日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里は“ファザコン娘”!?

バイきんぐ・小峠英二、デートした坂口杏里を落とすためのキーワードは“ファザコン娘”!?

baikingu1006s.jpg

 お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二とタレント・坂口杏里が、都内の水族館で手つなぎデートする姿を10月3日発売の写真誌「FRIDAY」(講談社)がキャッチした。今のところ、双方の所属事務所は「交際の事実は聞いていない」としているが、気になるのはイケメンでもない小峠が、芸能界のサラブレッド娘である坂口を落とすための「キーワード」だ。

 バイきんぐは2012年に『キングオブコント』で優勝。コントの最後に「なんて日だ!」と叫んで締めるスタイルで人気を博している。一方、坂口の母は昨年3月に横行結腸癌および肺炎を患い、57歳でこの世を去ったベテラン女優・坂口良子。12年までの15年間、事実婚状態でその後入籍したプロゴルファー・尾崎健夫が父親。本人はモーニング娘。やAKB48などアイドルに憧れて芸能界入り。5年ほど前から活動している。

「お母さんがご健在の頃は、親子揃っての番組出演が多かった。芸能界の楽しさも厳しさもすべて知っている坂口ママだけに、娘が今後、同じ世界で生きていけるか心配だったため、親子共演で娘の仕事をアシストしたそうです」(芸能関係者)

 そんな小峠と坂口は昨年、テレビ番組で共演。元来、「芸能人とは交際したくない!」と話していた坂口だが、こと小峠については“別格”だったようだ。

「Twitterでも小峠と食事したことを書くなど、坂口にとってはかなりオープンな関係であることは間違いない。また、ずっと母親に育てられた坂口は、実はファザコンの一面があり、年上の男性はかなり憧れの存在。15歳年上の小峠は、親子ほどの年齢差ではないにせよ、優しさと大人らしさもあり、まさにうってつけのお相手だったんです」

 坂口の所属事務所は普段、恋愛には厳しいことで有名。小峠が「なんて日だ!」と嘆くことにならなければいいが。

最終更新:2014/10/06 15:00
こんな記事も読まれています

バイきんぐ・小峠英二、デートした坂口杏里を落とすためのキーワードは“ファザコン娘”!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...…
写真