見直される時期になってきているのだろう。そんな状況だからこそ、今一度、オウム真理教事件を思い起こし、当事者のたどった道を検証していくことは必要な作業なのではないだろうか?
(文=萩原雄太[かもめマシーン])

●たはら・そういちろう
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒。岩波映画製作所、テレビ東京を経て77年フリーに。現在は時代の最先端の問題をとらえ、さまざまなメディアで精力的な評論活動を続けている。

●じょうゆう・ふみひろ
1962年、福岡県生まれ。早稲田大学大学院在学中にオウム真理教に入信。偽証罪などで逮捕され、服役。その後、「アレフ」代表となるが、オウム信仰を脱却し、自ら立ち上げた「ひかりの輪」代表を務める。

最終更新:2013/12/25 21:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真