日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > あの“アホの坂田”師匠が和製イーストウッドに!? 安藤サクラ主演作『0.5ミリ』で光り輝く名優たち
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.295

あの“アホの坂田”師匠が和製イーストウッドに!? 安藤サクラ主演作『0.5ミリ』で光り輝く名優たち

05mm01.jpg高知ロケが行なわれた『0.5ミリ』。元自動車整備士の茂(坂田利夫)は、さすらいのヘルパー・サワ(安藤サクラ)と束の間の甘い生活を送る。

 映画の普遍的なモチーフのひとつに“疑似家族”ものがある。血の繋がらない人々が様々なトラブルを乗り越えて、ひとつの絆で結ばれていく物語だ。ラブコメ、バディムービー、任侠映画も広い意味での疑似家族ものの一種といえる。絆という言葉は曖昧なので、共通言語と言い換えてもいい。キャスト同士、そしてキャストとスタッフとが、映画という共通言語で結ばれていくのが映画製作である。ゆえに古今東西すべての映画は、キャストやスタッフが監督や主演俳優を中心にひとつのファミリーになっていく過程を追ったドキュメンタリーだと言うことができる。奥田瑛二の長女・安藤桃子監督が妹・安藤サクラを主演にして撮ったロードムービー『0.5ミリ』は、まさに典型的な疑似家族もの。流浪のヘルパーを主人公に、血縁関係や従来の家族制度に囚われることなく新しい家族が生み出されていく様子を3時間16分にわたって描いている。

 主人公・山際サワ(安藤サクラ)はさすらいの介護ヘルパーだ。もともとはちゃんと介護センターに登録していたが、「冥土の土産に」と平田家の寝たきりの昭三おじいちゃん(織本順吉)にひと晩添い寝したことが原因で、介護センターをクビになってしまった。ついでに寮まで追い出されてしまう。職なし、家なし、家族なし、貯金なしのサワは、かくして流しのヘルパーとなる。以後、サワは街を徘徊する寂しそうな老人を見つけては、強引に家に上がり込んで勝手に世話を焼くのだった。押し掛けヘルパー・サワの冒険が始まった。

 老人介護が題材と聞くとシリアスなものを思いがちだが、ロケ地である南国・高知の明るい陽射しと安藤サクラのバイタリティー溢れる行動力が、そんな先入観をバコ~ンッと吹き飛ばしてしまう。そして何よりも安藤サクラと絡むベテラン俳優たちの妙演が実に味わい深い。サワが最初に出会うのは、カラオケボックスをホテル代わりにして夜を明かそうとする康夫ちゃん(井上竜夫)。カラオケボックスの利用方法に不慣れな康夫ちゃんに代わって、サワは受付をちゃちゃっと済ませる。サワと康夫ちゃんはひと晩カラオケボックスで過ごすだけの仲だが、赤の他人同士だからこそ相手をいたわることができる。翌朝、エロジジイでもある康夫ちゃんはサワのお尻を撫でながら、さりげなくサワの手に1万円札を握らせる。そして颯爽と去っていく康夫ちゃん。「おじゃましまんにゃわ〜」「ごめんくらはい」のギャグでおなじみ「よしもと新喜劇」の重鎮・竜じいの軽妙な芝居が旅物語の序盤を軽快に後押しする。


123
こんな記事も読まれています

あの“アホの坂田”師匠が和製イーストウッドに!? 安藤サクラ主演作『0.5ミリ』で光り輝く名優たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

映画の普遍的なモチーフのひとつに“疑似家族”ものがある。血の繋がらない人々が様々なトラブ...
写真