日刊サイゾー トップ > 海外  > トヨタ車が中国人の度肝を抜く

トヨタ車が200mの石段を走破! 中国人「道があるところに、トヨタあり」「巧妙なステマか?」

prado_kaidan-3.jpg

 中国湖南省の地方都市で、ある珍事件が起こった。常徳市石門県の旧市街にある、長さ200mの急勾配の石段を、トヨタ製の4WD車「ランドクルーザー プラド」が登り切ったというのだ。観衆がその模様を中国版Twitter「微博」に投稿し、話題となった。


 その投稿によると、11月11日と12日、車の所有者が遊びで階段を登ることを思いつき、アクセルを踏んで一気に登ろうとしていたという。1回目は失敗したものの、2回目は見事に成功。写真を見ると石段はかなり急勾配で、幅も狭く、よくこんなところを走破できたなと感心してしまう。

prado_kaidan1.jpg
prado_kaidan2.jpg
prado_kaidan4.jpg

 この騒ぎを聞きつけた観衆が続々と集まり、ついには100人を超えて大いに盛り上がったという。だが、この石段は当然、車両立入禁止区域。さらに石段は一部が欠けて壊れ、車自体も多数の傷がついたという。周囲にはぶつかった衝撃で落ちた車の部品も散らばっており、地元住民の中には「30年間、地元民が使っていた階段が壊された」「ドライバーは死にたいのか! だったらヨソでやってくれ」と怒る人もいたとか。

 しかし、微博上では「道があるところに、トヨタあり。すごい!」「やっぱり日本車はすげーな。中国車だと登り切れないよ」「石段や山道の多い田舎で重宝するな。トヨタの巧妙なステマか?」といった称賛の声が相次いだ。

 プラドは2003年に中国で販売された際、中国古代建築の石の獅子像が同車に対して敬礼している広告を使用。「プラドを尊敬せずにはいられない」というキャッチコピーもついていたため、「中国人を侮辱している」として問題視されたこともあった。こうしたネガティブなイメージもあり、同車の中国市場での売れ行きはあまりよくなかったという。その後、プラドの中国名「覇道」は「普拉多」と名前を変えて販売されていた。

 今回の騒動をきっかけに、図らずもプラドの実力があらためて中国人に示されることになった。これで、中国の販売台数も増えるかも!?
(取材・文=金地名津)

最終更新:2014/11/28 21:00
関連キーワード

トヨタ車が200mの石段を走破! 中国人「道があるところに、トヨタあり」「巧妙なステマか?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

『農家の嫁』フミカ&いまおか監督インタビュー

中国湖南省の地方都市で、ある珍事件が起こった。常徳市石門県の旧市街にある、長さ200mの...
写真