日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > こじるりは超一流タレント?
週刊!タレント解体新書 第6回

サッカー日本代表は小島瑠璃子を見習うべき!『水曜日のダウンタウン2時間スペシャル』(7月9日放送)を徹底検証!

 そしてこれは、バラエティ番組の本質でもある。くだらないことや意味のないことをただやればバラエティ番組ができるというわけではない。そうではなく、くだらないことや意味のないことを、大の大人が大勢集まって真剣にやるからこそ、バラエティ番組は見るに堪える馬鹿馬鹿しさを持つことができるのだ。人に言わせれば茶番かもしれない。だが茶番には、良い茶番と悪い茶番が確かにある。『水曜日のダウンタウン』という、現在の地上波の中でも最も誠実にど真ん中のバラエティを目指している番組だからこそ、小島瑠璃子というタレントのバラエティ的な本質が表出したのだといえるだろう。

 小島瑠璃子は自分の手柄を立てることよりも、バラエティの精神に対して忠実に、チームとしての番組の面白さを結果として優先した。彼女はチームメイトを確かに信じていたのだ。日本代表がワールドカップブラジル大会でできなかった、しかし今後も目指すべきサッカーのヒントがここにあるとは言えないだろうか? いいタレントを集めれば勝てるわけではないというのは、サッカーもバラエティも同じなのである。

【検証結果】
 もちろん誰もが、小島瑠璃子になれるわけではないだろう。しかし彼女の振る舞いや、そこから透けて見える生き方から何かを学ぶことはできる。ほかの出演者や番組スタッフ、あるいはマネジャーまで、自分の周囲にいる人たちの能力と努力を尊敬し、人を信じるということ。少なくともそこに関しては彼女の能力が高いというわけではなく、人生において何を優先すべきかという話でしかない。バラエティ番組における小島瑠璃子は、誠実に生きるということの単純な素晴らしさを、我々視聴者に日々教えてくれているのだ。
(文=相沢直)

●あいざわ・すなお
1980年生まれ。構成作家、ライター。活動歴は構成作家として『テレバイダー』(TOKYO MX)、『モンキーパーマ』(tvkほか)、「水道橋博士のメルマ旬報『みっつ数えろ』連載」など。プロデューサーとして『ホワイトボードTV』『バカリズム THE MOVIE』(TOKYO MX)など。
Twitterアカウントは @aizawaaa

最終更新:2014/07/30 13:00
12

サッカー日本代表は小島瑠璃子を見習うべき!『水曜日のダウンタウン2時間スペシャル』(7月9日放送)を徹底検証!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

れいわ新選組の躍進の謎に迫る

2014年7月。4年に一度の祭典、サッカーワールドカップが幕を下した。本田圭佑をはじめと...
写真