日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 都内のハプバーに女性が殺到中
関係者が証言

乱交映画『愛の渦』効果!? 都内のハプニングバーに女性が殺到中!

swapping.jpg映画『愛の渦』公式サイトより

 劇作家・映画監督の三浦大輔が、2006年に岸田國士戯曲賞を受賞した同名舞台作品を自ら映画化した『愛の渦』がヒットを続けている。


 乱交パーティーという過激なテーマでR18指定であるにもかかわらず、一部上映館では連日立ち見が出るほどの大盛況だという。

 そんな同作品が、「社会現象を巻き起こしつつある」と鼻息荒く語るのは、ハプバー歴8年という40代の男性、K氏だ。

「都内のハプバーでは、単独女性(1人で訪れる女性客)が増えているんです。私も今月だけで、すでに5人の女性とハプニングを楽しみましたよ。それもこれも、映画『愛の渦』のおかげです。女性同士で来ている客の場合、多くはただの面白半分。ハプニングはしないというケースがほとんどなんです。一方、単独女性はハプニングが発生しやすいので、運良く出くわすことができればラッキー極まりないんです。これまでハプバーの単独女性といえば、最初は男性に連れてこられ、その後“単独女性”として店に通い始めたというベテランが多かった。しかし、特に『愛の渦』を上映中の劇場もある新宿の老舗ハプバーには、“映画を見て、その足で来た”という、初心者の若い女性も少なくないんです」

 また、K氏によれば、これまで3:1から10:1だったハプバーの男女比も、タイミングによっては女性過多であることも珍しくなくなっているという。映画の影響で女性客ばかりが増えるとは、これも男性の草食化の結果であろうか。「我は肉食」と自負する男子は、急いだほうがいいかもしれない。
(文=牧野源)

最終更新:2014/04/03 14:03
こんな記事も読まれています
関連キーワード

乱交映画『愛の渦』効果!? 都内のハプニングバーに女性が殺到中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

劇作家・映画監督の三浦大輔が、2006年に岸田國士戯曲賞を受賞した同名舞台作品を自ら映画...
写真