日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 惨敗『GTO』に辛らつ意見殺到

EXILE・AKIRA『GTO』が大惨敗、「これは『GTO』じゃない」「藤沢とおる先生に謝って」辛らつ意見殺到のワケ

akira0318.jpg

 EXILE・AKIRA主演の連続ドラマ『GTO』(関西テレビ、フジテレビ系/火曜22時~)の最終回が16日に放送され、平均視聴率8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。全11話の平均は7.1%だった。

 同名漫画が原作の同ドラマは、2012年7月期にスタートしたAKIRA版『GTO』の第2シーズン。1998年に反町隆史主演で視聴率35%超の大ヒットとなった同名ドラマも合わせると、同局の連ドラ化は3作目となる。

 2年前のAKIRA版第1シーズンは、初回と第8話で15.1%を記録。さらに全11話すべてで2ケタをキープし、同クールの民放ドラマで、上川隆也主演『遺留捜査』(テレビ朝日系)や、小栗旬・石原さとみ主演『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系)を抑え、全話平均視聴率でトップとなった。

 しかし今回は、全話にわたり1ケタと低調。第8話で5%台にまで落ち込むなど、平均して前作の半分ほどの数字にとどまった。

 さらに視聴者の評判も、一部を除き散々なもの。ネット上には、「EXILEファンだから見てたけど、最後まで面白くなかった」「『GTO』に求めてるのは、こういうのじゃない」「心に響くこともなく、ダラダラと時間が過ぎるドラマ」「(原作者の)藤沢とおる先生に謝ってほしい」「タイトルが『GTO』である必要が感じられなかった」など、辛らつな意見が並んでいる。

 また、高校生の妊娠・出産について描かれた最終回についても、「なんの感動もなかった」という意見が圧倒的。キャストや制作スタッフは熱い思いを乗せて作っていたようだが、視聴者の心にはうまく届けられなかったようだ。

「反町版以上に原作に忠実だった前作と打って変わり、今作は全話オリジナルストーリー。これまで“担任”だった鬼塚は“副担任”という設定に変更され、ヒロインを含むほとんどの登場人物が、原作にはないキャラクターだった。また、大きく変わった原因は、監督・脚本・編集を、井上和香の夫としても知られる“映画畑”の飯塚健氏が務めたこと。初回からドラマらしからぬ難解な脚本が展開され、オシャレな“引きの画”や、アクの強い会話遊びといった映画的で演出重視のカットが『GTO』の世界観にはミスマッチだった。フジは新しい『GTO』を作ろうと奮起していましたが、多くの視聴者が言っているように、タイトルを『GTO』にしないほうが広く受け入れられたのでは?」(芸能ライター)

 原作をいじりすぎた結果、なかなか渋い評判が返ってきてしまった『GTO』。もし次回作があるなら、この教訓を生かしてほしいところだが……。

最終更新:2014/09/17 23:00
こんな記事も読まれています

EXILE・AKIRA『GTO』が大惨敗、「これは『GTO』じゃない」「藤沢とおる先生に謝って」辛らつ意見殺到のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

EXILE・AKIRA主演の連続ドラマ『GTO』(関西テレビ、フジテレビ系/火曜22時~...
写真