日刊サイゾー トップ > 芸能  > 早乙女太一、離婚騒動の真相
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

早乙女太一の“子育て放棄・浮気”激白した西山茉希が離婚へ!?「実際には西山の遊び癖が原因で……」

taichisaotome0122.jpg早乙女太一オフィシャルサイトより

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 2013年6月に西山茉希とできちゃった婚した早乙女太一が離婚秒読みで、さらに父親の事務所から移籍するという情報を入手した。

 今月6日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『今夜くらべてみました』に出演した西山が、早乙女が子育てを放棄し、浮気をしているのではないかという疑念を持っていたことを吐露し、新年早々、離婚のウワサが持ち上がった2人。この夫婦を知る芸能関係者は「離婚する、というウワサがあるのは事実。しかし、離婚の原因は早乙女の浮気ではなく、西山の遊び癖に早乙女が愛想を尽かしているということですよ」と語る。

 2人は結婚に至る1年前に、路上でDV騒動を起こしている。これが女性週刊誌に報道されたことで、一時破局がささやかれた。しかし、この報道の約3カ月後に、早乙女が舞台から落ちて左足かかとを骨折して入院。その際、西山が献身的に看病したのがきっかけでヨリが戻り、その後、子どもを授かり、結婚した。たが、早乙女は大衆演劇役者の宿命で、地方の仕事が大半。さらに、ほかの劇団へのゲスト出演や、去年はフジテレビ系の連続ドラマ『信長協奏曲』にも出演。家に帰る暇がないほどの忙しさだった。

 そんな早乙女に対して、西山は「(浮気を)疑ったらきりがない。嘘って、いくらでもつけるし」と不信感をあらわにした。結果、不仲説が持ち上がったわけだが、夫婦を知る関係者によると「大衆演劇の役者は“港、港に女あり”といわれるように、地方地方に女がいるといわれていますが、早乙女はマジメ。女の影はありません。反対に、西山の遊び癖に早乙女は悩んでいますよ」という。

 西山は早乙女と結婚する前は、赤西仁やK-1ファイターのバダ・ハリなどと浮名を流した“肉食系タレント”。結婚後も、早乙女の留守が多いのをいいことに、子どもを早乙女の母親に預けて遊び回っているという。にもかかわらず、テレビでは早乙女を批判し、自己を正当化する。そんな西山に、早乙女が離婚を切り出してもおかしくはない。

 一方で早乙女には、所属プロ「劇団朱雀」の座長を務める父親の金遣いの荒さに悩んで、事務所を移籍するという情報もある。そもそも早乙女は、浅草の老舗ストリップ劇場「ロック座」の斎藤千恵子会長にかわいがられて、ロック座関連の斎藤エンターテインメントに所属していた。斎藤会長は自身がプロデューサーを務めた北野武監督の『座頭市』に早乙女を出演させて売り出しを図り、将来、大衆演劇を背負って立つ大スターにしようともくろんでいた。


12

早乙女太一の“子育て放棄・浮気”激白した西山茉希が離婚へ!?「実際には西山の遊び癖が原因で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

2013年6月に西山茉希とできちゃった婚した早乙女太一が離婚秒読みで、さらに父親の事務所...
写真